スポンサーリンク

警視庁 捜査一課長 無料動画 感想 ネタバレ あらすじ キャスト 視聴率 ここで一句 ドラマには 安達祐実さん 欠かせない もう一句 各ドラマ 引っ張りだこの 安達祐実 もう一句 セーラー服 奇跡のアラフォー 安達祐実 もう一句 アラフォーで セーラー服の 安達祐実 もう一句 多才だね ナイツのはなわ ドラマ出る 2018年4月12日放送

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク


———————————————————————————————————————-

 

 

 

 

———————————————————————————————————————

この記事は、2018年4月12日23:30に更新しました。

 

f:id:mikazuki1:20180412184621j:plain

 

 

 

www.youtube.com

 

www.tv-asahi.co.jp

 

 

 

www.tv-asahi.co.jp

 

2018年4月12日

いよいよ今夜8時! 初回2時間スペシャルで頼れる男・一課長が帰ってくる!
高島礼子、中村梅雀ら豪華ゲストが登場!
安達祐実演じる萌奈佳の過去も明らかに…!? 20世紀最後の事件!?

スポンサーリンク

■初回2時間スペシャルは今夜放送!! 新メンバーを加えた捜査一課が“初陣”へ! 

 いよいよ今夜、初回2時間スペシャルでスタートする、『警視庁・捜査一課長season3』。内藤剛志演じる“理想の上司”大岩純一が木曜よる8時に帰ってきます!

 ヒラから這い上がった “叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱き奮闘を描く、このドラマ。『season3』では、鋭い洞察力を武器に一課長の右腕となる谷中萌奈佳(安達祐実)と、長年の主夫経験から得た“女子力”を駆使する“運転担当刑事”奥野親道(塙宣之)が加入! 強力な新メンバーを迎え、さらなるパワーアップを果たします。また、内藤と安達が23年ぶりに連続ドラマでタッグを組むことも大きな話題を呼んでいます。

■“20世紀最後の事件”の謎!? 安達祐実演じる萌奈佳の過去が浮かび上がる!!

 今夜放送の初回2時間スペシャルで大岩一課長たちが挑むのは、“20世紀から届いた遺体”の謎…! 東京・台場で、2000年頃に流行ったファッションを身に着けた女性の絞殺死体が発見されたところからはじまるストーリーですが、その事件の謎を追ううち、安達祐実演じる萌奈佳の過去が明らかになっていきます。
 実は、今回の事件の背後には18年前の萌奈佳の父の死が関わっていることが判明…! 萌奈佳の父・明彦は、大岩とは警察学校時代の同期だった、所轄署の刑事。2000年の暮れ、明彦は渋谷の雑居ビルから転落死を遂げたのですが、当時、大岩は事件性を主張したものの、明彦は無断行動中の死だったため、上層部によって早々に事故死として処理されたのでした。
 明彦は死の直前、今回絞殺された女性とまったく同じファッションを身に着けた女性の写真を所持しており、その事実を覚えていた大岩が、警視庁広報課セルフブランディングルーム室長の萌奈佳を捜査に投入! 萌奈佳が大岩と共に、父の死の真相を確かめるため奔走します! はたして“20世紀最後”の年に起きた明彦の事件、そして女性絞殺事件の真相は…!?
 また、萌奈佳は「私、年のわりに人生経験濃密なので」と冷静に言い放ちながら、鋭い洞察力を駆使して事件に斬り込んでいく設定で、奥野から「目が笑っていないですね」と指摘されることもしばしば。かつて柔道の国民的人気選手だった彼女は、なぜ“目が笑っていない女”になったのでしょうか…!? 萌奈佳がいう“濃密な人生経験”の謎も、共に描かれていきます!  

■スペシャルにふさわしく、高島礼子、中村梅雀ら豪華ゲストが実現! 

 そんな第1話のメインゲストは、高島礼子。高島が演じるのは、事件の鍵を握るファッションデザイナー・河井田瑞希。事情聴取にやって来た大岩、萌奈佳と静かな“攻防戦”を繰り広げていきます。
 さらに、萌奈佳の父・谷中明彦役で名優・中村梅雀が出演。いとうあさこ、ダンディ坂野らも登場し、スペシャルにふさわしく豪華なゲストが集結! それぞれが確かな演技で『season3』のスタートを盛り上げています!
『警視庁・捜査一課長』初回2時間スペシャルは、今夜4月12日(木)放送です。ぜひお見逃しなく!
 

 

www.tv-asahi.co.jp

 

intro

みどころ

内藤剛志×安達祐実 
あの名タッグ再び!! 
作品の魅力はそのままに 
『捜査一課長』がさらなる進化を遂げる! 
ナイツ・塙宣之も新加入!!
「被害者の無念を晴らすため、一刻も早くホシを上げる!」 
捜査一課長・大岩純一による魂の訓示を胸に、 
約400名の捜査員たちが一斉に東京全土を駆け巡る…! 
あの熱き刑事たちが、パワーアップして帰ってきます!

■また、あの男に会える!! 4月、大好評ミステリーの第3弾がスタート!

 2012年7月、『土曜ワイド劇場』からスタートし、2016年4月クールの『木曜ミステリー』枠で連続ドラマとして飛躍を遂げた『警視庁・捜査一課長』。昨年4月クールにお送りした『season2』に続き、この春、強力な新メンバーを迎え、さらにパワーアップして帰ってきます。

■内藤剛志演じる“理想の上司”捜査一課長が、部下と共に難事件に挑む!

 この物語の舞台は、警視庁の花形部署、捜査一課。400名以上の精鋭刑事を統率する捜査一課長は、ヒラ刑事から這い上がってきたノンキャリアの“叩き上げ”が務める、警察組織内でも特殊なポスト。都内で起きるすべての凶悪事件に臨場し、いくつもの捜査本部を同時に指揮しながら捜査方針を決めるなど、極めて重い責務を担っています。 
 しかし、このドラマの主人公・大岩純一一課長は、スーパーマンのように鮮やかに事件を解決していくわけではありません。大岩が危機に立たされながらも信頼する部下たちと共に重責を果たしていく姿は人間味にあふれており、まさしく“等身大のヒーロー”です。 
 大岩を演じるのはもちろん――内藤剛志!常に“旬の俳優”として輝き続ける内藤が、またもや“頼れる上司”となって木曜の夜に帰ってきます。

■互いに「特別な存在」と語る、内藤剛志×安達祐実が23年ぶり連ドラ共演!

 『season3』では、2人の“新戦力”が加入するのが大きなみどころです。そのひとりは、洞察力を武器に捜査の新機軸となる女性刑事・谷中萌奈佳(やなか・もなか)で、演じるのは安達祐実! 
 天才子役として華々しくデビューし、今なお第一線の女優として活躍し続ける彼女は大ヒットドラマ『家なき子』(1994年、1995年/NTV)で内藤演じる飲んだくれの父に虐待される少女を演じ、強烈なインパクトを残しました。今回、当時センセーションを巻き起こしたその2人、内藤剛志×安達祐実――往年のドラマファンにはたまらない黄金タッグが、装いも新たによみがえります! 
 なんと連続ドラマの共演は、23年ぶりという2人。「仲が悪いんじゃないかというイメージを持っている人もいるみたいですが、本当は仲が良いんですよ。今回やっと共演のチャンスが来て本当にうれしい!」(内藤)、「内藤さんは私の中で特別な存在。今回、ご一緒していなかった時間を凝縮するかのように、私のお芝居を目の前で見てもらえるチャンスが来たことが純粋にうれしい」(安達)と、共演を喜びあっています。

■ナイツ・塙宣之も“女子力”あふれる異色の刑事役で、新加入!!

 そしてもうひとりが、大岩捜査一課長の側近中の側近である、“運転担当刑事”奥野親道(おくの・ちかみち)。バラエティーで大活躍中の人気芸人・ナイツの塙宣之が演じます!  奥野は妻の死後、子育てのためしばらく事務職に移り、再び現場の第一線に戻ってきた異色の刑事。長年の主夫経験から得た生活の知恵や“女子力”を駆使して、捜査に奔走します。  抜擢された塙は「僕は意外と子育てにも参加しているので、ピッタリな役だなと思いましたね。2人の娘のために『プリキュア』の新シリーズもチェック済みですし、“女子力”は高いんですよ(笑)。事件解決のヒントとなるようなセリフを言わせていただけるのかな、と今から楽しみにしています」と、意気込んでいます。 
 このほか、“見つけのヤマさん”こと小山田管理官(金田明夫)や、大岩の愛妻・小春(床嶋佳子)など、おなじみの面々も登場! 新メンバーの加入によって新たなチームワークが育まれ、シリーズにさらなる深みをもたらしていきます。

■東京の“今”を映しだす! 一課長の“大号令”など、シリーズならではの醍醐味も健在!!

 『season3』ではミステリーファンを魅了する巧みな事件展開はもちろん、前シーズンでも好評を博した“知って得する東京最新情報”“東京の知られざる新名所”をストーリーに盛り込み、ほかの刑事ドラマにはない独自の魅力をさらに追求していきます。2020年の東京オリンピックに向けて急速に変化を遂げつつある“東京の今”を余すところなく描くのも、シリーズの大きな魅力のひとつです。さらに、妻・小春や愛猫・ビビとの日常生活から大岩が事件のヒントを見つけ出していくなどの、おなじみの展開も随所に組み入れていきます。 
 もちろん、クライマックスで大岩一課長が発する“捜査員への魂の訓示”や、刑事たちが総出で繰り広げる“東京一斉大捜査”など、このシリーズならではの醍醐味も健在! 
 主演の内藤も「視聴者の皆さんが支持してくださるテイストは守りつつ、作品として少しずつ進歩していきたい。“変わらないのに、新しい”――矛盾していますが、それが実現できれば今回のシーズンは成功だと思っています」と、意欲満々! 新メンバーを迎え、ますます“進化”を遂げていく熱き刑事たちのドラマに、ぜひご期待ください!

 

www.tv-asahi.co.jp

 

story

ストーリー

2018年4月12日(木)

第1話(2時間スペシャル)

 2000年頃に流行した、少々時代遅れなファッションを身に着けた女性の絞殺死体が、東京・台場で発見された。
 被害者の女性は前夜、自由の女神像をバックに自分の写真を撮ってほしいと、何度も通行人に頼んでいたという。しかも、撮影者の立ち位置やアングルまで細かく指定していたらしい。
 運転担当刑事・奥野親道(塙宣之)と共に臨場した大岩純一(内藤剛志)は、被害者のファッションを見て、今から18年前の2000年、謎の転落死を遂げた刑事・谷中明彦(中村梅雀)のことを思い出す。
 谷中と大岩は警察学校時代の同期で、谷中をよく知る大岩は彼の死に疑問を抱き、事件性を訴えたものの、証拠をつかめないうちに事故死として処理されてしまったのだった。死の直前、谷中に偶然会った大岩は、彼が持っていた写真に今回の被害者と同じ服を着た女性が写っていたことを覚えていた。あのとき、谷中は写真の女性を“ミズキ”と呼んでおり、その写真は台場にある自由の女神像をバックに撮影されていた。被害者の女性は、18年前の“ミズキ”の写真を再現しようとしていたのだろうか…!?
 その矢先、被害者の身元がファッションブランドの専属モデル・神楽瞳(尾藤亜衣)と判明。ブランドの社長兼デザイナーは河井田瑞希(高島礼子)という女性だった…。
 18年の時を経て、“ミズキ”という名がつながった…。谷中の死と今回の殺人事件の関連を直感した大岩は、ある人物を助っ人として捜査本部に迎えることを決断する。その人物こそ、“警視庁広報課セルフブランディングルーム室長”という肩書を持つ柔道の元人気選手で、谷中の娘である萌奈佳(安達祐実)だった。
 そんな中、手がかりを求めて、小山田管理官(金田明夫)は20世紀のファッションに詳しいジャーナリスト・バーブ凛子(いとうあさこ)に聞き込みに行くが…!?

ゲスト

高島礼子、田中美奈子、相島一之、いとうあさこ、中村梅雀 ほか

 

 

www.tv-asahi.co.jp

 

cast

キャスト

大岩純一(おおいわ・じゅんいち)………内藤剛志

大岩純一(おおいわ・じゅんいち) ………内藤剛志

 

 

警視庁捜査一課長。400名以上の精鋭集団・捜査一課を束ねるリーダー。都内で起きたすべての凶悪事件の現場に臨場し、各捜査本部の指揮に当たる。“ヒラから成り上がった叩き上げの刑事”として捜査員たちからの信頼も厚いが、その業務は多忙を極める。ひとり娘を病で失った悲しい過去があり、月命日には娘の好物だったカレーとプリンを食べることに決めている。

谷中萌奈佳(やなか・もなか)………安達祐実

谷中萌奈佳(やなか・もなか) ………安達祐実

 

 

警視庁広報課セルフブランディングルーム室長。幼少期は、柔道の国民的スターとして活躍。だが、世間の期待に背いてメダルを獲得することなく引退し、警察官となった。挫折や人生経験は人一倍豊富で、そこから人間の本質を見抜く力を自然と蓄えてきた稀有な存在。大岩の新たな右腕として捜査を進める新機軸となる。

笹川健志(ささがわ・たけし)………本田博太郎

笹川健志(ささがわ・たけし) ………本田博太郎

 

 

警視庁刑事部長、大岩の上司。捜査に行き詰った大岩を激励する。
捜査方針をめぐって重大なリスクが生じる場面でも、その責任を部下には決して背負わせず、自らがすべてを被ろうとする男気の強い人物。

武藤広樹(むとう・ひろき)………矢野浩二

武藤広樹(むとう・ひろき) ………矢野浩二

 

 

警視庁捜査一課・鑑識課主任。犯罪を人一倍憎む鑑識官。検視官としての能力も高く、現場検証において瞬時に状況を見極め、臨場する大岩らに事件解決への端緒を与える。

天笠一馬(あまがさ・かずま)………鈴木裕樹

天笠一馬(あまがさ・かずま) ………鈴木裕樹

 

 

警視庁捜査一課刑事。遊軍刑事として、現場の最前線で事件捜査に当たる。事件発生時には管理官・小山田と共に行動することが多い。大岩が乗りこむ公用車の運転を担当していたことから、一課長からの信頼も厚い。

奥野親道(おくの・ちかみち)………塙宣之(ナイツ)

奥野親道(おくの・ちかみち) ………塙宣之(ナイツ)

 

 

大岩一課長の公用車の運転担当刑事。元々優秀な刑事だったが、妻の病死後、子育てのためしばらく事務職に移り、再び現場に戻ってきた異色の刑事。主夫経験で得た生活の知恵や女子力を武器に、事件捜査に奔走する。大岩からは“ブランク”というあだ名で呼ばれている。大岩の側近として一課長の苦悩や本音を唯一聞くことができる存在でもある。

大岩小春(おおいわ・こはる)………床嶋佳子

大岩小春(おおいわ・こはる) ………床嶋佳子

 

 

大岩の妻。愛娘の死を乗り越え、多忙を極める夫・大岩をいつも笑顔で支えてきた。小春との何気ない日常会話から、大岩が事件解決のヒントを得ることも多い。

小山田大介(おやまだ・だいすけ)………金田明夫

小山田大介(おやまだ・だいすけ) ………金田明夫

 

 

警視庁捜査一課・庶務担当管理官。大岩の右腕となって捜査を進めていく。
多数の捜査員を動員して行う“大捜索”で目標物を探し当てる能力が人一倍高いことから、“見つけのヤマさん”ともよばれている。恐妻家で、妻には弱い。

 

  • 番組名

  • 警視庁・捜査一課長 
  • 初回2時間スペシャル #1
  • 番組名 警視庁・捜査一課長
  • 初回2時間スペシャル #1
  • 番組概要

  • 主演・内藤剛志。
  • あの叩き上げの刑事が帰ってくる!!
  • 新メンバーに安達祐実、
  • 塙宣之(ナイツ)!!
  • 捜査一課長の指揮のもと、
  • 精鋭400人の刑事たちの熱い捜査が始まる!!
  • 番組詳細

  • 20世紀から来た遺体”がお台場で発見される。
  • 大岩捜査一課長(内藤剛志)は、
  • 事件に18年前に起きた谷中刑事(中村梅雀)の死が関与していると睨み、
  • 運転担当刑事・奥野親道(塙宣之)と共に、
  • 谷中刑事の娘である谷中萌奈佳(安達祐実)に捜査協力を依頼する。
  • 被害者が勤めていたファッションブランドに事情聴取に行くと、
  • 女社長・瑞希(高島礼子)は何かを隠しているようで…
  • キャスト

  • 敬称略
  • 内藤剛志、
  • 安達祐実、
  • 本田博太郎、
  • 矢野浩二、
  • 鈴木裕樹、
  • 塙宣之(ナイツ)、
  • 床嶋佳子、
  • 金田明夫
  • 【ゲスト】

  • 敬称略
  • 高島礼子、
  • 中村梅雀、
  • 相島一之、
  • 田中美奈子、
  • 小野真弓、
  • いとうあさこ、
  • ダンディ坂野
  • ほか
  • 安井国穂
  • 濱龍也
  • 山本清香
  • GLIM SPANKY『All Of Us』
  • (ユニバーサル ミュージック)
  • 【ゼネラルプロデューサー】
  • 関拓也(テレビ朝日)
  • 【プロデューサー】
  • 秋山貴人(テレビ朝日)、
  • 島田薫(東映)、
  • 高木敬太(東映)
  • ☆番組HP  http://www.tv-asahi.co.jp/ichikacho3/

———————————————————————————————————————

 

 

 

 

———————————————————————————————————————

———————————————————————————————————————

 

 

 

 

———————————————————————–

 

 

 

———————————————————————————————————————


———————————————————————————————————————-

———————————————————————————————————————

  • 警視庁・捜査一課長。
  • 大岩純一と、小山田大介の部署に、
  • 奥野親道が、配属されてくる。
  • 運転手として。
  • さっそく、あだ名。
  • ブランク。
  • 人事異動の命令が出てから、
  • 実際に配属されるまで、
  • 10年、ブランクがあったから。
  • と、そこへ、事件発生。
  • 20世紀のご遺体を発見。
  • 臨場する。
  • 運転しながら、
  • 奥野親道が雑談。
  • 大岩純一、現場。
  • 20世紀の格好をしている遺体。
  • 20世紀のトリビア、雑学を
  • 披露する、奥野親道。
  • 自由の女神像の話。
  • 高さ22.5M
  • 重さとか。
  • 大岩純一
  • 谷中 やなか 警部補。
  • 被害者の身元が判明。
  • 神楽かぐら ひとみ
  • かわいだ みずき社長
  • と、もめた。
  • すごい秘密。
  • お台場の自由の女神像。
  • 容疑者、村沢。
  • 柔道
  • 警察のイメージアップ。
  • をしている、安達祐実
  • 谷中萌奈佳
  • 年のわりには、濃密な人生、
  • と、谷中萌奈佳。
  • セルフブランディング
  • セルブラ。
  • おもむきがある、部署名
  • と、奥野。
  • 捜査 14条
  • 会社。
  • どこかであったことある?
  • と、大岩。
  • 事情聴取。
  • アリバイを確認する。
  • お台場にいた、
  • って、顔に書いてある、
  • と、
  • 谷中萌奈佳。
  • 言いがかりは、やめて、
  • と、高島礼子
  • 谷中刑事の話になる。
  • 18年前。
  • ミズキ、という名前の女性を探していた刑事。
  • かわいだ、みずき、と、同一人物?
  • かどうかは、わからない。
  • 神楽瞳の無念を晴らす、
  • と、
  • 谷中萌奈佳。
  • 今さら、18年前のことを調べるつもり?
  • と、高島礼子
  • そのために、刑事を続けてきた、
  • と、大岩。

———————————————————————————————————————


———————————————————————————————————————-

———————————————————————————————————————-

  • 鑑識。
  • 大岩が、担当、武藤に、
  • 留守電データを復元できるか?
  • と、指示。
  • もなか、
  • お菓子みたいだな、
  • と、小山田大介。
  • 留守電を復元した、武藤。
  • かわいだ みずき
  • 20世紀のファッション。
  • に詳しい人物として、
  • いとうあさこ、登場。
  • 世田谷区等々力で見た。
  • と。
  • もうひとり、女性がいたけれど、失踪。
  • 名前は、忘れたわ、
  • と、いとうあさこ。
  • もなかが、高島礼子に、
  • カラフルコーディネート
  • というお店の名前の話を聞き出す。
  • 高島礼子から、
  • しろた あかね
  • の名前を聞き出した、もなか。
  • あかねのデザインを
  • 見つける、もなか。
  • ミズキという女性を探していたのは、
  • しろた あかね失踪事件を
  • 捜査していた、もなかの父である、
  • 谷中刑事。
  • まるで、犯人扱いね、
  • と、高島礼子。
  • かぐらひとみ と
  • かわいだ みずき
  • の、足取り。
  • を説明する部下。
  • エンジン音。
  • 波形の音量を増幅して、
  • 1960年代のスポーツカーのエンジン音を特定する。
  • 都内に約100台。
  • 総当たりしろ、
  • と、部下に指示する、大岩。
  • 追い込まれると、能力を発揮するタイプ
  • と、管理官。
  • ドSだな、お前ら。
  • ここ笑うところ。
  • 100台のスポーツカーの持ち主を
  • リストアップして、
  • 消し込みしていく、部下たち。
  • 該当者なし。
  • 捜査範囲を関東全域に広げる。
  • 400台、総当たり戦。
  • 途方もない、捜査だな、
  • と、小山田大介。
  • なにか命令して、
  • と、あせる、管理官。
  • 欲しがるね。
  • 伊香保温泉で、該当者を見つける、管理官。
  • よくやった、
  • と、小山田大介。
  • ゲッツ、ダンディ坂野さん、登場。
  • 黄色い服で。
  • 等々力なのに、お台場に来て、
  • は、おかしいな、
  • と、思った、
  • と、ダンディ坂野。
  • 極意教えて?
  • と、管理官。
  • 極意?
  • そんなもんない、
  • どちらにしようかな、
  • かみさまのいうとおり。
  • なのなのな。
  • これが、小山田大介、
  • と、妙に感心する、管理官。
  • さつがい現場らしい場所を見つける。
  • 手がかりを探せ、
  • と、部下にハッパをかける、小山田大介。
  • ありました、
  • と、管理官。
  • 鑑識。
  • 骨を調べる。
  • 20年前のもの。
  • ペンもみつかる。
  • みずき あかね
  • と、刻印されているぺん。
  • マスコミに取り囲まれる、大岩。
  • 今は、何も話せない、
  • と、マスコミにこたえる、大岩。
  • 刑事部長と、大岩。
  • 18年前の谷中警部補の話。
  • 捜査をする中で、誰かにさつがいされた、
  • 勝手な捜査した中での、事件。
  • 警察に対して批判の声があがるのは、当然、
  • と、刑事部長。
  • 谷中の件は、わたしにまかせて、
  • と、大岩。
  • 刑事部長と、ブランク。
  • 刑事部長の回想
  • 谷中の捜査をしたい、
  • と、上司に言う大岩、
  • 勝手にしろ、
  • と、上司。
  • 回想おわり。
  • 刑事部長は、ブランクに、大岩を褒める。
  • 1課長の部屋にくる、もなか。
  • 大岩が、もなかに、昔話をする。
  • 大岩の回想
  • 世間話をする大岩と、谷中。
  • 回想おわり。
  • みずき あかね の写真を見る、もなか。
  • もなかが、ブログの話。
  • セルフブランディングのために。
  • とれるんくん。
  • みずき あかね の写真は、
  • 半分、破れていた。
  • 破れていた部分に写っている、
  • 金属プレートに映り込んでいた。
  • 犯人の姿が?
  • だから、やぶり捨てた。
  • 交際相手?
  • と、もなか。
  • かわいだ みずき
  • の線もある、
  • と、ブランク。
  • 小山田も、話をあわせる。
  • デザインの件でもめて。
  • 谷中も被害者。
  • かわいだ みずき
  • 管理官が、
  • スーパーインポーズ法で、
  • 犯人を特定する。
  • 白骨とともに、発見されたぺん。
  • について、
  • 事情聴取する。
  • 高島礼子の回想。
  • お店。
  • 2000年2月
  • ニューヨークに行く、
  • と、言って、
  • 姿を消した。
  • 冗談かと、思ったら、
  • 身の回りのものが、消えていた。
  • 回想おわり。
  • 警察署に来て、
  • と、大岩。
  • 別件?
  • と、高島礼子
  • どう思われてもいい、
  • 事件の真相がわかれば、
  • と、大岩。
  • デザインを盗んでいるのでは?
  • と、村沢。
  • あんたの化けの皮をはいでやる、
  • と、村沢にキレる、高島礼子。

——————————————————————————————————————–


———————————————————————————————————————-

———————————————————————————————————————

  • 警視庁
  • 取調室。
  • 高島礼子の事情聴取。
  • 車の中。
  • 大岩とブランクが、世間話。
  • ブランクに、大岩がたずねる。
  • 刑事に大事なことって何?
  • と。
  • 女子力?
  • と、ボケる、ブランク。
  • あきらめのわるさ、だ。
  • と、大岩。
  • わたし、あきらめのわるさ、
  • には、自信があります、
  • と、ブランク。
  • 大岩の自宅。
  • 妻が、カレーを作っていた。
  • 世間話。
  • なくなった娘の写真の話。
  • ヒントタイム。
  • 伏線。
  • と、そこへ、
  • 部下から大岩に電話。
  • かわいだ みずきが、
  • 鑑識の目をすりぬけて、逃亡。
  • 探す、警察。
  • 逃げる、みずき。
  • こんなところで、何してるんですか?
  • と、みずきに話かける、管理官。
  • 等々力で発見。
  • なにかをかくした、
  • と、大岩。
  • かわいだ みずきに
  • 管理官、野口。
  • かぐら ひとみを
  • さつがい、したのは、 
  • 村沢で間違いない、
  • と、小山田大介。
  • アリバイを作ってから、
  • いたいをお台場まで運んだ。
  • と、小山田大介。
  • 警視庁
  • 取調室
  • かわいだ みずきを取調。
  • 大岩とブランクが、
  • セルフブランディング室を訪問する。
  • 警視庁の中に、
  • こんなところがあったなんて、
  • と、驚く、 ブランク。
  • セルフブランディング室室内は、
  • もなかグッズでいっぱい。
  • もなかが、父の手帳の話をする。
  • 手帳に写真をはさむのが、父の習慣。
  • 写真に手帳のあとがあった。
  • かぐらひとみの家宅捜索をしたが、
  • 手帳は出てこなかった。
  • ここで、
  • ブランクがラテアート
  • 白鳥。
  • ブランクの目が笑っていない、
  • と、ツッコミを入れる、もなか。
  • 笑っていない、
  • といえば、
  • もなかグッズの、
  • もなかの写真も、
  • と、ブランクがもなかに、
  • ツッコミを入れる。
  • グッズの中のもなかは、
  • 変わらない、
  • と、伏線。
  • 18年前、
  • われわれは、とんでもない間違いを犯していたのかもしれない、
  • と、小山田大介。
  • 山さん、頼みがあるんだが、
  • と、大岩。

———————————————————————————————————————


———————————————————————————————————————-

——————————————————————————————————————–

ここから

ネタバレです。

(ご注意下さい)

 

  • 警視庁
  • 合同捜査本部
  • 3人の遺影が並ぶ。
  • 大岩が、部下にゲキをとばす。
  • 谷中だけが本当のことを知った。
  • 谷中の無念を晴らす。
  • 部下一同、
  • はいっ!
  • 小山田大介が、いとうあさこに、お願い。
  • 家に、入れて、と。
  • わたしを口説いている、
  • と、いうていで、いとうあさこがノリノリ。
  • いとうあさこが、小山田を家に招く。
  • もなかが、会社
  • MIZUKI コーディネート
  • を捜査。
  • シュレッダー。
  • 小山田に電話する、もなか。
  • 大変です、
  • と、もなか。
  • 小山田と、管理官。
  • ゴミ箱置き場にある、
  • シュレッダーのゴミ袋の山を調べ始める。
  • 港。
  • 大岩と、もなかと、ブランクと、高島礼子。
  • 18年前の白骨と共に、
  • ペンが発見されたのは、
  • しろたあかね
  • かわいだみずき
  • 入れ替わり。
  • 18年前。
  • 本当の、
  • かわいだみずきのデザインを手に入れようとして、
  • 失敗した村沢が、かわいだみずきをさつがいして、
  • 雑木林に遺棄。
  • まさか、みずきがさつがいされていたなんて、
  • 知らなかった、
  • と、高島礼子。
  • 高島礼子の回想。
  • 頭の中で、悪魔が、ささやいた。
  • みずきのデザインを
  • 自分のものとして発表したら、
  • うまくいく、
  • と。
  • 回想おわり。
  • 村沢が、高島礼子の店に来る。
  • そして、一緒に、会社を作ろう、
  • と、持ちかける。
  • その際、村沢から名前をきかれて、
  • かわいだ みずき
  • と名乗った、高島礼子。
  • そして、会社名を
  • MIZUKI コーディネート
  • にした、村沢。
  • と、そこへ、田中美奈子が、登場。
  • 田中美奈子が、白状する。
  • わたしが、かわいだみずきの、
  • 実の妹、
  • と。
  • 学生のとき、非行していた自分を
  • 助けてくれた谷中なら、助けてくれる、
  • と、谷中に姉の捜索を依頼した、田中美奈子。
  • 谷中は、全てを見抜いていた。
  • やり直すなら、今だよ、
  • と、言われていた、
  • と、高島礼子。
  • 田中美奈子が、
  • MIZUKI コーディネート
  • に、入社したのは、
  • 姉を探すためだった。
  • 入社してから数年後に、
  • かわいだみずきの実の妹であることを
  • 高島礼子に打ち明けた、田中美奈子。
  • 姉が、いつか帰ってくると信じて、
  • がんばりましょう、
  • と、田中美奈子。
  • ところが、かぐらひとみが、
  • 知ってしまった。
  • かわいだみずきをさつがいしたのが、
  • 村沢だったことを。
  • 谷中刑事をさつがいしたのも、村沢。
  • かわいだみずきさつがいの件を知られたから。
  • そして、
  • 村沢をさつがいしたのは、高島礼子、
  • と、思いきや、
  • 田中美奈子だった。
  • 自首しようとした、田中美奈子、麻衣を
  • 止めたのが、高島礼子。
  • 名前を刻印したペんを捨てたのは、高島礼子。
  • 捜査をかく乱するため。
  • 小山田に突っ込まれ、
  • 白状する、高島礼子。
  • 実は、18年前、
  • あなたたちにあっていた、
  • と、高島礼子。
  • 高島礼子の回想。
  • 谷中刑事のお葬式で。
  • 高島礼子に捜査する決意をする大岩。
  • ここで、セーラー服の安達祐実、登場。
  • 回想おわり。
  • これからは、あなたの人生を生きてください、
  • と、大岩。
  • はい、
  • と、高島礼子。
  • 部下たちと、
  • ジュースで、献杯。
  • もなかに、父である、
  • 谷中警部補の手帳を渡す、大岩。
  • そして、
  • 捜査一課の赤いバッジも渡す。
  • もなかに、大岩が語る。
  • これからは、捜査一課と兼任だ、
  • と。
  • 第二の人生なんてない、
  • と、捜査一課との兼任を受ける、もなか。
  • さすが、谷中の娘。
  • と、大岩がもなかをほめる。
  • 部下たちを見て、
  • あいつらだったら、大丈夫、
  • と、小山田が、大岩に語る。
  • 刑事部長が、大岩たちをほめる。
  • 君、トランクだっけ?
  • と、刑事部長。
  • ブランクです、
  • と、ブランク。
  • 刑事部長がいいことを言う。
  • 回り道した分だけ。。。
  • 広報部ブランディング室。
  • 谷中もなかが、ひとり。
  • やっと終わったね、父さん、
  • と、もなか。
  • 父の手帳を開く。
  • 一部、やぶれている
  • まだ、おわっていない。。。
  • 次の事件の伏線?
  • 大岩の自宅。
  • あきらめないなんて、猫のかがみ、
  • と、飼い猫をほめる、大岩。
  • 笑う妻。
  • おしまい。
  • 次回、
  • 恋人を。。。

———————————————————————————————————————-

 

 

 

 

———————————————————————————————————————


———————————————————————————————————————-

 

感想

  • ここで一句

  • ドラマには
  • 安達祐実さん
  • 欠かせない
  • もう一句
  • 各ドラマ
  • 引っ張りだこの
  • 安達祐実
  • もう一句
  • セーラー服
  • 奇跡のアラフォー
  • 安達祐実
  • もう一句
  • アラフォーで
  • セーラー服の
  • 安達祐実
  • もう一句
  • 多才だね
  • ナイツのはなわ
  • ドラマ出る
  • もう一句
  • 内藤さん
  • いつでも刑事
  • 科捜研でも
  • もう一句
  • このドラマ
  • 芸人ばっかり
  • 出てくるよ。
  • っと、ツッコミを入れる、
  • わたしなのであった。
  • 犯人は、高島礼子
  • と、いうのは、
  • わかりやすいミスリードだな、
  • と、思った。
  • 最後、一周まわって、
  • 高島礼子が犯人?
  • と思いきや、
  • やっぱり、田中美奈子が、犯人だった。
  • 村沢さつがいの件だけは。
  • 他の、2件は、村沢が犯人。
  • スーパーインポーズ法は、
  • アンナチュラルでも出てきた。
  • www.mikazuki1.com

  • では、また。

———————————————————————————————————————-

  • お試し無料動画のご案内

見逃したかた、

録画し忘れたかたは、

こちらをどうぞ。  .

 

誤字脱字は、あとで、

リライトする予定です。

———————————————————————————————————————-

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
mikazukiをフォローする
スポンサーリンク
三日月の夜

コメント