スポンサーリンク

楽天モバイルを使っている時に 楽天モバイルの自社回線に繋がっているのか KDDI の回線に繋がっているのか 判別する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天モバイルを使っている時に 楽天モバイルの自社回線に繋がっているのか KDDI の回線に繋がっているのか 判別する方法

 

楽天モバイルを実際に使っている時に

今つながっている回線が

楽天モバイルの自社回線に繋がっているのか

それともau by KDDI の回線に繋がっているのか

知りたいなと思うことがあると思います

そこでそんな時に使える

回線を判別する方法をご紹介します

楽天モバイルの公式アプリを使う方法が一番簡単で確実です

しかしこのアプリが重いのです

こんな感じです

大体10秒間ぐらいかかります

重いですよね

というわけで代替できるアプリをご紹介します

四つあります

私はこの4種類を使い分けています

皆さんはお好みでどうぞ

このカバレッジというアプリは

どの携帯基地局につながっているかが分かります

方向がわかります

具体的に見てみましょう

実際に見てみましょう

まずは

カバレッジのアプリです

アプリを開きます

こんな感じです

上の方に四つのアイコンがあります

一番左をタップします

現在繋がっている回線と

基地局の方向がわかります

電波がビジュアル化されています

電波の強さが目に見えます

この場合上と下

つまり北の方と南の方に携帯基地局がありそこにつながっていることがわかります

実際にこの方向に携帯基地局があります

あと左の方に電波が表示されています

こちらの方にも携帯機種があります

しかしこの状態では繋がってないように見えます

そして下の方にアンテナが4本立っています

楽天4gとなっています

右の方のアイコンは wi-fi です

自宅の TP Link のルーターに繋がっています

上の方にある左から2番目のアイコンをタップします

今日見えたセルタワーとして

今つながっている携帯基地局が表示されます

楽天法人となっています

-84 dbm

dbm というのは Wikipedia によるとこんな感じで説明されています

dBmまたはデシベルミリワットは、電力を1ミリワットを基準値とするデシベルの値で表した単位である。電波や光ファイバーなどで信号の強さを表すのに用いられる。

要するに電波の強さです

上の方にある左から3番目のアイコンをタップするとスピードテストが実行できます

こんな感じです

上の方にある左から4番目のアイコンをタップすると設定ができます

普段は触る必要ありません

次にオープンシグナルというアプリです

下の方にアイコンが四つあります

一番左をタップします

するとスピードテストができます

左から2番目をタップします

すると今繋がってる電波が3g の電波が4人の電波が分かります

それとどのくらい電波が安定してるか分かります

ここでは100%フォージーとなっています

オージーで100%繋がっているということです

下の方にあるアイコン左から三つ目をタップします

地図が出てきます

このアプリでは楽天モバイルはまだ対応していないみたいです

地図に表示されません

下の方にあるアイコン左から四ツ目をタップします

—ボードが表示されます

楽天法人となっています

現在繋がっている携帯基地局の方向がわかります

次に LTE Discovery というアプリです

上の方に三つのタブがあります

discover をタップしてみます

スタートをタップします

10秒で結果が出ます

LTE という風に表示されました

これだけでは楽天の回線かどうかわかりません

次にシグナルのタブタップします

バンドさんとなっています

バンドさんというのは楽天の楽天モバイルの回線です

この表示では楽天モバイルの回線に繋がっているということで表紙を表示しています

もしここがバンド18になっていましたら

au by KDDI の回線に繋がっているということになります

次にNETWORK CELL infoライト

というアプリです

上の方に五つのタブがあります

一番左パイロットのタブをタップします

心電図のようなグラフが出てきます

折れ線グラフですね

下の方に simカード1

LTE 楽天と表示されています

これで楽天の回線に繋がってることは分かります

次にパイロットにおタップしてみます

電波の強さが表示されています

電波の強さが折れ線グラフで表示されています

次にスタッフをタップしてみます

今繋がってる回線が3g なのか法事なのかは分かります

これは100%法事になっています

リンクアグリゲーションしてないってことですね

リンクアグリゲーションというのは回線を束ねて使うということです

次にマップのタブをタップしてみます

地図が表示されます

上の方にメーターの表示が出てきます

LTE 楽天となっています

これで楽天の回線に繋がってると分かります

タコメーターが二つ並んでいます

-82となってるのが電波の調査です

バンドさんとなっていますので楽天の回線です

次の一番右のデバイスプラス SIM をタップしてみます

simカード市インフォメーション情報が載っています

 

カントリー上からカントリージャパンとなっています上から4つめオペレーターのところが楽天になっています

すぐ下にオペレーター ID が書いてあります

44011となっています

この440が日本のカントリーコードです

11が楽天のコードです

最後に回転チェッカーと言う回線チェッカーというアプリをタップしてみます

このアプリの画面はこれだけです

シンプルイズベスト

とてもわかりやすいですね

SIM の状態がアクティブになっています

現在繋がっているということです

チームの自動車楽天となっています

チーム6日本

現在の mccmnc

日本のカントリーコード440と楽天のコード11が表示されています

現在の接続回線として

楽天モバイルネットワークインクとなっています

最後に現在の時日本ということで

こんな分かりやすいアプリありませんね

 

通常はこの回線チェッカーのアプリで十分だと思います

どの方向に携帯の基地局があるのか知りたい時に先ほどご紹介したアプリを使うといいと思います

またどの携帯基地局からどのくらいの電波を受信してるのかして痛い時に先ほどご紹介したアプリを使うといいと思います

現場からは以上です

]ではまた

 

 

 

 

 

 

 

 

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
mikazukiをフォローする
スポンサーリンク
三日月の夜

コメント