スポンサーリンク

ショップではこう売る!ドコモ光(第1回)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第1回
☆ショップではこんな人が、ドコモ光をご成約いただきやすいお客様です☆
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
第1回目の今回は、
普段ショップでドコモ光をご案内する際、
「こんなお客様に対して訴求すると成約に繋がりやすいです」
という点についてご紹介します。
 
まず結論から言うと、下記の3パターンの客層です。
 
(1)フレッツ光利用者
(2)(何かは決めてないが、どこかお得な)ネット回線の新規契約を検討している人
(3)(ドコモ光以外の)別回線を検討している人 or 別回線をすでに利用中だが乗り換えを検討している人
 
それでは順にご説明しますね。
 
──────────────────────────────────
【(1)フレッツ光利用者】
ショップではフレッツ光利用者は、最もドコモ光を成約いただきやすいお客様ということで認識されています。
ショップや家電量販店で、フレッツ光利用者を見つけると、
「今のフレッツ光の料金を、ドコモの請求とまとめるだけで、サービスは変わらず料金がお安くなりますよ」
とお客様に案内するだけで、成約いただけることがほとんどです。
 
2018年9月末現在、
・光コラボ(ドコモ光、SoftBank光等)の総契約数は1,199.3万件
・フレッツ光の総契約数は885.8万件
なので、未だNTTの光回線の42%はフレッツ光ユーザーのままです。
まだまだフレッツ光利用者はこんなにいます。
 
(1)のユーザーを効率よく成約に繋げましょう。
──────────────────────────────────
──────────────────────────────────
【(2)(何かは決めてないが、どこかお得な)ネット回線の新規契約を検討している人】
「引っ越しに伴いネット回線が必要になった」
「もともとスマホしか持っていなかったが、ギガ数が増えてきたのでネット回線を検討し始めた」
こういったお客様も、ショップではドコモ光を成約いただきやすいお客様と認識されています。
 
「ドコモのスマホをお使いであれば、ドコモ光にするのが最もお得であり、
 実際ほとんどのお客様がドコモ光を申し込まれますよ」
 
と案内すれば、多くのお客様が納得してお申込みされます。
この(2)のお客様にリーチすることもとても重要です。
──────────────────────────────────
──────────────────────────────────
【(3)(ドコモ光以外の)別回線を検討している人 or 別回線をすでに利用中だが乗り換えを検討している人】
「WiMAXを検討中だが、速度制限が不安で契約しようか迷っている」
「J:COMを契約中だが、速度が遅い」
「ドコモスマホユーザーなのに、なぜかSoftBank光を契約している」
 
上記のような、ドコモスマホとセット割が入らないネット回線を引いている人が実際に存在します。
(こういったお客様を「ねじれのお客様」と呼んだりします。)
 
本来、
・WiMAX→auスマホとセット割が入るサービス
・J:COM→auスマホとセット割が入るサービス
・SoftBank光→SoftBankスマホとセット割が入るサービス
なのにも関わらず、なぜかドコモスマホユーザーが契約しているケースです。
 
こういったお客様も、ショップではドコモ光をご案内しやすいお客様と認識します。
──────────────────────────────────
 
いかがだったでしょうか!
 
今回は、
「ショップではどんなお客様が、ドコモ光をご成約いただきやすいか」
について紹介しました。
少しでもお役に立てたら幸いです。
 
次回は、上記(1)(2)(3)のお客様にドコモ光を訴求する時に、
「ショップでどんなトークが行われているのか」についてご紹介しますね!
 
最後までご覧いただきありがとうございました!
GMOとくとくBBをどうぞ、よろしくお願いいたします!(*’-^*)ρ
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
mikazukiをフォローする
スポンサーリンク
三日月の夜

コメント