スポンサーリンク

バリューコマース様とBIGLOBEモバイル様のBIGLOBEモバイルSIMカードセミナー広告主から直接聞ける勉強会がとてもよかったので記事にさせて頂きます

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

バリューコマース様とBIGLOBEモバイル様のBIGLOBEモバイルSIMカードセミナー広告主から直接聞ける勉強会がとてもよかったので記事にさせて頂きます

スポンサーリンク

biglobeモバイル キャンペーンに関連する検索キーワード

 

スポンサーリンク

イオン biglobe sim キャンペーン

スポンサーリンク

biglobe タイプa キャンペーン

スポンサーリンク

biglobeモバイル キャンペーンコード

スポンサーリンク

biglobe sim キャンペーン 過去

スポンサーリンク

biglobeモバイル キャッシュバック

スポンサーリンク

biglobeモバイル クーポン

スポンサーリンク

biglobe sim 初期費用 キャンペーン

スポンサーリンク

biglobe sim クーポンコード

スポンサーリンク

biglobeモバイル 評判

スポンサーリンク

価格.com biglobe sim

スポンサーリンク

BIGLOBEってどんな会社?

スポンサーリンク

BIGLOBE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ナビゲーションに移動検索に移動

ビッグローブ株式会社
BIGLOBE Inc.
品川シーサイドパークタワー

品川シーサイドパークタワー
種類株式会社
本社所在地日本の旗 日本
〒140-0042
東京都品川区東品川4-12-4
品川シーサイドパークタワー
設立2006年7月3日
業種情報・通信業
事業内容インターネット等のネットワークを利用した情報通信サービス、情報提供サービスの提供および、これに付帯または関連する一切の業務
代表者代表取締役社長:有泉 健
売上高約800億円
従業員数約600名
決算期3月
主要株主KDDI株式会社(100%)
主要子会社ジー・プラン株式会社
外部リンクhttps://www.biglobe.co.jp/
テンプレートを表示

BIGLOBE(ビッグローブ)は、ビッグローブ株式会社BIGLOBE Inc.)が運営するインターネットサービスプロバイダのひとつ。リモートホスト名はmesh.ad.jp

スポンサーリンク

概要[編集]

BIGLOBEはインターネットプロバイダーであり、固定インタネット回線、モバイル回線の提供だけでなく、ポータルサイト、クラウドホスティング等、インターネットに欠かせないインフラ事業を提供している。BIGLOBEの由来は「大きな地球」と言う意味で、BIG(大きい)とGLOBE(球,地球)を合わせた造語。シンボルマークは「水の惑星」で、通称「びっぷる」。

1996年7月24日、日本電気(NEC)が運営していたインターネットサービスプロバイダであるmesh、パソコン通信サービスであるPC-VANコンテンツ配信サービスであるCyber Plazaを統合しサービス開始。1999年に既存のmesh及びPC-VAN会員はBIGLOBEに移行された。

2006年7月3日にNECの一部門だったBIGLOBE事業本部をNECビッグローブ株式会社として分離独立させたが、その時点では引き続きNECが筆頭株主であったため、NECグループに属していた[1]。このとき同時にロゴも変更された。

2007年3月末の時点でサービス会員の合計が1,663万人。会員減には至っていないものの、競合相手の大手プロバイダ他社と同様、以前ほどの勢いで増えてはいない。2007年に公表された中期戦略計画によると、FTTHのユーザー数は10.7%と2位につけている。NTTの公式発表が、11月現在で加入者1000万人と公表している事から、日本国内でのFTTHにおけるISP事業では100万人超で、2位のポジションにいたが、2010年3月現在ではNTTぷららに抜かれ、第3位であった。2015年3月現在、FTTHの事業は会員数が200万人で、OCNNTTぷららに次いで3位の地位を占めている。

2013年10月に、報道各社が大株主の日本電気が株式を売却すると報じた[2][3][4]。NECは、報道時点では決定事項はないなどとしていた[2]が、2014年1月30日、日本産業パートナーズに同年3月末頃に、NECが所有する全株式を売却することを発表した[5]。ブランド名やサービスは継続される[5]

発表の通り、2014年3月末を持ってNECは保有株式を日本産業パートナーズに売却し、4月1日付で社名を「ビッグローブ」に変更してNECグループを離脱した。

2016年12月8日に、KDDIが日本産業パートナーズから保有株式を2017年1月末を目処に総額約800億円で取得し、同社の完全子会社化することを発表した[6]

2017年1月31日に、KDDIが経営権を100%取得し、KDDIグループ会社となった。

スポンサーリンク

沿革[編集]

  • 1986年4月 – NECのパソコン通信サービスPC-VAN開始。
  • 1995年2月1日 – インターネットサービスプロバイダ”mesh”事業開始。
  • 1996年7月24日 – “BIGLOBE”開始。
  • 1999年1月 – “mesh”と統合される。
  • 2006年7月3日 – NECのBIGLOBE事業本部が分離・独立、NECビッグローブ株式会社となる。
  • 2009年10月 – 競合関係であった富士通系の@niftyと、コンテンツの相互供給契約を締結した。
  • 2011年9月30日 – mesh.ad.jp網から接続する会員向けに提供していたプロキシサーバーを終了した。これらは「ホームページウィルスチェック」サービスで利用できるプロキシ(bgcs又はcachesv)とは違い、ウイルススキャンされなかった。
  • 2014年3月 – BIGLOBEだけではなくOCN@niftyhi-hoau one netSo-netなどの大手プロバイダーポータルサイトにインターネット広告を供給していた子会社であるサイバーウィングが解散した。
  • 2014年4月1日 – NECグループを離脱し。ビッグローブ株式会社に社名変更。
  • 2015年2月23日 – 本社を品川シーサイドへ移転[7]
  • 2017年1月31日 – KDDIの完全子会社(機能子会社)となる。
  • 2017年10月1日 – 子会社のビッグローブカスタマーコミュニケーションズ株式会社を吸収合併した。
スポンサーリンク

コンテンツ[編集]

2004年にはオリジナルのコンピュータゲームLet’s!浜茶屋」を開発し、ダウンロード販売専用で提供すると言う実験的な試みも行っている。また、同年、ブログサービスウェブリブログを開始した。

最近ではBIGLOBEストリーム(アニメワン)にて、UHFアニメなど、放送されたアニメ動画の配信も行っており、2010年にはオリジナルアニメ『ゆとりちゃん』の製作、配信も行っていた(2014年3月でアニメ事業からは撤退)。

ケータイBIGLOBEは、携帯電話向けの検索、動画、着信メロディ、ニュース、コミュニティ、占いなど各種コンテンツを無料提供していた。(2014年3月頃完全撤退)

2009年には、Twitterクライアント「ついっぷる」をリリースした。PC向けWebクライアントの他、携帯電話端末やスマートフォン向けアプリ、画像投稿やトレンド情報などのWebサービスを提供しており、日本で普及しているクライアントの一つであったが、2017年10月31日サービスを終了した。「ついっぷるトレンド」については継続するとしている[8]

スポンサーリンク

BIGLOBE mobile[編集]

仮想移動体通信事業者(MVNO)としてNTTドコモの通信網を活用した高速モバイルデータ通信サービス。LTE接続時下り最大150Mbpsの高速通信と、3G接続時(下り最大14Mbps)の接続エリアの広さの双方が享受できる。2017年9月、サービス名称をそれまでの「BIGLOBE LTE・3G(BIGLOBEスマホ、BIGLOBE SIM)」から「BIGLOBE mobile」に変更した事を発表した[9]

プラン・料金[編集]

プラン種別高速データ通信容量データ通信のみデータ通信SMS付き音声通話(データ+SMS+音声通話)追加できるシェアSIM枚数BIGLOBE Wi-Fi
音声通話スタートプラン1GB/月1,400円有料
3ギガプラン(旧エントリープラン)3GB/月900円1,020円1,600円有料
6ギガプラン(旧ライトSプラン)6GB/月1,450円1,570円2,150円最大4枚1ライセンス無料
12ギガプラン12GB/月2,700円2,820円3,400円最大4枚1ライセンス無料
20ギガプラン20GB/月4,500円4,620円5,200円最大4枚1ライセンス無料
30ギガプラン30GB/月6,750円6,870円7,450円最大4枚1ライセンス無料
  • 音声通話プランは最低利用期間としてサービス開始月からサービス開始月の翌月を1カ月目として12カ月目までご利用いただく必要があります。最低利用期間内にBIGLOBE LTE・3Gを解約するか音声通話サービスの利用をやめた場合、音声通話サービス契約解除料8,000円(税別)がかかります。 1GB音声通話スタートプランは音声通話SIMのご購入のみご利用可能です。
  • 「ベーシック」コース月額基本料金(200円(税別)/月)を含みます。別途プラン申込手数料3,000円(税別)、SIMカード準備料394円(税別)と毎月ユニバーサルサービス料がかかります。ご利用に応じてSMS送信料、通話料がかかります。

沿革[編集]

  • 2012年2月1日 – NTTドコモのFOMAハイスピード網を活用したMVNO高速モバイル接続サービスBIGLOBE 3G開始。
デイタイムプラン(月額料金1,770円。2:00~20:00使用可)・スタンダードプラン(月額料金2,770円。全日使用可)
  • 2012年3月6日 – 加入者が急増し回線品質維持の観点から新規加入を一時中止。
  • 2012年4月23日 – 先着100名に限り追加申込を受け付け。
  • 2012年6月1日 – 再受け付け開始。
  • 2012年8月1日 – NTTドコモのXi網を活用したMVNO高速モバイル接続サービスBIGLOBE LTE開始。
デイタイムプラン(月額料金3,770円。2:00~20:00使用可)・スタンダードプラン(月額料金4,770円。全日使用可)
  • 2012年10月1日 – BIGLOBE LTE/BIGLOBE 3G、デイタイムプラン向けに1日に限り時間制限を解除するナイトオプション(1回315円)開始。
  • 2012年12月3日 – BIGLOBE LTE、月額料金はそのままにUIMカードを3枚貸与まで拡張できるシェアオプション開始。
  • 2013年2月1日 – BIGLOBE 3GとBIGLOBE LTEを統合し、BIGLOBE LTE・3Gとする(ライトSプラン・ライトMプランの開始)。BIGLOBE 3Gのデイタイムプラン・スタンダードプランの新規受付は終了。
  • 2013年6月1日 – イオンリテール店頭にてUIMカード「はじめまセット」および端末とのセット販売を開始。
  • 2013年12月2日 – BIGLOBE LTE・3G、エントリープラン(月額料金980円。全日使用可)開始。
  • 2014年2月3日 – オプションで使用可能な公衆無線LANにBBモバイルポイントとUQ_Wi-Fiを追加。iPhone等で採用されているnanoSIMカードへの変更受付開始。SMSオプション開始。
  • 2014年3月8日 – ヨドバシカメラでのUIMカード「はじめまセット」販売を開始。
  • 2014年7月1日 – 音声通話サービス開始。
  • 2014年9月1日 – BIGLOBE LTE・3Gの帯域制限時および通信容量超過後の接続速度を128kbpsから200kbpsに引き上げ。
  • 2014年11月1日 – BIGLOBE LTE・3Gの各プラン月間通信容量を引き上げ。各月額料金は据え置き。
  • 2014年12月1日 – これまでクレジットカード払いのみだった音声通話SIMの支払い方法を、銀行口座振替及びNTT/KDDIとの合算請求にも拡大。
  • 2015年4月17日 – エントリープラン及びライトSプランの月間通信容量を引き上げ。ライトSプラン・ライトMプラン・スタンダードプランにおいて直近72時間の通信容量による速度制限を撤廃(エントリープラン及び音声通話スタートプランは継続)。データ通信容量の繰越しサービス開始(繰越容量の最大値は各プランごとに定められた月間高速データ通信容量と同量)。BIGLOBE LTE・3G利用者の家族会員サービスを無料化。
  • 2015年8月3日 – 12Gプラン申込開始。エントリープラン及び音声通話スタートプランにおける直近72時間の通信容量による速度制限を、エントリープランは360MBから600MBに、音声通話スタートプランは120MBから200MBにそれぞれ緩和。
  • 2016年9月13日 – 直近72時間(3日間)の送受信の通信量合計に対して設けていた、通信速度制限に関する規定を、一部プランにおいて廃止。
  • 2016年11月1日 – BIGLOBE LTE・3Gのオプションサービスとして「エンタメフリー・オプション」を発売。YouTube、Apple Music、Google Play Musicが通信量のカウントされないサービス。複数の動画・音楽をカウントしないサービスとしては通信業界で初めての試みとなる。
  • 2016年12月1日 – 「エンタメフリー・オプション」の対象サービスとして「AbemaTV」を追加
  • 2017年2月16日 – 「エンタメフリー・オプション」の対象サービスとして「Spotify」を追加
  • 2017年2月16日 – 20ギガプラン、30ギガプランを発売開始
  • 2017年2月16日 – 「エントリープラン」を「3ギガプラン」、「ライトSプラン」を「6ギガプラン」に名称変更

端末(スマホ・ルーター)[編集]

※2017年2月20日発売中の端末

メーカー端末名月額加算料(24カ月)
ASUSZenFone 3 Max (ZC520TL)820円(アシストパックR)×24カ月*
シャープAQUOS SH-M041,380円(アシストパックC)×24カ月*
ASUSZenFone 3 Laser (ZC551KL)1,150円(アシストパックF)×24カ月*
ASUSZenFone 3 (ZE520KL)1,650円(アシストパックP)×24カ月*
LGエレクトロニクスLG G2 mini for BIGLOBE530円(アシストパックK)×24カ月*
富士通arrows M031,490円(アシストパックE)×24カ月*
シャープAQUOS mini SH-M032,080円(アシストパックL)×24カ月*
MotorolaMoto G4 Plus1,490円(アシストパックE)×24カ月*
HUAWEIHUAWEI P9 lite1,240円(アシストパックH)×24カ月*
MotorolaMoto X Play1,840円(アシストパックI)×24カ月*
HUAWEIHUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro1,040円(アシストパックM)×24カ月*
海外版新品またはメーカー整備品iPhone SE 16GB2,080円(アシストパックL)×24カ月*
海外版新品またはメーカー整備品iPhone 6 16GB2,700円(アシストパックS)×24カ月*
海外版新品またはメーカー整備品iPhone 6 Plus 16GB2,700円(アシストパックS)×24カ月*
NECプラットフォームズAterm MR05LN970円(アシストパックN)×24カ月*
NECプラットフォームズAterm MR04LN933円(アシストパックA)×24カ月*

以下は過去に提供されていて現在は新規提供を終了した端末[編集]

スポンサーリンク

BIGLOBE WiMAX[編集]

スポンサーリンク

脚注[編集]

  1. ^ NECビッグローブ株式会社の設立について – NECプレスリリース(2006年7月3日)
  2. a b NEC、ビッグローブ売却検討 月内に1次入札も – 産経ニュース 2013年10月10日
  3. ^ NEC、ネット接続業者のビッグローブを売却へ=関係筋 – ロイター 2013年10月10日
  4. ^ NEC、ビッグローブ売却へ=ネット接続子会社、近く入札 – 時事ドットコム 2013年10月10日
  5. a b NEC「BIGLOBE」の売却について説明、ブランドやサービスは当面そのまま継続 – INTERNET Watch 2013年1月30日
  6. ^ “KDDIによるビッグローブの子会社化について” (プレスリリース), KDDI株式会社, (2016年12月8日2016年12月8日閲覧。
  7. ^ 本社移転のお知らせ – プレスリリース 2015年2月6日
  8. ^ 「ついっぷる」きょう終了 画像ダウンロードは11月までITmedia NEWS 2017年10月31日
  9. ^ ビッグローブの格安SIMに「エンタメSIM」、特定の動画・音楽サービスを制限なく楽しめるオプション付き新プラン”. マイナビニュース (2017年9月28日). 2017年9月29日閲覧。
スポンサーリンク

関連項目[編集]

  • 品川シーサイド駅 – 本社最寄り駅のひとつ。2015年8月1日より副駅名がビッグローブ本社前。
  • 中井圭 – 当社に勤務する映画評論家。
スポンサーリンク

外部リンク[編集]

スポンサーリンク

バリューコマースって どんな会社?

スポンサーリンク

バリューコマース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ナビゲーションに移動検索に移動

バリューコマース株式会社
ValueCommerce Co., Ltd.
種類株式会社
市場情報
本社所在地日本の旗 日本
〒107-0062
東京都港区南青山2-26-1
南青山ブライトスクエア3階
設立1996年3月12日
業種サービス業
法人番号1010401062075
事業内容アフィリエイトプログラムサービス、インターネット広告配信・管理サービス、インターネット販売力向上支援、インターネットマーケティングコンサルティング
代表者代表取締役社長 香川仁
資本金17億28百万円
(2015年12月31日現在)
売上高単体166億58百万円
連結166億58百万円
(2015年12月期)
純資産単体57億45百万円
連結62億44百万円
(2015年12月31日現在)
総資産単体95億28百万円
連結101億25百万円
(2015年12月31日現在)
従業員数連結235人(2015年12月31日現在)
決算期12月31日
主要株主ヤフー 48.70%
(2015年12月31日現在)
外部リンクhttp://www.valuecommerce.co.jp/
テンプレートを表示

バリューコマース株式会社は、東京都港区に本社を置くアフィリエイト・サービス・プロバイダヤフーの連結子会社。

スポンサーリンク

概要[編集]

ニュージーランド人ティモシー・ロナン・ウィリアムズが日本で設立した企業である。2000年にギャラップ・ジェーマールで営業・マーケティング ディレクター兼シンガポール支社取締役を務めたブライアン・ネルソンをCOOとして招聘し、2001年に社長に就任。 マリナーズの鈴木一朗(イチロー)が創業時に出資していた事も話題を呼んだ。イチローの株式保有数は上場時150株あった。 経営陣の大半が外国人であったため外資系企業と勘違いされることもあったが、あくまで日本で設立されたため日本の企業である。

2010年3月、飯塚洋一が代表取締役社長に就任。2012年10月にはヤフー株式会社の連結子会社となり、2014年1月にはヤフー出身の香川仁が代表取締役社長に就任した。

スポンサーリンク

沿革[編集]

  • 1996年3月 – トランズパシフィック有限会社設立。
  • 1999年9月 – トランズパシフィック株式会社改組。
  • 1999年11月 – 現社名に変更し、アフィリエイトサービス「バリューコマース」を開始。
  • 2006年7月 – 東京証券取引所マザーズ上場。
  • 2010年3月 – 飯塚洋一が代表取締役社長に就任。
  • 2012年10月 – 自己株式の取得にてヤフー株式会社が過半数の議決権を取得、同社の連結子会社となる。
  • 2012年11月 – 東京証券取引所1部へ市場変更。
  • 2014年1月 – 香川仁が代表取締役社長に就任。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
mikazukiをフォローする
スポンサーリンク
三日月の夜

コメント