スポンサーリンク

月曜から夜更かしの感想2018年10月1日放送

スポンサーリンク
スポンサーリンク



 




あとで、追記していきます。
お楽しみに、

スポンサーリンク

では、また。






 


月曜から夜更かしの感想2018年10月1日放送

今回のゲストは有働由美子さん。

有働由美子さんはNHKを止めたばっかり。今度日本テレビのニュースに出演してられるらしい。

有働由美子さんと言えば朝ドラの受け頭巻痩せて夢ですが脇汗自由名ですがますかまさかNHKを辞めるとは。そしてまさかマツコデラックスさんの事務所に入ると思ってもいませんでした。マツコデラックスさんの事務所と言えばお笑いのクリームシチューのお二人とマツコデラックスさんの付き人ぐらいしか思いつきません。

今日は放送禁止用語ギリギリのギリギリの話題で盛り上がっていました。これブログに書いたらGoogle先生に叱られるかなと思いつつ書いていますどこら辺がGoogleアドセンスのギリギリなのか確かめつつ書いていきます。

アドセンスのギリギリなのか確かめつつ書いていきます。

健康な大人の男性の生理現象について語っていました。嫁ニートとか夢に頭とかオブラートに包みますが住んでいますが包んでいますがまれまれですバレバレですバレバレです。

ニートとか夢に頭とかオブラートに包みますが住んでいますが包んでいますがまれまれですバレバレですバレバレです。

そしてついに有働由美子さんでニートの略語 うどニー

これには爆笑しました。

有働由美子さんは私と同じ同い年。

でもさすがに有働由美子さんで〇〇ニーはできません。できる人はある意味達人だと思います。あなたは熟女好きとか。

熟女好きとか。

ということで私は今までニュースゼロはほとんど見ていないのですが今度から録画してみようと思います。私の好きな桐谷美玲さんが結婚してしまったのはショックですが。

桐谷美玲ショックです。

桐谷美玲ロスです。

たまたま桐谷つながりですが、

次回の月曜から夜更かしは、

月曜から夜更かしは、

桐谷弘人さん特集のようです。

私は桐谷美玲さんだけでなく

桐谷弘人さんのことをリスペクトしています。

スポンサーリンク

それは2人とも頭が良いからです。



 




あとで、追記していきます。
お楽しみに、

スポンサーリンク

では、また。






 


桐谷美玲さんは千葉県で有名な偏差値の高い高校千葉西高校出身ですし

桐谷弘人さんは将棋のプロですし。

桐谷弘人さんは株主優待生活をなさっていますか私も桐谷弘人さんを見習って株主優待生活しています。

というわけで来週も月曜から夜更かしを見そうです。

また感想を記事にします。

たまたま先月9月は企業の決算が多くて優待生活の基本である権利付き最終日までに色々と株主になりました。

例えば私はラーメンが大好きです。

一風堂によく行きます。

なので一風堂の親会社力の源の株主になりました。

力の源の株主優待はとても良くて回数券ではなく半年の定期券です。

ラーメンが200株で10%割引になります。

ラーメンが200株で10%割引になります。

10%と言うと大した金額ではありませんが塵も積もれば山となるです。

年利10%の定期預金なんて有り得ません。

年利1%の定期預金を探すより

スーパーで夕方または閉店前の20%以上の割引の見切り品を買った方が

お金持ちになります。

富裕層金持ち父さんになりたいのならそういう考え方をした方がいいと思います。

株主優待と言う意味ではIPOの優待で大和証券はおすすめです。

株主優待と言う意味ではIPOの優待で大和証券がお勧めです。

実際に私は今年3月に大和証券の株主になりました。10,000株持っています。ポジショントークはしたくなかったので今まで書いていませんでした。

大和証券の株主なりました。10,000株持っています。ポジショントークはしたくなかったので今まで書いていませんでした。

なので大和証券での当選チャンス回数10回で本当に当選するかどうか実験中です。今のところ約10,000,000円預けて大和証券が絡んだ全ての IPOに申し込んでいますが残念な結果になっています。一方ネット取引から対面に切り替えたみずほ証券の方がいくつか当選しています。直近ではメルカリとか。つい最近では他のIPOもいくつか他の証券外車で当選しましたがそんなに儲かってません。

他にもお金持ちになる方法がいくつかあります。このブログで公開していきます。お楽しみに。

ではまた。




 




あとで、追記していきます。
お楽しみに、

スポンサーリンク

では、また。






 


 

 

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
mikazukiをフォローする
スポンサーリンク
三日月の夜

コメント