検索結果

 
  1.  

    昨日の新聞のチラシ。太陽光発電とは、一言も入っていないけど、ピンときた。HP見たら、やはり太陽光発電の会社だった。太陽光発電用地というと、土地を手放さない人が増えてきたということなのだろうか? 地主が何も考えずに売ってしまったら、近隣には寝耳に水になり、トラブルになるだろうに。

  2.  

    big4系コンサルの現役社員が、あたかも会社の案件であるかのように装って、太陽光発電用地のブローカーを勝手にやってた事案は知ってる。 その案件は事件化した訳ではないけど、たまにその手のタチの悪い小遣い稼ぎしようとするとアホっているんだよなぁ。

  3.  

    外資の森林買収 過去最多373ヘクタール 太陽光発電用地買収が影響 これが反原発が望んだ未来なんだぞ(激怒)

  4.  

    今朝の新聞の折り込み広告。まだ、太陽光発電用地を求めてる会社があるよ。日本海側が本社だ。うちの辺りは発電効率がいいからだろうな。勘弁してよ。 実例を読むと、もっともらしいことが。でも、「環境に貢献できて満足」はないでしょ。笑。

  5.  

    『外資の森林買収 過去最多373ヘクタール 太陽光発電用地買収が影響【日本農業新聞2019年6月30日】』困ったメガソーラー|

  6.  

    16日、2年ぶりに吾妻開パ跡地の太陽光発電用地を岩渕友参院議員とともに調査。木の伐採が進んでいます。 – 宮本しづえのかけ歩き

     
  7.  

    今朝も太陽光発電用地を求めるチラシが入ってた。この前とは違う業者。同じようなチラシだけど、こっちは200坪以上だな。 もう、いい加減にしてよ〜

  8.  

    遊休地で再開発も難しいとなると太陽光発電用地にするしかないのかな。あとは苗穂工場移転ぐらいか。

  9.  

    今朝もまた新聞折り込みに、太陽光発電用地募集のチラシ。下の1月のチラシと比べると、募集用地の広さが、150坪以上→280坪以上 に変わってる。これくらいの広さが無いとペイしなくなってきたんだね。

  10.  

    今日の新聞の折り込み広告。まだ、太陽光発電用地を求める業者のチラシが入る。不愉快。 日照時間が日本第3位という土地柄だし、その上、高冷地の方が発電効率がいいというのだから、狙われるはず。涙💧 香害と一緒に太陽光発電問題もツイートする所以。

     

  11.  

    県知事の許可基準が問題だし、責任があるのでは。> 外資の森林買収 過去最多373ヘクタール 太陽光発電用地買収が影響

  12.  

    【社会】 の森林買収 過去最多373ヘクタール 太陽光発電用地買収が影響 林野庁「外資もおk」 これも早く法整備してなんとかせなアカンだろ・・ こういうのを争点にせえや・・

     
  13.  

    外資の森林買収 過去最多373ヘクタール 太陽光発電用地買収が影響 これって本当に深刻な問題だと思う。 日本の土地、森が「太陽光発電」という名目で外資系に買われています。

  14.  

    太陽光発電所・太陽光発電用地の買取・仲介、 太陽光発電設備の販売・施工・管理、 太陽光発電に関するご相談は南日本ハウスの各店舗にて承ります

  15.  

    太陽光発電投資に興味があるならまずはセミナーへ!太陽光発電用地を利用したローリスクミドルリターンの資産運用法を徹底解説!!

  16.  

    固定資産税だけ支払っているのに、使い道のない土地をお持ちの方はご相談下さい! 売電単価は下がっても、まだまだ太陽光発電用地としての需要はとても高いので、太陽光発電用地としての条件が問題なければ売買でも賃借でも充分に可能です。 ぜひ一度、弊社までご相談下さい(^^)/

  17.  

    その通り。 福島の被害者を救済する手立ては、賠償金以外に無い。 (汚染農地は再起不能。全て食料生産を禁止して太陽光発電用地に転用すべき。) この賠償金を国と東電がケチル為に、何事も無かった様に偽装しているだけ。

  18.  

    そーいや合戦場のロケ地が太陽光発電用地として潰されるって話きいたけど、こういうのは特撮系も困る方向なのでは?かなり前からすでに爆発できるところ減ってたよね

  19.  

    [日本農業新聞]目標とは依然1000トン近い開きがある … 高リコピン品種を3割加えた 江戸時代の代表的な絵師・狩野(かのう)探幽(たんゆう)が朱色の「唐なすび」を描いたのは350年前。観賞用だったトマトの別名である。時を経て今や健康野菜の代名詞 …

     
  20.  

    太陽光発電自体はたしかに持続可能なエネルギーかもしれませんが、 大規模に木を伐り、山を削った太陽光発電用地は二度と元の姿に戻ることはありません。