スポンサーリンク

警視庁 捜査一課長 3話 無料動画 感想 ネタバレ あらすじ キャスト 視聴率 ここで一句 忘れるな オンナの嫉妬は おそろしい 2018年4月26日放送

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク


———————————————————————————————————————-

 

———————————————————————————————————————

 

この記事は、2018-05-03 14:49:23に更新しました。

f:id:mikazuki1:20180412184621j:plain

www.youtube.com

www.tv-asahi.co.jp

www.tv-asahi.co.jp

2018年4月12日

いよいよ今夜8時! 初回2時間スペシャルで頼れる男・一課長が帰ってくる!
高島礼子、中村梅雀ら豪華ゲストが登場!
安達祐実演じる萌奈佳の過去も明らかに…!? 20世紀最後の事件!?

スポンサーリンク

■初回2時間スペシャルは今夜放送!! 新メンバーを加えた捜査一課が“初陣”へ!

 いよいよ今夜、初回2時間スペシャルでスタートする、『警視庁・捜査一課長season3』。内藤剛志演じる“理想の上司”大岩純一が木曜よる8時に帰ってきます!

ヒラから這い上がった “叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱き奮闘を描く、このドラマ。『season3』では、鋭い洞察力を武器に一課長の右腕となる谷中萌奈佳(安達祐実)と、長年の主夫経験から得た“女子力”を駆使する“運転担当刑事”奥野親道(塙宣之)が加入! 強力な新メンバーを迎え、さらなるパワーアップを果たします。また、内藤と安達が23年ぶりに連続ドラマでタッグを組むことも大きな話題を呼んでいます。

■“20世紀最後の事件”の謎!? 安達祐実演じる萌奈佳の過去が浮かび上がる!!

 今夜放送の初回2時間スペシャルで大岩一課長たちが挑むのは、“20世紀から届いた遺体”の謎…! 東京・台場で、2000年頃に流行ったファッションを身に着けた女性の絞殺死体が発見されたところからはじまるストーリーですが、その事件の謎を追ううち、安達祐実演じる萌奈佳の過去が明らかになっていきます。
実は、今回の事件の背後には18年前の萌奈佳の父の死が関わっていることが判明…! 萌奈佳の父・明彦は、大岩とは警察学校時代の同期だった、所轄署の刑事。2000年の暮れ、明彦は渋谷の雑居ビルから転落死を遂げたのですが、当時、大岩は事件性を主張したものの、明彦は無断行動中の死だったため、上層部によって早々に事故死として処理されたのでした。
明彦は死の直前、今回絞殺された女性とまったく同じファッションを身に着けた女性の写真を所持しており、その事実を覚えていた大岩が、警視庁広報課セルフブランディングルーム室長の萌奈佳を捜査に投入! 萌奈佳が大岩と共に、父の死の真相を確かめるため奔走します! はたして“20世紀最後”の年に起きた明彦の事件、そして女性絞殺事件の真相は…!?
また、萌奈佳は「私、年のわりに人生経験濃密なので」と冷静に言い放ちながら、鋭い洞察力を駆使して事件に斬り込んでいく設定で、奥野から「目が笑っていないですね」と指摘されることもしばしば。かつて柔道の国民的人気選手だった彼女は、なぜ“目が笑っていない女”になったのでしょうか…!? 萌奈佳がいう“濃密な人生経験”の謎も、共に描かれていきます!

■スペシャルにふさわしく、高島礼子、中村梅雀ら豪華ゲストが実現!

 そんな第1話のメインゲストは、高島礼子。高島が演じるのは、事件の鍵を握るファッションデザイナー・河井田瑞希。事情聴取にやって来た大岩、萌奈佳と静かな“攻防戦”を繰り広げていきます。
さらに、萌奈佳の父・谷中明彦役で名優・中村梅雀が出演。いとうあさこ、ダンディ坂野らも登場し、スペシャルにふさわしく豪華なゲストが集結! それぞれが確かな演技で『season3』のスタートを盛り上げています!
『警視庁・捜査一課長』初回2時間スペシャルは、今夜4月12日(木)放送です。ぜひお見逃しなく!

www.tv-asahi.co.jp

intro

みどころ

内藤剛志×安達祐実
あの名タッグ再び!!
作品の魅力はそのままに
『捜査一課長』がさらなる進化を遂げる!
ナイツ・塙宣之も新加入!!
「被害者の無念を晴らすため、一刻も早くホシを上げる!」
捜査一課長・大岩純一による魂の訓示を胸に、
約400名の捜査員たちが一斉に東京全土を駆け巡る…!
あの熱き刑事たちが、パワーアップして帰ってきます!

■また、あの男に会える!! 4月、大好評ミステリーの第3弾がスタート!

 2012年7月、『土曜ワイド劇場』からスタートし、2016年4月クールの『木曜ミステリー』枠で連続ドラマとして飛躍を遂げた『警視庁・捜査一課長』。昨年4月クールにお送りした『season2』に続き、この春、強力な新メンバーを迎え、さらにパワーアップして帰ってきます。

■内藤剛志演じる“理想の上司”捜査一課長が、部下と共に難事件に挑む!

 この物語の舞台は、警視庁の花形部署、捜査一課。400名以上の精鋭刑事を統率する捜査一課長は、ヒラ刑事から這い上がってきたノンキャリアの“叩き上げ”が務める、警察組織内でも特殊なポスト。都内で起きるすべての凶悪事件に臨場し、いくつもの捜査本部を同時に指揮しながら捜査方針を決めるなど、極めて重い責務を担っています。
しかし、このドラマの主人公・大岩純一一課長は、スーパーマンのように鮮やかに事件を解決していくわけではありません。大岩が危機に立たされながらも信頼する部下たちと共に重責を果たしていく姿は人間味にあふれており、まさしく“等身大のヒーロー”です。
大岩を演じるのはもちろん――内藤剛志!常に“旬の俳優”として輝き続ける内藤が、またもや“頼れる上司”となって木曜の夜に帰ってきます。

■互いに「特別な存在」と語る、内藤剛志×安達祐実が23年ぶり連ドラ共演!

 『season3』では、2人の“新戦力”が加入するのが大きなみどころです。そのひとりは、洞察力を武器に捜査の新機軸となる女性刑事・谷中萌奈佳(やなか・もなか)で、演じるのは安達祐実!
天才子役として華々しくデビューし、今なお第一線の女優として活躍し続ける彼女は大ヒットドラマ『家なき子』(1994年、1995年/NTV)で内藤演じる飲んだくれの父に虐待される少女を演じ、強烈なインパクトを残しました。今回、当時センセーションを巻き起こしたその2人、内藤剛志×安達祐実――往年のドラマファンにはたまらない黄金タッグが、装いも新たによみがえります!
なんと連続ドラマの共演は、23年ぶりという2人。「仲が悪いんじゃないかというイメージを持っている人もいるみたいですが、本当は仲が良いんですよ。今回やっと共演のチャンスが来て本当にうれしい!」(内藤)、「内藤さんは私の中で特別な存在。今回、ご一緒していなかった時間を凝縮するかのように、私のお芝居を目の前で見てもらえるチャンスが来たことが純粋にうれしい」(安達)と、共演を喜びあっています。

■ナイツ・塙宣之も“女子力”あふれる異色の刑事役で、新加入!!

 そしてもうひとりが、大岩捜査一課長の側近中の側近である、“運転担当刑事”奥野親道(おくの・ちかみち)。バラエティーで大活躍中の人気芸人・ナイツの塙宣之が演じます!  奥野は妻の死後、子育てのためしばらく事務職に移り、再び現場の第一線に戻ってきた異色の刑事。長年の主夫経験から得た生活の知恵や“女子力”を駆使して、捜査に奔走します。  抜擢された塙は「僕は意外と子育てにも参加しているので、ピッタリな役だなと思いましたね。2人の娘のために『プリキュア』の新シリーズもチェック済みですし、“女子力”は高いんですよ(笑)。事件解決のヒントとなるようなセリフを言わせていただけるのかな、と今から楽しみにしています」と、意気込んでいます。
このほか、“見つけのヤマさん”こと小山田管理官(金田明夫)や、大岩の愛妻・小春(床嶋佳子)など、おなじみの面々も登場! 新メンバーの加入によって新たなチームワークが育まれ、シリーズにさらなる深みをもたらしていきます。

■東京の“今”を映しだす! 一課長の“大号令”など、シリーズならではの醍醐味も健在!!

 『season3』ではミステリーファンを魅了する巧みな事件展開はもちろん、前シーズンでも好評を博した“知って得する東京最新情報”“東京の知られざる新名所”をストーリーに盛り込み、ほかの刑事ドラマにはない独自の魅力をさらに追求していきます。2020年の東京オリンピックに向けて急速に変化を遂げつつある“東京の今”を余すところなく描くのも、シリーズの大きな魅力のひとつです。さらに、妻・小春や愛猫・ビビとの日常生活から大岩が事件のヒントを見つけ出していくなどの、おなじみの展開も随所に組み入れていきます。
もちろん、クライマックスで大岩一課長が発する“捜査員への魂の訓示”や、刑事たちが総出で繰り広げる“東京一斉大捜査”など、このシリーズならではの醍醐味も健在!
主演の内藤も「視聴者の皆さんが支持してくださるテイストは守りつつ、作品として少しずつ進歩していきたい。“変わらないのに、新しい”――矛盾していますが、それが実現できれば今回のシーズンは成功だと思っています」と、意欲満々! 新メンバーを迎え、ますます“進化”を遂げていく熱き刑事たちのドラマに、ぜひご期待ください!
第3話|ストーリー|木曜ミステリー 警視庁・捜査一課長シーズン3|テレビ朝日
テレビ朝日 木曜ミステリー「警視庁・捜査一課長シーズン3」番組サイト。2018年4月12日(木)スタート!内藤剛志×安達祐実 あの名タッグ再び!!作品の魅力はそのままに『捜査一課長』がさらなる進化を遂げる!ナイツ・塙宣之も新加入!!

story

ストーリー

2018年4月26日(木)

第3話

 スクランブル交差点で、男性の刺殺体が発見された。運転担当刑事・奥野親道(塙宣之)と共に現場に向かった捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は、奇妙な報告を受ける。数多くの歩行者が横断していたはずなのに、誰一人として刺された瞬間を目撃していないというのだ。
しかも、被害者は死の直前、「最高だ…」とつぶやいていたという。ナイフで刺されて生き絶える間際に、「最高」と口走るとはいったいどういうことなのか…。

まもなく遺体の身元は、元出版社編集部員・星川草介(中林大樹)と判明。3年前に勤務先が倒産してから、星川は自費出版を持ちかけて金をだまし取る“出版詐欺”を働いていたこともわかった。
詐欺にあった被害者のひとり、多治見透子(青山倫子)は平凡そうな主婦だったが、事情を聴いていたところ、突然、私が殺したと自供する。彼女はなぜか自宅にいたときの地味な服装から打って変わって派手な服装に変身して取り調べを受け、凶器の捜索では喜々とした表情まで浮かべていた…!?

ゲスト

青山倫子 、森田涼花、中林大樹、久世星佳、建みさと ほか

 

www.tv-asahi.co.jp

 

cast

キャスト

大岩純一(おおいわ・じゅんいち)………内藤剛志

大岩純一(おおいわ・じゅんいち) ………内藤剛志

警視庁捜査一課長。400名以上の精鋭集団・捜査一課を束ねるリーダー。都内で起きたすべての凶悪事件の現場に臨場し、各捜査本部の指揮に当たる。“ヒラから成り上がった叩き上げの刑事”として捜査員たちからの信頼も厚いが、その業務は多忙を極める。ひとり娘を病で失った悲しい過去があり、月命日には娘の好物だったカレーとプリンを食べることに決めている。

谷中萌奈佳(やなか・もなか)………安達祐実

谷中萌奈佳(やなか・もなか) ………安達祐実

警視庁広報課セルフブランディングルーム室長。幼少期は、柔道の国民的スターとして活躍。だが、世間の期待に背いてメダルを獲得することなく引退し、警察官となった。挫折や人生経験は人一倍豊富で、そこから人間の本質を見抜く力を自然と蓄えてきた稀有な存在。大岩の新たな右腕として捜査を進める新機軸となる。

笹川健志(ささがわ・たけし)………本田博太郎

笹川健志(ささがわ・たけし) ………本田博太郎

警視庁刑事部長、大岩の上司。捜査に行き詰った大岩を激励する。
捜査方針をめぐって重大なリスクが生じる場面でも、その責任を部下には決して背負わせず、自らがすべてを被ろうとする男気の強い人物。

武藤広樹(むとう・ひろき)………矢野浩二

武藤広樹(むとう・ひろき) ………矢野浩二

警視庁捜査一課・鑑識課主任。犯罪を人一倍憎む鑑識官。検視官としての能力も高く、現場検証において瞬時に状況を見極め、臨場する大岩らに事件解決への端緒を与える。

天笠一馬(あまがさ・かずま)………鈴木裕樹

天笠一馬(あまがさ・かずま) ………鈴木裕樹

警視庁捜査一課刑事。遊軍刑事として、現場の最前線で事件捜査に当たる。事件発生時には管理官・小山田と共に行動することが多い。大岩が乗りこむ公用車の運転を担当していたことから、一課長からの信頼も厚い。

奥野親道(おくの・ちかみち)………塙宣之(ナイツ)

奥野親道(おくの・ちかみち) ………塙宣之(ナイツ)

大岩一課長の公用車の運転担当刑事。元々優秀な刑事だったが、妻の病死後、子育てのためしばらく事務職に移り、再び現場に戻ってきた異色の刑事。主夫経験で得た生活の知恵や女子力を武器に、事件捜査に奔走する。大岩からは“ブランク”というあだ名で呼ばれている。大岩の側近として一課長の苦悩や本音を唯一聞くことができる存在でもある。

大岩小春(おおいわ・こはる)………床嶋佳子

大岩小春(おおいわ・こはる) ………床嶋佳子

大岩の妻。愛娘の死を乗り越え、多忙を極める夫・大岩をいつも笑顔で支えてきた。小春との何気ない日常会話から、大岩が事件解決のヒントを得ることも多い。

小山田大介(おやまだ・だいすけ)………金田明夫

小山田大介(おやまだ・だいすけ) ………金田明夫

警視庁捜査一課・庶務担当管理官。大岩の右腕となって捜査を進めていく。
多数の捜査員を動員して行う“大捜索”で目標物を探し当てる能力が人一倍高いことから、“見つけのヤマさん”ともよばれている。恐妻家で、妻には弱い。

  • 番組名

  • 番組名 警視庁・捜査一課長3 #3
  • 番組概要

  • 「スクランブル交差点殺人!?誰にも見えない地味な女!!」内藤剛志(他)▽スクランブル交差点で殺人事件が発生。大勢の人が行き交っていたが、目撃者はゼロという謎の状況で…
  • 番組詳細

  • スクランブル交差点で殺人事件が発生。大勢の人が行き交っていたが、目撃者はゼロという謎の状況だった。被害者は元出版社編集員・星川草介。3年前に勤務先が倒産してから、星川は自費出版を持ちかけて金をだまし取る詐欺行為をしていたことがわかる。やがて、詐欺に遭った被害者の一人、地味な女・多治見透子が容疑者として浮上。任意同行を求めると、透子はまるで別人のように派手な服装に変身し「私が殺した」と自白し始める。
    内藤剛志、安達祐実、本田博太郎、矢野浩二、鈴木裕樹、塙宣之、床嶋佳子、金田明夫
    ☆5/3(木・祝)よる8時からは『木曜ミステリー 警視庁・捜査一課長』第4話 多摩湖でリラックスする遺体!?容疑者は3カ月で別人となった美人インストラクター!!
  • 【出演】
  • 内藤剛志、安達祐実、本田博太郎、矢野浩二、鈴木裕樹、塙宣之、床嶋佳子、金田明夫
  • 【番組HP】http://www.tv-asahi.co.jp/ichikacho3/
  • キャスト

  • 敬称略
  • 内藤剛志、
  • 安達祐実、
  • 本田博太郎、
  • 矢野浩二、
  • 鈴木裕樹、
  • 塙宣之(ナイツ)、
  • 床嶋佳子、
  • 金田明夫
  • 【ゲスト】

  • 敬称略
  • 青山倫子 、
  • 森田涼花、
  • 中林大樹、
  • 久世星佳、
  • 建みさと
  • ほか
  • 安井国穂
  • 濱龍也
  • 山本清香
  • GLIM SPANKY『All Of Us』
  • (ユニバーサル ミュージック)
  • 【ゼネラルプロデューサー】
  • 関拓也(テレビ朝日)
  • 【プロデューサー】
  • 秋山貴人(テレビ朝日)、
  • 島田薫(東映)、
  • 高木敬太(東映)
  • ☆番組HP  http://www.tv-asahi.co.jp/ichikacho3/

———————————————————————————————————————

 

———————————————————————————————————————

———————————————————————————————————————

———————————————————————–

———————————————————————————————————————


———————————————————————————————————————-

———————————————————————————————————————

 

  • スクランブル交差点で殺人事件が発生。大勢の人が行き交っていたが、目撃者はゼロという謎の状況だった。被害者は元出版社編集員・星川草介。3年前に勤務先が倒産してから、星川は自費出版を持ちかけて金をだまし取る詐欺行為をしていたことがわかる。やがて、詐欺に遭った被害者の一人、地味な女・多治見透子が容疑者として浮上。任意同行を求めると、透子はまるで別人のように派手な服装に変身し「私が殺した」と自白し始める。
  • トリビア、雑学を披露する、奥野親道。
  • 警視庁・捜査一課長。
  • ブランク。
  • 警視庁
  • 合同捜査本部
  • 部下一同、
  • はいっ!
  • 小山田大介

———————————————————————————————————————


———————————————————————————————————————-

———————————————————————————————————————-

 

  • 警視庁
  • 取調室。
  • 事情聴取。

——————————————————————————————————————–


———————————————————————————————————————-

———————————————————————————————————————

 

  • 警視庁
  • 取調室。
  • 事情聴取。

———————————————————————————————————————


———————————————————————————————————————-

——————————————————————————————————————–

ここから

ネタバレです。

(ご注意下さい)

 

  • 透子とうこは、
  • ことりをかばっていた。
  • かばう理由は特にない。
  • と、思いきや、
  • とうこが、コンビニで万引きしたのを、
  • コンビニ店員のことりが、みつけて、
  • 警察には届けなかった。
  • つまり、かばった。
  • また、同じ九州出身ということで、
  • 友達?になった。
  • 星川をさした犯人は。。。
  • 透子とおこではなく、
  • 天野琴里あまのことりだった。
  • 動機は、とおこに対する嫉妬。
  • それと、10年前に同棲していた自分を
  • 覚えていると思っっていたのに、
  • 忘れられていたから。
  • 凶器は、星川が、護身用に持っていたナイフ。
  • 星川が、落としたところ、を拾って刺した。
  • 星川の辞世の句
  • 最高だ。
  • 星川は、思い出した。
  • ことりのことを。
  • なくなる直前に。
  • 大岩が熱く語る。
  • 自分の居場所の居場所について。
  • おしまい。
  • 次回

———————————————————————————————————————-

 

———————————————————————————————————————

 


———————————————————————————————————————-

感想

  • ここで一句

  • 忘れるな
  • オンナの嫉妬は
  • おそろしい
  • 東京で、同じ出身地の人と出会ったら、
  • うれしくて、仲良くなる、
  • のは、わかる。
  • 同棲していた人を忘れるなってこと、
  • あるのかな?
  • 人による、と思うけれど。
  • では、また。

———————————————————————————————————————-

  • お試し無料動画のご案内

見逃したかた、

録画し忘れたかたは、

こちらをどうぞ。  .

誤字脱字は、あとで、

リライトする予定です。

 

———————————————————————————————————————-

 

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
mikazukiをフォローする
スポンサーリンク
三日月の夜

コメント