スポンサーリンク

ガイアの夜明け あなたの 愛用品 その行方 4 マネーを生む家の整理 キャスト あらすじ ネタバレ 視聴率 感想 無料動画

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク

THE BEST ~10 years story~(初回生産限定盤)(DVD付)

ガイアの夜明けに関連する検索キーワード

スポンサーリンク

ガイアの夜明け ナレーション

スポンサーリンク

ガイアの夜明け 動画

スポンサーリンク

ガイアの夜明け バックナンバー

スポンサーリンク

ガイアの夜明け 見逃し

スポンサーリンク

ガイアの夜明け bsテレ東

スポンサーリンク

ガイアの夜明け 福助工業

スポンサーリンク

ガイアの夜明け tver

スポンサーリンク

ガイアの夜明け 静岡

スポンサーリンク

ガイアの夜明け カンブリア宮殿

スポンサーリンク

ガイアの夜明け 靴

放送局テレビ東京
放送時間2020/03/03 22:00 ~ 2020/03/03 22:54 (54分)
カテゴリニュース/報道 – 天気
ドキュメンタリー/教養 – 社会・時事
付加情報文字多重放送
番組名ガイアの夜明け【「あなたの“愛用品”その行方」(4)マネーを生む家の整理】
番組概要春の引っ越しシーズン到来。あなたの家の押し入れにもあるかもしれない“隠れ資産”。それを掘り起こして次に活かす、中古品業界の取り組みを追う。
番組詳細春の引っ越しシーズン到来。これを機に家の中に溢れるモノを片付けたいという人は多い。一方で、「生前整理」「終活」ブームも依然高まりを見せている。 そんな中注目されるのが、「家の中に眠っている、実は価値が高いモノ」、いわゆる“隠れ資産”だ。その総額は国内だけで37兆円になるともいわれている。
リユース業界では、この“宝の山”をめぐる争奪戦がますます激化、様々なサービス合戦が始まっていた。あなたの家の押し入れにもあるかもしれない“隠れ資産”。それを掘り起こして次に活かす、中古品業界の取り組みを追う。
【案内人】松下奈緒 【ナレーター】眞島秀和
【音楽】 新井誠志 【テーマ曲】 ◆オープニング曲 「鼓動~ガイアの夜明け」(作曲/岸利至) ◆エンディング曲 「夜明けのうた」(宮本浩次)
ギリシャ神話に登場する「大地の女神」を意味し、後にノーベル賞作家のウィリアム・ゴールディングが「地球」を指して“ガイア”と呼んだことから「ガイア=地球」という解釈が定着している。「ガイアの夜明け」という番組タイトルには、地球規模で経済事象を捉えることで21世紀の新たな日本像を模索すること、そして低迷する経済状況からの再生=「夜明け」を目指す現在の日本を描くという意味合いが込められている。
◆ホームページ www.tv-tokyo.co.jp/gaia/ ◆公式Twitter @gaia_no_yoake
出演者松下奈緒
眞島秀和
関連情報放送時間帯の実況板スレを検索(別サイト)
全国ネット番組の場合はレス記録から
放送内容や延長情報などの情報が得れる場合があります

あなたの家も売ります!リユース大手の新サービス

リユース大手の「トレジャーファクトリー」。中古品の販売や買い取りがメインだが、ここ数年、フリマアプリが勢いを増す中、サービスの拡充を模索している。
埼玉県の団地。トレジャーファクトリーに出張買い取りを依頼した豊田さん兄弟。母親が老人ホームに入り空き家となるため、「家の中にあるもの全てを片付けたい」のだという。現場で作業を進める、担当の小野倫敬さん(35)。押し入れからは、兄弟も見たことがない両親の“愛用品”が続々と…。小野さんが知識と経験を生かして査定を進め、一度は「捨てるしかない」と諦めていたものにも値段が付けられていく。結果、豊田さんは、それらを片付けの費用にあてることができた。
このような、「親が暮らす家のものを片付けたい」という依頼は後を絶たない。そこでトレジャーファクトリーでは、「生前整理」にまつわる様々な要望にワンストップで応えるサービスをスタートさせていた。それは、家財整理だけでなく、引っ越しやハウスクリーニングなども合わせて行うというもの。そして今回、それらに加え新たに始めたのが「トレファク不動産」。なんと「家の売却」までサポートしようというのだ。任されたのは本山真大さん(40)。そこに老人ホームに入居する80代の女性から依頼が入った。自分が暮らしていたマンションの中を片付け、売却までして欲しいというのだ。マンションは築40年。売り先を見つけることはできるのか?
「生前整理」にまつわる様々な“困りごと”を一手に引き受ける、新たなサービスの行方を追う。

蘇る“昭和ビンテージ”

今ファッション業界で旬なのが“レトロ”。女性誌でも特集が組まれ、古着店には“レトロ女子”が掘り出し物を探しにやってくるという。
そんな中、昭和の“高級ビンテージ”の販売を手掛ける大西澄江さん(47)。住んでいる福岡から東京へ出張し向かったのは、五反田にある蟻川さん(80)のお宅。そこには、蟻川さんが若い頃に着ていた服がズラリ。「いつ買ったんですか?」「この服の思い出はありますか?」。大西さんは長い時間をかけて、それぞれの服の歴史を紐解いていく。パーティーのために買ったワンピースに、デートの時に着たスーツ。蟻川さんは「いつかは棄ててしまうモノを、その価値を認めてくれる人にもらっていただけるなら」と、思い出の服を大西さんに託すことに決めた。大西さんも、「この服の良さをわかって、大事に着てくれる人」にバトンを渡せるよう全力を尽くすことを約束。
こうやって託された服を、大西さんは自社サイトやイベントで販売。そこにあるのは、「もっと多くの人、特に若い人たちに“昭和ビンテージ”の良さを知って欲しい」という思いだ。しかし、地元福岡の蔦屋でのイベント。2日間で売れたのはスカート1着のみ。大西さんが扱う商品、ワンピースやコートなどは10万円以上の物も少なくない。気軽に購入できる価格ではないのが、簡単には売れない理由だ。しかし大西さんは言う。「大量生産にはない風合い、そして丁寧な縫製。本当にいい物なので、この価格は間違っていない」。
そんな大西さんに、新たなチャンスが舞い込んだ。東急ハンズでのイベント開催だ。しかも店舗は、最大規模を誇る新宿店。今度こそ新たな市場を開拓し、幅広い世代に“昭和ビンテージ”の魅力を伝えることはできるのか…。大西さんが用意した切り札とは?

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
mikazukiをフォローする
スポンサーリンク
三日月の夜

コメント