スポンサーリンク

火曜ドラマ 中学聖日記 第7話

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

https://www.youtube.com/watch?v=6ExAkCOmL_I
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
https://www.youtube.com/watch?v=6ExAkCOmL_I
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

火曜ドラマ 中学聖日記 第7話

 

スポンサーリンク

中学聖日記に関連する検索キーワード

スポンサーリンク

中学聖日記 キャスト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

中学聖日記 ドラマ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

中学聖日記 あらすじ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

中学聖日記 ネタバレ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

中学聖日記 結末

スポンサーリンク

中学聖日記 主題歌

スポンサーリンク

中学聖日記 出演者

スポンサーリンク

中学聖日記 ドラマ キャスト

スポンサーリンク

中学聖日記 再放送

スポンサーリンク

中学聖日記 相関図

スポンサーリンク

ナレッジの結果

中学聖日記
ちゅうがくせいにっき
テレビドラマ
『中学聖日記』は、かわかみじゅんこによる漫画である。 タイトルはNHK名古屋放送局制作のドラマ『中学生日記』と、大映テレビが制作しTBS系で放送されたドラマ『高校聖夫婦』から引用された。2016年、第7回「an・anマンガ大賞」や『このマンガがすごい!2017』オンナ編にランクインし、注目される。 ウィキペディア
中学生日記
中学生日記
火曜ドラマ
火曜ドラマ
高嶺の花 (2018年)
高嶺の花
2018年
絶対零度 (2010年から)
絶対零度
2010年から
半分、青い。 (2018年)
半分、青い。
2018年
東京ラブストーリー (1991年)
東京ラブストーリー
1991年

 

放送局TBS
放送時間2018/11/20 22:20 ~ 2018/11/20 23:27 (67分)
カテゴリドラマ – 国内ドラマ
付加情報文字多重放送データ放送
番組名火曜ドラマ「中学聖日記」 第7話
番組概要有村架純主演!生徒の母親が暴走!次々と襲いかかるトラブル・・・!そして今夜、ついに止まっていた時間が動き出す!?
番組詳細野上(渡辺大)の優しさに触れ、ようやく前に進めそうな聖(有村架純)。ある日、クラスの児童の一人である彩乃(石田凛音)が、登校中に栄養失調からくる貧血で倒れてしまう。聖は彩乃の母・美和(村川絵梨)を学校に呼び出して注意しようとするが、美和はこれ以上踏み込んできたら秘密をバラすと聖を脅す。一方、晶(岡田健史)はるな(小野莉奈)と付き合うことになったが、ひょんなことから聖の居場所を知ってしまい・・・?
有村架純 岡田健史 町田啓太 マキタスポーツ / 友近 / 渡辺大 村川絵梨 / 吉田羊 夏川結衣
かわかみじゅんこ「中学聖日記」(祥伝社フィールコミックス)
脚本:金子ありさ
音楽:小瀬村 晶 信澤宣明 主題歌:Uru「プロローグ」(ソニーミュージックレーベルズ)
プロデュース:新井順子 演出:坪井敏雄
◇番組HP http://www.tbs.co.jp/chugakuseinikki_tbs/ ◇twitter https://twitter.com/chugakusei_tbs @chugakusei_tbs ◇instagram https://www.instagram.com/chugakuseinikki_tbs/
番組の内容と放送時間は変更になる場合があります。
出演者有村架純
岡田健史
町田啓太
マキタスポーツ
友近
渡辺大
村川絵梨
吉田羊
夏川結衣
かわかみじゅんこ
金子ありさ
坪井敏雄

 

 

中学聖日記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ナビゲーションに移動検索に移動

中学聖日記
ジャンル恋愛漫画
漫画
作者かわかみじゅんこ
出版社祥伝社
掲載誌FEEL YOUNG
レーベルフィールコミックス
巻数既刊4巻(2018年7月現在)
テレビドラマ
脚本金子ありさ
演出塚原あゆ子、竹村謙太郎、坪井敏雄
制作TBS
放送局TBS系
放送期間2018年10月9日 –
話数
テンプレート – ノート
プロジェクト漫画テレビドラマ
ポータル漫画ドラマ

中学聖日記』(ちゅうがくせいにっき)は、かわかみじゅんこによる漫画である。

タイトルはNHK名古屋放送局制作のドラマ『中学生日記』と、大映テレビが制作しTBS系で放送されたドラマ『高校聖夫婦』から引用された[1]2016年、第7回「an・anマンガ大賞」や『このマンガがすごい!2017』オンナ編にランクインし、注目される[2]

2018年10月にTBS系でテレビドラマ化される。

スポンサーリンク

あらすじ[編集]

スポンサーリンク

登場人物[編集]

末永聖
スポンサーリンク

書誌情報[編集]

スポンサーリンク

テレビドラマ[編集]

中学聖日記
ジャンルテレビドラマ
放送時間火曜22:00 – 23:07(67分)
放送期間2018年10月9日 –
放送国日本の旗 日本
制作局TBS
演出塚原あゆ子
竹村謙太郎
坪井敏雄
原作かわかみじゅんこ
『中学聖日記』
脚本金子ありさ
プロデューサー新井順子
出演者有村架純
岡田健史
町田啓太
小野莉奈
マキタスポーツ
夏木マリ
友近
吉田羊
夏川結衣
音声ステレオ放送
字幕文字多重放送
データ放送データ放送
エンディングUru
「プロローグ」
時代設定2015年4月 –2015年
(第1話 – 第5話[3]
2018年
(第5話終盤 – )
外部リンク公式サイト

特記事項:
第4話は「SMBC日本シリーズ2018ソフトバンク×広島第3戦」中継延長のため40分繰り下げ(22:40 – 23:47)。
第7話は『キリンチャレンジカップサッカー』(19:00 – 21:20)および『マツコの知らない世界短縮版』(21:20 – 22:20)のため、20分繰り下げ(22:20 – 23:27)。

テンプレートを表示

2018年10月9日からTBS火曜ドラマで放送されている[4][5]。主演は有村架純[4]。なお、有村演じる中学教師に恋をする中学生役を岡田健史が演じる[6]

ストーリー[編集]

教師になることが夢だった末永聖は中学校教師として赴任する。そこで不思議な魅力を持った男子中学生・黒岩晶と運命の出会いをする。しかし、聖には既に婚約を交わしている男性・川合勝太郎がおり、聖は魅力的な雰囲気を漂わせる晶と、生涯を共にする婚約者・勝太郎との間で思い悩むことになる。

「この子に恋をしてはいけない」と思いつつも、毎日のように聖に恋心をぶつけてくる晶から次第に逃れられなくなり、聖の心は日々揺れ動いていく。一方の婚約者である勝太郎は聖にとっても大人の男であり、常に聖の味方であり続けているが、あまりに完璧すぎる勝太郎の存在は聖にとっては少しずつ重荷になっていってしまっている。

勝太郎が勤める会社の同僚であり、かつ帰国子女及びバイセクシャルでもある原口律は、狙った恋や獲物は決して逃さない人物で聖や勝太郎を翻弄していく。そして、息子の晶が年上の中学教師に恋をしてしまっていることに危機感を感じている母親の黒岩愛子は何とか気を逸らそうと、晶に懸命に向き合おうと努力するのだがどうにも上手くいかないことに焦燥感を覚えていく。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

末永聖(すえなが ひじり)〈25→28〉
演 – 有村架純
子星中学校で中学3年生のクラスを受け持つ国語教師。夢であった教師になれたことで張り切るが、しっかり者で真面目な性格が時に空回りすることも多く、生徒たちに笑い者にされてしまうこともある。大学サークルで知り合った恋人である川合勝太郎からプロポーズされ婚約するが、大人の雰囲気を持つ勝太郎と比べて大人になりきれていないと感じる自分に劣等感を覚える。しかも遠距離恋愛で多忙ということもあり、なかなか逢う時間がない。そんな時に中学3年生の黒岩晶と出会い、聖に恋心を真正面からぶつけてくる晶に惹かれてしまう。
黒岩晶(くろいわ あきら)〈15→18〉
演 – 岡田健史[6]
子星中学校に通う中学3年生であり、聖が受け持つクラスの生徒の1人。元々が内向的な性格であるが故に自分から進んで何かをするということが苦手である。自分のいるクラスを受け持つことになった聖に惹かれてしまい、それが恋だと気付いた時から聖を見るたびに焦燥感を募らせてしまう。様々な方法で聖に抑えきれぬ恋心をぶつけるのだが、それがやがて思わぬ展開に発展してしまうことをまだ知る由もない。そしてこの聖との恋がきっかけとなり、それまで良好な関係を築いてきていた母親との関係性に少しずつ亀裂が生じていく。
川合勝太郎(かわい しょうたろう)〈28→31〉
演 – 町田啓太[7]
聖の恋人で大学時代のサークル仲間。商社に勤めるエリートであり、常に海外を飛び回っている。現在は大阪に赴任しており、聖とは遠距離恋愛中である。しかし、互いに多忙であり、なかなか時間も取れないことからすれ違いが続いているが、余裕のない婚約者の聖を常に心配し気を遣う優しい男性である。聖にとっては最大の理解者であると同時に、晶との恋愛関係を築くには最大の障壁となる。

主要人物の関係者[編集]

岩崎るな(いわさき るな) 〈15→18〉
演 – 小野莉奈[8]
晶の同級生で聖の教え子。負けん気が強く、自分の中の信念を貫く強い意思を持っている。晶に思いを寄せており、一方的に聖を敵視するようになる。嘘をついてでも、自分に正直に突き進むタイプである。通称は“るなち”。3年後は晶とは別の高校になり疎遠になるも、同窓会で再会しもう一度アタックする。
上布茂(じょうふ しげる)〈45→48〉
演 – マキタスポーツ
晶の母親である黒岩愛子と旧知の仲であり、愛称は“ジョフィ”。愛子とは共にアジア雑貨輸入販売会社を立ち上げ、苦労を共にしてきた友人であり、愛子の頼もしい部下でもある。シングルマザーである愛子が反抗期の晶との関係における悩みの相談に乗ったり、反抗期の晶に対して実の兄のように接してもくれる良き理解者。
塩谷三千代(しおや みちよ)〈55〉
演 – 夏木マリ
子星中学校の教頭であり、通称は“塩バァ”。校長よりも発言力があり、中学校に多大な影響力と決定力を備えているが故に、中学校の誰もが逆らえずにいる。強引な性格である為か、教師や生徒たちからは悉く忌み嫌われている存在だが、何故か保護者からは絶大な支持を得ているという妙な現象が起きている。子星中学校を愛しすぎているきらいがあり、生徒たちのみならず教師たちにも容赦なく感情をぶつけてくる。新しく赴任してきた聖に対しても容赦ない態度で接していく。
丹羽千鶴(にわ ちづる)〈43→46〉
演 – 友近
小学校教師。教育実習中だった頃の聖の指導担当者で、聖が中学校教師に赴任してから、何かと聖の相談にも乗っている。教師としての自分に思い悩む聖の姉御的存在であり、非常に大らかな性格のため聖から頼りにされている。聖にとっては心が開ける唯一無二の存在であると同時に、常に聖の心に寄り添う理解者でもある。
原口律(はらぐち りつ)〈39→42〉
演 – 吉田羊
勝太郎が勤務する商社の先輩同僚。女性との恋も厭わぬバイセクシャルであり、世の流れにも惑わぬ強い精神力と行動力を兼ね備えた女性。そのためか、狙った獲物や恋は決して逃さないという異様なまでの執拗さをも持ち合わせている。勝太郎から恋の相談を受けることもあるが、そのたびに歯に衣着せぬ発言で勝太郎の心情をくすぐったりもしている。
黒岩愛子(くろいわ あいこ)〈45→48〉
演 – 夏川結衣
晶の母親。上布と共にアジア雑貨輸入販売会社を大きくしてきたやり手の女社長であり、シングルマザーとして晶を懸命に育ててきた。会社や息子を守るためならば、如何なる手段をも講じる強気な性格も持ち合わせている。放任主義で育ててきたが、反抗期も殆どなかった晶とは良好な親子関係を築いてきた。晶が聖に恋をしていることにも最初はあまり気にしていなかったが、晶が思いも寄らぬ行動を取るようになると、次第に聖に対して警戒感を強めていく。
九重順一郎(ここのえ じゅんいちろう)〈15→18〉
演 – 若林時英
晶のクラスメイトで幼馴染の良き理解者。やんちゃで開けっ広げな性格で人を笑わせるのが得意。聖に晶が思いを寄せていることを知り最初はありえないと思っていたが、聖を振り向かせた晶を心から応援してる。
白石淳紀(しらいし あつき)〈15→18〉
演 – 西本まりん
晶のクラスメイトであり、るなの大親友。顔にコンプレックスがあり、いつもマスクをしている。高校生になってもるなとは良くあっていた。晶のことは「ゲス」だと思っている。
海老原満(えびはら みつる)〈15→18〉
演 – 川口和宥
晶のクラスメイト。学級委員長を務めている。学校の裏サイトで聖への悪口を書いていた。そのことで晶と取っ組み合いになるもその後仲直りする。3年後中学校の元クラスメイトを集め同窓会を開くなど変わらずリーダー的存在。
香坂優(こうさか ゆう)〈15→18〉
演 – 中田青渚
晶のクラスメイト。クラスで1番の美少女という評判が高い。3年後には雰囲気が変わり自由奔放なイマドキ女子高校生になっていた。晶に3年前何があったのか疑問に思っている。
田辺忠之(たなべ ただゆき)
演 – 加治将樹
聖が勤務する中学校の同僚教師。担当は体育。
入江信彦(いりえ のぶひこ)
演 – 是近敦之
聖が勤務する中学校の同僚教師。担当は英語。
粕谷真弓(かすや まゆみ)
演 – 池谷のぶえ
聖が勤務する中学校の同僚講師。担当は社会。聖に何事も優しく接する。聖が晶に入れ込んでいたことをしり、呆れる。
川合祐子(かわい ゆうこ)
演 ‐ 村岡希美
勝太郎の母。
末永里美(すえなが さとみ)
演 ‐ 中嶋朋子
聖の母。
野上一樹 (のがみ かずき) 〈34〉
演 – 渡辺大
聖が3年後に働く小学校の同僚の先生。聖に対してひそかに思いを寄せている。
橘彩乃 (たちばな あやの) 〈9〉
演 – 石田凛音
聖が3年後に副担任を務める小学校のクラスの生徒。
橘美和 (たちばな みわ) 〈31〉
演 – 村川絵梨
彩乃の母。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数放送日サブタイトル[10]演出視聴率
第1話10月9日教師と生徒…許されない禁断の純愛ラブストーリー塚原あゆ子6.0%[11]
第2話10月16日とまらぬ恋心…波乱の体育祭の幕が開く6.5%[12]
第3話10月23日ついに溢れ出す想い急接近の勉強合宿!6.2%[13]
第4話10月30日急展開! 花火大会の夜、運命の歯車が回りはじめる!竹村謙太郎5.4%[14]
第5話11月6日教師失格! 禁断の恋の代償…彼女が下した決断は!?坪井敏雄6.5%[15]
第6話2018年11月14日3年後…新たな生活動き始める恋…忘れられない想い竹村健太郎7.0%[16]
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

スピンオフ[編集]

聖ちゃんと会う前の僕たち」(ひじりちゃんとあうまえのぼくたち)と題したスピンオフムービーが製作され、初回放送に先駆けて9月25日にTBS公式YouTubooにて公開された。松本花奈の監督により、聖が赴任する前の夏を舞台に中学生4人組の日常の青春を描く[17][18][19]。本編放送開始に先立って約17万回再生され、反響を呼んだ[20]

キャスト(スピンオフ)[編集]

スタッフ(スピンオフ)[編集]

スポンサーリンク

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ かわかみじゅんこ『中学聖日記』14歳の男子中学生と女教師の“禁断の恋”…… 著者が今後描きたいのは「ガチな●●シーン」!!(2/2ページ)). インタビュアー:粟生こずえ. このマンガがすごい!WEB2018年9月16日閲覧。
  2. ^ かわかみじゅんこ『中学聖日記』14歳の男子中学生と女教師の“禁断の恋”…… 著者が今後描きたいのは「ガチな●●シーン」!!(1/2ページ). インタビュアー:粟生こずえ. このマンガがすごい!WEB. 2018年9月16日閲覧。
  3. ^ 第6話序盤では、プロローグとして扱われ、物語自体は第5話終盤で、3年後の2018年となっている。
  4. a b “「中学聖日記」ドラマ化、有村架純が10歳下の教え子に恋する教師役”映画ナタリー (ナターシャ). (2018年7月16日2018年8月27日閲覧。
  5. ^ 火曜ドラマ『中学聖日記』
  6. a b “新人・岡田健史、有村架純の相手役でデビュー「あたたかく見守って」”ORICON NEWS (oricon ME). (2018年8月20日2018年8月27日閲覧。
  7. ^ “町田啓太:10月ドラマで有村架純を取られる“パーフェクト”な婚約者役に”まんたんウェブ. (2018年8月9日2018年8月27日閲覧。
  8. ^ “新人女優・小野莉奈、『中学聖日記』で有村架純の“恋敵”に「後悔のないように挑んでいきたい」”Real Sound (リアルサウンド映画部). (2018年9月13日2018年9月18日閲覧。
  9. ^ “Uru新曲が有村架純主演ドラマ「中学聖日記」主題歌に、12月にシングルリリース”音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年9月12日2018年9月12日閲覧。
  10. ^ Paravi 中学聖日記
  11. ^ “有村架純主演の新ドラマ「中学聖日記」初回視聴率は6.0%でスタート”スポーツ報知. (2018年10月10日2018年10月10日閲覧。
  12. ^ “有村架純主演「中学聖日記」第2回は6.5% 初回から0.5ポイント上昇”スポーツ報知. (2018年10月17日2018年10月17日閲覧。
  13. ^ “有村架純主演「中学聖日記」第3回は6.2% 前回から0.3ポイントダウン”スポーツ報知. (2018年10月24日2018年10月24日閲覧。
  14. ^ “有村架純主演「中学聖日記」第4話は5.4%…前回から0.8ポイントダウン”スポーツ報知. (2018年10月31日2018年10月31日閲覧。
  15. ^ “有村架純主演「中学聖日記」第5話は番組最高タイ6.5%”スポーツ報知. (2018年11月7日2018年11月7日閲覧。
  16. ^ “有村架純主演「中学聖日記」第6話は7.0%…新章突入で番組最高更新”スポーツ報知. (2018年11月14日2018年11月14日閲覧。
  17. ^ 火曜ドラマ『中学聖日記』初回放送に先駆けスピンオフムービー公開【TBS】 (YouTube). TBSテレビ.. (2018年9月25日2018年11月12日閲覧。
  18. ^ “松本花奈が手がけた「中学聖日記」スピンオフムービー公開、ドラマの前日譚描く物語”映画ナタリー (ナターシャ). (2018年9月25日2018年11月12日閲覧。
  19. ^ “ドラマ「中学聖日記」スピンオフムービー公開、聖と会う前の“いつメン”4人映す”コミックナタリー (ナターシャ). (2018年9月25日2018年11月12日閲覧。
  20. ^ “「中学聖日記」現役女子大生監督が手掛けたスピンオフ作品が大反響 放送開始前に約17万回再生”Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年10月9日2018年11月12日閲覧。
スポンサーリンク

外部リンク[編集]

 

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
mikazukiをフォローする
スポンサーリンク
三日月の夜

コメント