スポンサーリンク

特捜9 一万年の殺人 無料動画 感想 ネタバレ あらすじ キャスト 視聴率 ここで一句 一万年 縄文時代の ことだった もう一句 イノッチの 正義感が 熱血だ もう一句 美智子さん 離婚しても 元気だね 2018年4月11日放送

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク


———————————————————————————————————————-

 

 

 

 

———————————————————————————————————————

この記事は、2018年4月12日18:27に更新しました。

 

f:id:mikazuki1:20180411205642j:plain

 

www.tv-asahi.co.jp

 

www.youtube.com

スポンサーリンク

INTRODUCTIONイントロダクション

“9係”から 『特捜9』 へ!
9係メンバーが特別捜査班として再結集!
井ノ原快彦演じる浅輪直樹を中心に若手刑事も新加入!
寺尾聰演じる新班長のもと、新たな捜査が始動する!

■新部署は警視総監肝いりの「特別捜査班」。直樹ら9係メンバーが再結集!

 “9係”の愛称で12年の長きにわたり、幅広い層に愛されてきた本格刑事群像ドラマ「警視庁捜査一課9係」が、この春、新たに生まれ変わります!“新班長”のもと、9係に所属していたメンバーが新部署「特別捜査班」として再編、難事件に立ち向かいます。 
 盤石のチームプレーで難事件を解決してきた警視庁捜査一課9係は解散。9係のメンバーはバラバラになっていました。しかし、1年間の空白期間を経て、神田川警視総監(里見浩太朗)は、初動捜査から送検まで早期の事件解決を目指す『独立した捜査班』の結成を指示。そのメンバーとして浅輪直樹(井ノ原快彦)ら“元・9係”のメンバーが再結集することになります。

■新班長を演じるのは、寺尾聰!若手刑事も加入!新たな魅力を加え新時代へ!

 シリーズ12年間を通して築いてきたバリエーションのある難事件と、それに付随する人間ドラマを描き出す「9係」テイストは「特捜9」でも継続。さらに新たな魅力を付け加え、新しい“時代”を築いていきます。
 元9係メンバーを特別捜査班として率いる班長・宗方朔太郎を演じるのは、円熟味のある大人の演技で幅広い視聴者層から高い支持を受けている名優、寺尾聰。警視庁人事課に勤務していた宗方は、数年前のとある事件を機に退職。今回、神田川警視総監の説得で復職しますが、その復職にも “ある理由”が隠されているなど、謎多き異色の班長です。 
 そんな寺尾演じる宗方班長率いる特別捜査班で、井ノ原演じる直樹を中心に小宮山志保(羽田美智子)、青柳靖(吹越満)、矢沢英明(田口浩正)、村瀬健吾(津田寛治)という超個性的な元9係メンバー、原沙知絵演じる監察医・早瀬川真澄が難事件に立ち向かいます。
 さらに倫太郎の娘・倫子(中越典子)とついに結婚、「特捜班」で主任となった直樹らのもとに新メンバーとして、山田裕貴演じる若手刑事・新藤亮が登場。実直な新藤ですが、現代っ子らしい、ゆとり世代の若者?と思わせる面も。直樹らと新班長、若手・新藤刑事がどんな化学反応を見せてくれるのか?大いに注目されます。 
「9係」から「特捜9」へ。パワフルに進化する本格刑事群像ドラマにご期待ください!

井ノ原快彦 コメント

 「9係season12」の最終回が終わった時に、次はどうなるんだろうというのが皆の関心事でしたし、もし万が一続くのであればどういう形にするのがいいのか、皆がそれぞれに考えていたと思うんです。12年築き上げたものがあるわけですから、一番いい形で再集結したいと思っていました。その“一番いい形”については、まだ考える余地があると思うので、これから詰めていこうと皆で話しているところです。ただ、こうして集まることが出来たことは単純にうれしいですね。 
 今回から直樹は主任になりますが、今まで主任は田口さんと僕以外の方はみんなやっていらっしゃる。結構移り変わっているので、特別な役職というよりは持ち回りで回ってきた、という感じです(笑)。あだ名みたいですね(笑)。ただ何かを決断する場面で、あ、主任とはこういうことか、と実感するのではないかと思っています。時には先輩ですけど、「村瀬!」なんて呼び捨てにすることがあってもいいとは思っています。 
 脚本を読んでキャラクターなどを決めつけて現場に行くと大変なことになる、それが「9係」の現場ですから、今回も撮影当日までどうなるかわからないという面白さがあります。新しい班長がいるということで、今までの関係性がこれまでとはガラッと変わるぐらいになっても面白いと思います。また新たなものが作り上げられると思いますね。

羽田美智子 コメント

 私としては、去年大変な山を一生懸命ともに登った仲間、という思いがあります。だから最終回が終わった後にみんなで話し合って。やめるならやめる、続けられるものならどういう形がいいんだろう、と模索しました。1年に一度「9係」で皆と会うことが習慣化されると、会っていない1年の間にみんながそれぞれにバージョンアップして集まる。だから自分がその間に何をやってきたか皆にバレてしまうから一生懸命やらなきゃと、常に思わせてくれる現場なんです。そんな場所にみんなで集まりたいという思いはあったのですが、それが実現できたので、さらにバージョンアップしたところをお見せしないといけないと思っています。 
 寺尾さんがこれまでとは違う形で私たちを包み込んでくださるような期待感があります。それだけでも十分安心感を頂いているのですが、また違うタイプのトップとして私たちと新たな関係を作っていけるのではないか、とすごく楽しみにしています。

吹越満 コメント

 またこのメンバーで集まることが出来て、単純にうれしいです。同じキャラクターを13年間ずっと続けるわけですが、僕はみんなと同じでこのキャラクターが好きなんです。だから続けられることがすごくうれしいです。いろいろ準備もしていまして、去年スーツ作ってもらって、わざとAOYAGEと間違った名前も入れてもらった。このネタを「season12」では使えなかったので、使うことなく終わっちゃっていた可能性があったんです(笑)。やっと今回使えると思うと、これまたすごくうれしいですね(笑)。 
 新しく出会うということで言うと、寺尾さんとは実際にお会いしたことがないんです。お仕事をご一緒するのも初めて。だから、その関係自体を芝居する必要なく始まる、と思っています。寺尾さんの第一声、関係を含めてまさにワクワクドキドキしていますね。もちろん我々は台本を読んで現場に入りますが、これから作っていく関係がやりにくい、ということがあってもそのままでいいのではないかと。時間が経てばその関係も変わっていくし、そういう意味ではいろいろな可能性があるということです。とにかく一緒にやらせていただくのが楽しみです。

田口浩正 コメント

 みんなでちょっと話していたのですが、それだけですでに5個ぐらいアイデアが出てくるんです。出来る出来ないは別として。そのネタはちょっと面白かったですね。それが本当にやっていけるような状況になって、転がっていくとまた新たに違う感じで面白くなるんじゃないか、という感触があります。さっき1時間ぐらい皆でペラペラしゃべっていただけで楽しみな現場になりました。 
 長年一緒のメンバーがいる、こういう現場に入ってくるわけですから、寺尾さんとしても複雑な気持ちで「よし、わかりました、やります」と来てくださるのだと思います。そこで僕らがどう一緒に作っていけるかだろうし、それが面白い方向に行ってくれるとまた面白いドラマになると思うので楽しみにしています。

津田寛治 コメント

 ネットニュースで読んだのですが、優秀な人ほど忖度を考えてしまうから可能性が広がらないらしいんです。こういうことをやりたいけど、他の部署に迷惑がかかるからやらない方がいいとか、怒られる前にやめてしまうから。ところが、今日みんなの話を聞いていたら、そんなことをやったらドラマが成立しないよ、みたいな意見がたくさん出てくるんですね。しかも誰もそれを止めないんです(笑)。本当にこのメンバーに忖度という言葉はないなと思いました(笑)。これからが本当に楽しみですね。絶対前回のシーズンとは同じものにはならない予感がするので楽しんでいきたいと思っています。 
 寺尾さんとご一緒したキャストの方、スタッフの方からお話を聞くと、寺尾さんはものすごく熱い方だと言われます。自分でピシッと決めて、芝居だけでなくスタッフワークのことも考えられてお仕事される方だと。要は人への思いがとても深い方だと思うんです。そういう方が自分の思いをプラスアルファして僕らと関わってくれたときにどんな化学反応が起きるのか、すごく楽しみです。

山田裕貴 コメント

 9係改め特捜9の新たなチームのメンバーとして仲間入りさせて頂く若手刑事、新藤亮を演じさせて頂きます。山田裕貴です。 
 初めてお話を聞いたときはあの絶妙なコンビネーションのチームに入り込んだらどうなるんだろうと少し楽しみでもあり、あの素晴らしいキャストの皆様の中で「絶対に埋もれてはダメだ」と「この春、生き残らなきゃ」と強く思いました(笑)。 
 情熱と冷静さを忘れず、プレッシャーをうまく原動力にしてしっかり皆様と役に食らいついて、役を生きようと思います。そして、今まであまり山田裕貴を知らなかった皆様にも、新藤亮を通して山田裕貴という俳優を記憶に残してもらえるよう一瞬、一瞬を大切に撮影に臨みます。

大川武宏ゼネラルプロデューサー コメント

「特捜9」では「9係」で12年間培った個性派刑事達による「複眼捜査」の面白さをさらに高めていきたいと思います。また今回どのような形でもう一度メンバーが集結するのかも見どころです。新しい船出にご期待下さい。

 

www.tv-asahi.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 拳銃を手に宝石店を襲撃、逃走した2人組の強盗犯を追う浅輪直樹(井ノ原快彦)。現在の肩書は渋谷中央警察署刑事課主任だ。走る直樹は目の前に突然現れた若い男と接触し倒れてしまうが、男は直樹を羨望の眼差しで見返すと新宿中央署の新藤亮(山田裕貴)と自己紹介、直樹とともに追跡を開始する。
  •  とあるショッピングモールに逃げ込んだ犯人を見つけた直樹は、ゆっくりとその距離を狭め…一般客に害が及ばないよう気遣いながら、見事に強盗犯の身柄を確保する。
  •  翌日、直樹が今では妻となった倫子(中越典子)と話していると人事から呼び出しの電話が入る。警視総監室に向かった直樹は、神田川警視総監(里見浩太朗)から、しがらみに左右されず初動捜査から送検まで一手に行うチームとして「特別捜査班」を立ち上げると聞かされる。そこには、班長に任命された男・宗方朔太郎(寺尾聰)の姿があった。
  •  さっそく「特捜班」の部屋をあてがわれるが、メンバーは宗方と直樹の2人きり…。宗方から「特捜班」のメンバーを集めるように言われた直樹は、さっそく志保(羽田美智子)に声をかけるが、「うまくいかないんじゃないかな?」と断られてしまう。村瀬(津田寛治)は電話にも出てくれず、話を聞いてくれたのは矢沢(田口浩正)だけ。更に、矢沢によると青柳(吹越満)は警察を辞めてしまったという。そこで、直樹は矢沢とともに青柳に直談判をしに行くが、「戻っても同じ事の繰り返しだろ?」と言われてしまう。
  •  そんな中、東中野署の村瀬から「特捜班」への“出動要請”が入る。事件は縄文土器の発掘現場で美穂(実咲凜音)という大学講師の遺体が発見された、というもの。そばには青酸性の毒物が入っていたと思われるビンが落ちており、警視庁捜査一課は服毒自殺と判断。後処理を村瀬らに押し付けたというが、村瀬はその判断に納得していないらしい。
  •  臨場した直樹も、現場の様子から自殺という判断に疑問を抱き、真澄(原沙知絵)の解剖に立ち会うことに。とそこに、真澄に呼ばれた志保がやってくる。更に、積極的に動く気配のなかった宗方も、事件の核心に触れ…?そして、直樹らは徐々に警察組織の闇へと近づいていくのだが…!?
  • ゲスト
  • 井出博光(いで・ひろみつ)………宮川一朗太
  • 木場伸一(きば・しんいち)………堀池直毅
  • 野村美穂(のむら・みほ)………実咲凜音

 

 

 

相関図

 

 

 

 

 

 

 

キャスト

CAST

 
浅輪直樹(あさわ・なおき)………井ノ原快彦小宮山志保(こみやま・しほ)………羽田美智子青柳靖(あおやぎ・やすし)………吹越満村瀬健吾(むらせ・けんご)………津田寛治矢沢英明(やざわ・ひであき)………田口浩正新藤亮(しんどう・りょう)………山田裕貴早瀬川真澄(はやせがわ・ますみ)………原沙知絵浅輪倫子(あさわ・みちこ)………中越典子猪狩哲治(いかり・てつはる)………伊東四朗神田川宗次朗(かんだがわ・そうじろう)………里見浩太朗宗方朔太郎(むなかた・さくたろう)………寺尾聰

浅輪直樹(あさわ・なおき)………井ノ原快彦

浅輪直樹 (あさわ・なおき) ………井ノ原快彦

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・巡査部長。
新班長・宗方から最初に召集された特捜班のメンバー。正義感が人一倍強く、曲がった事が大嫌いな性格の持ち主。頭の良さや運動能力に関しては二十代で捜査一課に抜擢されただけのことはある。加納倫太郎の娘・石川倫子とついに結婚。

小宮山志保(こみやま・しほ)………羽田美智子

小宮山志保 (こみやま・しほ) ………羽田美智子

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部補。
仕事に生きる女として覚悟を決めていたが、ついに結婚も視野に入れているようで、直樹からの特捜メンバー召集の連絡にも、これまでとは異なる反応を見せるが…?一方で、頼りになる女性としての一面も健在。捜査では手腕も発揮していく。

村瀬健吾(むらせ・けんご)………津田寛治

村瀬健吾 (むらせ・けんご) ………津田寛治

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部補。
大学卒業後、ノンキャリアとして警視庁に入るが、自分の能力はキャリア以上と信じて疑わない自信過剰の男。実際、頭の回転はよく、品行方正で、何をやってもそつのないエリート刑事である。出世しか頭にないようだが、実は熱い刑事魂を内に秘めている。

青柳靖(あおやぎ・やすし)………吹越満

青柳靖 (あおやぎ・やすし) ………吹越満

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部補。
反骨精神の塊のような男で、金持ちと上流階級が大嫌いな皮肉屋。同居している恋人の垣内妙子は、暴力団から青柳が救出した。それゆえ反社会勢力の事件には過剰反応する。妙子との関係をよく思わない警察組織のなかで、刑事という職業を巡り葛藤する。妙子のことで辞表を提出し、無職となっていたが、再び刑事の道に戻る決心をする。

矢沢英明(やざわ・ひであき)………田口浩正

矢沢英明 (やざわ・ひであき) ………田口浩正

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・巡査部長。
持ち前の大らかな心で、変人・青柳を受け止めて、聞き役やサンドバックに徹することもできれば、時には厳しく叱ることもできる優れた相棒。奥さんの矢沢早苗は売れっ子の漫画家。今回も退職した青柳を相棒として、直樹とともに特捜班に勧誘するが…。

新藤亮(しんどう・りょう)………山田裕貴

新藤亮 (しんどう・りょう) ………山田裕貴

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・巡査。
新たに特捜班に加入する元新宿中央警察署刑事課の若手刑事。積極的で実直ではあるが、その一方でゆとり世代的な若者気質の持ち主。そんな性格からか、時に軽々しい発言をしてしまい、直樹に怒られたり、特捜班のメンバーとも衝突したりすることも?

浅輪倫子(あさわ・みちこ)………中越典子

浅輪倫子 (あさわ・みちこ) ………中越典子

パティシエールとして活躍している。加納倫太郎の実の娘。
直樹と出会い、好感を持つが、亡き母を苦しめた父・倫太郎を恨むが故、警察官が大嫌いだった。直樹とは紆余曲折あったが、今回めでたく結婚!新婚生活を謳歌している。

早瀬川真澄(はやせがわ・ますみ)………原沙知絵

早瀬川真澄 (はやせがわ・ますみ) ………原沙知絵

東京都監察医務院に勤務する監察医。
事件遺体に関する臨床例を求めて大学の法医学研究室から転職した法医学者。その動機はどうやら近親者の不審死らしいが、詳細は明かされていない。遺体に関する徹底的なプロフェッショナル。女同士、そして友達がいないもの同士、志保とは仲が良い。

猪狩哲治(いかり・てつはる)………伊東四朗

猪狩哲治 (いかり・てつはる) ………伊東四朗

警視庁鑑識員。
志保が所轄署勤務のころ、同じ所轄で鑑識員として勤務。すでに定年退職していたが、鑑識の腕を買われて復職、現役として活動している。口数の少ない職人肌の仕事人だが、懐の深い頼り甲斐のあるベテラン。彼の心ある一言が事件解決のヒントになることも。

神田川宗次朗(かんだがわ・そうじろう)………里見浩太朗

神田川宗次朗 (かんだがわ・そうじろう) ………里見浩太朗

警視総監。
冤罪と警察の隠蔽体質を誰よりも嫌い、元警察庁の首席監察官で現法務大臣の高森を危険人物と感じている。加納倫太郎がテロ対策室に出向になり、解散の憂き目に遭った9係を高く評価していて特別捜査班として再結集を宗方朔太郎に託す。

宗方朔太郎(むなかた・さくたろう)………寺尾聰

宗方朔太郎 (むなかた・さくたろう) ………寺尾聰

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部。
警視総監・神田川から直々に特別捜査班班長に任命された元人事課職員。かつて監察官の補佐として警察内部の事件に関わっていたが、5年前のとある事件をきっかけに2歳の桜庭琴美を引き取り、退職。妻と共に琴美を育てていたが、その妻も他界。現在一人で琴美を育てている。神田川からの特捜班への復帰も断ろうとしていたが、あることを理由に引き受ける。ただし「子育て優先の9時5時」が条件。一風変わった男だが、5年前の事件など、隠された秘密は多そうで…。

  •  

    www.tv-asahi.co.jp

  • 浅輪直樹 (あさわ・なおき) ………井ノ原快彦

    警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・巡査部長。
    新班長・宗方から最初に召集された特捜班のメンバー。正義感が人一倍強く、曲がった事が大嫌いな性格の持ち主。頭の良さや運動能力に関しては二十代で捜査一課に抜擢されただけのことはある。加納倫太郎の娘・石川倫子とついに結婚。

  •  

    小宮山志保 (こみやま・しほ) ………羽田美智子

    警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部補。
    仕事に生きる女として覚悟を決めていたが、ついに結婚も視野に入れているようで、直樹からの特捜メンバー召集の連絡にも、これまでとは異なる反応を見せるが…?一方で、頼りになる女性としての一面も健在。捜査では手腕も発揮していく。

  •  

    村瀬健吾 (むらせ・けんご) ………津田寛治

    警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部補。
    大学卒業後、ノンキャリアとして警視庁に入るが、自分の能力はキャリア以上と信じて疑わない自信過剰の男。実際、頭の回転はよく、品行方正で、何をやってもそつのないエリート刑事である。出世しか頭にないようだが、実は熱い刑事魂を内に秘めている。

  •  

    青柳靖 (あおやぎ・やすし) ………吹越満

    警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部補。
    反骨精神の塊のような男で、金持ちと上流階級が大嫌いな皮肉屋。同居している恋人の垣内妙子は、暴力団から青柳が救出した。それゆえ反社会勢力の事件には過剰反応する。妙子との関係をよく思わない警察組織のなかで、刑事という職業を巡り葛藤する。妙子のことで辞表を提出し、無職となっていたが、再び刑事の道に戻る決心をする。

  •  

    矢沢英明 (やざわ・ひであき) ………田口浩正

    警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・巡査部長。
    持ち前の大らかな心で、変人・青柳を受け止めて、聞き役やサンドバックに徹することもできれば、時には厳しく叱ることもできる優れた相棒。奥さんの矢沢早苗は売れっ子の漫画家。今回も退職した青柳を相棒として、直樹とともに特捜班に勧誘するが…。

     

  • 新藤亮 (しんどう・りょう) ………山田裕貴

    警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・巡査。
    新たに特捜班に加入する元新宿中央警察署刑事課の若手刑事。積極的で実直ではあるが、その一方でゆとり世代的な若者気質の持ち主。そんな性格からか、時に軽々しい発言をしてしまい、直樹に怒られたり、特捜班のメンバーとも衝突したりすることも?

     

  • 浅輪倫子 (あさわ・みちこ) ………中越典子

    パティシエールとして活躍している。加納倫太郎の実の娘。
    直樹と出会い、好感を持つが、亡き母を苦しめた父・倫太郎を恨むが故、警察官が大嫌いだった。直樹とは紆余曲折あったが、今回めでたく結婚!新婚生活を謳歌している。

     

  • 早瀬川真澄 (はやせがわ・ますみ) ………原沙知絵

    東京都監察医務院に勤務する監察医。
    事件遺体に関する臨床例を求めて大学の法医学研究室から転職した法医学者。その動機はどうやら近親者の不審死らしいが、詳細は明かされていない。遺体に関する徹底的なプロフェッショナル。女同士、そして友達がいないもの同士、志保とは仲が良い。

     

  • 猪狩哲治 (いかり・てつはる) ………伊東四朗

    警視庁鑑識員。
    志保が所轄署勤務のころ、同じ所轄で鑑識員として勤務。すでに定年退職していたが、鑑識の腕を買われて復職、現役として活動している。口数の少ない職人肌の仕事人だが、懐の深い頼り甲斐のあるベテラン。彼の心ある一言が事件解決のヒントになることも。

     

  • 神田川宗次朗 (かんだがわ・そうじろう) ………里見浩太朗

  • 警視総監。
    冤罪と警察の隠蔽体質を誰よりも嫌い、元警察庁の首席監察官で現法務大臣の高森を危険人物と感じている。加納倫太郎がテロ対策室に出向になり、解散の憂き目に遭った9係を高く評価していて特別捜査班として再結集を宗方朔太郎に託す。

  • 宗方朔太郎 (むなかた・さくたろう) ………寺尾聰

    警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部。
    警視総監・神田川から直々に特別捜査班班長に任命された元人事課職員。かつて監察官の補佐として警察内部の事件に関わっていたが、5年前のとある事件をきっかけに2歳の桜庭琴美を引き取り、退職。妻と共に琴美を育てていたが、その妻も他界。現在一人で琴美を育てている。神田川からの特捜班への復帰も断ろうとしていたが、あることを理由に引き受ける。ただし「子育て優先の9時5時」が条件。一風変わった男だが、5年前の事件など、隠された秘密は多そうで…

  • 番組名

  • 特捜9 #1
  • 「一万年の殺人」
  • 番組概要

  • “9係”から『特捜9』へ!!
  • 新たに特別捜査班が誕生!
  • 解散した9係のメンバーたちが、
  • 浅輪直樹(井ノ原快彦)の声掛けで再結集!
  • 新班長(寺尾聰)の元で、
  • 難事件に挑む!
  • 番組詳細

  • 逃走する強盗犯を見事に確保した翌日、
  • 直樹(井ノ原快彦)は警視総監室に呼び出される。
  • 神田川(里見浩太朗)から
  • 「特別捜査班」を立ち上げると聞かされ、
  • 班長に任命された宗方(寺尾聰)と会う。
  • 宗方からメンバーを集めるように言われた直樹は、
  • 志保(羽田美智子)、
  • 村瀬(津田寛治)、
  • 矢沢(田口浩正)、
  • 青柳(吹越満)に連絡するが良い返事をもらえず…。
  • そんな中、
  • 縄文土器の発掘現場で遺体が発見された
  • という事件が起き…?
  • 井ノ原快彦、
  • 羽田美智子、
  • 津田寛治、
  • 吹越満、
  • 田口浩正、
  • 山田裕貴、
  • 中越典子、
  • 原沙知絵、
  • 寺尾聰
  • 深沢正樹
  • 杉村六郎
  • 吉川清之
  • V6『Crazy Rays』(avex trax)
  • 【ゼネラルプロデューサー】大川武宏(テレビ朝日)
  • 【プロデューサー】神田エミイ亜希子(テレビ朝日)、
  • 金丸哲也(東映)、小高史織(東映)
  • ☆番組HP http://www.tv-asahi.co.jp/tokusou9/
  • ☆Twitter https://twitter.com/5drama9tokusou

———————————————————————————————————————-

 

 

 

 

———————————————————————————————————————

  •  

———————————————————————————————————————

 

 

———————————————————————–

 

 

 

———————————————————————————————————————


———————————————————————————————————————-

———————————————————————————————————————

  • 小宮山志保が、万引き犯をつかまえるなど、
  • 元メンバーが、各々、活躍する。
  • 浅輪直樹が、後輩と一緒に
  • 犯人を逮捕。
  • 弱いものは守る、
  • 基本だよね。
  • と、かっこよく言う。
  • 宗方朔太郎
  • 警視庁
  • 神田川宗次朗と宗方朔太郎。
  • 神田川宗次朗が、宗方朔太郎。
  • 警察官は、清廉潔白が必要。
  • 条件があります。
  • 子育て優先。
  • わかった。
  • 他のメンバーは?
  • 君に任せる。
  • 浅輪の自宅。
  • 浅輪直樹と、浅輪倫子 が、イチャイチャ。
  • と、そこへ、
  • 浅輪直樹に電話。
  • 呼び出し。
  • 警視庁
  • 警視総監室
  • 神田川宗次朗と宗方朔太郎がいる。
  • 神田川宗次朗が、宗方朔太郎を紹介する。
  • 浅輪直樹に。
  • 宗方班長が、浅輪直樹巡査部長を指名。
  • 辞令が下りる。
  • 浅輪直樹が、あせる。
  • かのうは警視総監に一任。
  • 用意してある部屋に
  • 案内される、宗方班長と浅輪直樹巡査部長。
  • お互いに自己紹介する。
  • 警察をやめたんですよね?
  • と、浅輪。
  • 諸般の事情で、
  • と、宗方班長。
  • 宗方班長は浅輪直樹巡査部長に、
  • 他のメンバーを集めるよう、
  • 指示する。
  • 9係が、うまくいかなかった理由を知ってます?
  • と、
  • 開校記念日。
  • 子育て優先、
  • と言って、帰る、宗方班長。
  • ここでオープニングテーマ

———————————————————————————————————————


———————————————————————————————————————-

———————————————————————————————————————-

  • ハート形土偶
  • 長縄さん、素敵、
  • と、小宮山志保。
  • と、そこへ、
  • 小宮山志保に、浅輪直樹から電話。
  • メンバーになって、と。
  • 小宮山志保は、丁重に断る。
  • 1年前の事件のせいで。
  • 村瀬健吾が、
  • 大学での盗難事件を捜査。
  • 井出 いで ひろみつ
  • きば
  • 学術的損失
  • レプリカ
  • 青柳靖は、警察をやめた、
  • と、
  • 青柳靖の自宅を訪問する、
  • 浅輪直樹と矢沢英明。
  • 垣内が出てくる。
  • と、そこへ、
  • 青柳がかえってくる、
  • 川べり。
  • 浅輪直樹と矢沢英明と、青柳が、
  • 相談。
  • 青柳は、転職活動中。
  • 警察には戻らない、
  • と、浅輪直樹と矢沢英明に、語る。
  • 青柳は、去る。
  • 矢沢英明は、浅輪直樹に、
  • 青柳を説得してみる、
  • と、約束する。

——————————————————————————————————————–


———————————————————————————————————————-

———————————————————————————————————————

  • 浅輪に電話。
  • 村瀬から、出動要請。
  • 行ってらっしゃい、
  • と、班長。
  • 班長に、矢沢の子供と同じくらいの子供がいる、
  • と、浅輪が、矢沢に説明する。
  • 現場
  • 村瀬が、説明。
  • 野村みほ
  • 青酸性毒物。
  • 村瀬は納得していない。
  • 鑑識の報告に。
  • で、浅輪に意見を求める。
  • もがき苦しんだ形跡がない、
  • と、浅輪。
  • 監察医
  • 早瀬川
  • 真澄ますみ
  • 特捜班のお手並み
  • 小宮山がやってくる。
  • 真澄が、小宮山を呼んだ。
  • 小宮山の、新しいお友達が、古墳に詳しいから。
  • 真澄に、既往症を調べて、
  • と、小宮山。

———————————————————————————————————————


———————————————————————————————————————-

——————————————————————————————————————–

ここから

ネタバレです。

(ご注意下さい)

 

  • 班長
  • 変形性膝関節症
  • 悪いほうの足をふみだせないから、
  • もういっぽうの足を使っていた。
  • そうそう、足ひきづってた、
  • と、
  • ご遺体は、妊娠していた、
  • と、
  • 柴崎刑事部長が、事故として処理するから、
  • 手を引け、
  • と、言ってきた、
  • と、班長。
  • 浅輪に
  • 特捜班の意味がありません、
  • と。
  • じさつと決めつけるわけにはいかない、
  • 小宮山たちに指示する、浅輪。
  • 監察医が、宗像にあいさつ。
  • 土偶って、いろんな
  • が、推理。
  • いで大臣。
  • 理事長
  • スキャンダルを避けたい。
  • 高森大臣。
  • そんなことするかしら、
  • と、
  • いろんな顔を持っている、
  • と、
  • 警視総監室。
  • がを、叱責する。
  • 高森大臣からの指示か?
  • そういうしがらみを
  • 取り除きたい、
  • と、総監。
  • 現場。
  • と、。
  • 縄文時代
  • 1万年以上続いた。
  • ここで、タイトル回収。
  • さくまあきら。
  • IT
  • 志保
  • 子育て優先だから、帰った班長。
  • 班長を調べていた、。
  • 中途半端な状況で戻れない、
  • と、
  • ミートゥーだ、
  • と。
  • 組織をつくると、ストレスがたまる。
  • 縄文人に、じさつ、なんて、
  • あったかな?
  • と、班長。
  • と、そこへ、
  • 女の子。
  • お父さんと待ち合わせ?
  • と、たずねる、浅輪。
  • お父さんじゃないもん、
  • と、女の子。
  • えっ!
  • と、驚天動地の浅輪。
  • 中毒死
  • 妊婦が、じさつなんて、するかな?
  • と、
  • 浅輪、
  • 本を読む。
  • どうしてないんだ?
  • ハート形土偶?
  • ここにあるはずの、ハート形土偶。
  • どっかできいた
  • 顔が仮面なのか、デフォルメなのか、
  • わかってないのよね。
  • と、
  • ハート形土偶には、期待が。
  • 落として割った?
  • 村瀬が、部下に指示。
  • 土偶のありか。
  • 処分しちゃったんじゃないですかねぇ、
  • と、部下。
  • ちょっとまったー、
  • と、村瀬。
  • これを復元しろって?
  • 相変わらずの無茶ぶりだな。
  • と、鑑識の、いかり。
  • 猪狩。
  • 特別捜査班
  • 人事課職員
  • 書類上はそうなっているのか?
  • と、意味深な、
  • 気を許していい男。。。
  • でもないがね、
  • と、猪狩。
  • ハート形土偶を復元した猪狩。
  • のむらみほの父親の見当がついた、
  • と、
  • 気を隠すなら森の名
  • 美穂は、家庭のある人を愛してしまった。
  • 大学からも考古学会からも追放しようとした。
  • ねつ造した。
  • いいなりになって、
  • のむらみほをさつがいした。
  • のむらみほは、気持ちを確かめるために、
  • 研究室をたずねた。
  • ハート形土偶を手にして。
  • みほと井出。
  • もみあう。
  • はぐれし、
  • と、思ったら、まだ生きていた。
  • きばしんいち
  • とみおかたかこを呼び出した。
  • 井出が指示。
  • 発掘現場で、じさつに見せかけて、
  • さつがいした。
  • 他の土偶もこわして、
  • きをかくすなら、もりのなか。
  • あさわ
  • 警察は、事故で処理したのでは?
  • と、
  • 高森大臣をたてにしてきたか?
  • と、
  • そういうつまらないしがらみに、
  • さつじんの主犯として、逮捕します、
  • と、かっこよく言う、浅輪。
  • 釣り。
  • 釣れますか?
  • と、に話しかける班長。
  • 女の子をつれて。
  • 時間をどう使うか、
  • と、意味深な、発言を残して、
  • またね、
  • と、女の子。
  • バイバイ、
  • と、女の子。
  • ごめんな、
  • と、青柳。
  • と、そこへ、
  • 採用の電話。
  • と が、去る。
  • 残らせて、
  • と、
  • ここにいたほうが、
  • 輝けるから、
  • と、
  • 主任だよ、
  • と、村瀬も残る。
  • あとは、青柳さんが戻ればなぁ、
  • と、
  • と、そこへ、
  • 青柳もかえってくる。
  • IDカード申請しないとね。
  • と、青柳。
  • 調査会社、落ちたんですね、
  • と、
  • みんな、そろった。
  • 浅輪が主任。
  • 巡査部長だけど、
  • 総監室。
  • 高森法務大臣も大変だな、
  • と、総監。
  • 特捜ナイン。
  • これで、満足してくれるかな?
  • 浅輪たちが、お茶する。
  • お迎えの時間、
  • と、班長が帰る。
  • 悪い奴じゃない、
  • 気を許していい
  • 1年前の事件
  • 見返すてやろう、
  • と、結束する、みんな。
  • つづく。

———————————————————————————————————————-

 

 

 

 

———————————————————————————————————————


———————————————————————————————————————-

 

感想

  • ここで一句

  • 一万年
  • 縄文時代の
  • ことだった
  • もう一句
  • イノッチの
  • 正義感が、
  • 熱血だ
  • もう一句
  • 美智子さん
  • 離婚しても
  • 元気だね
  • もう一句
  • 典子さん
  • 結婚しても
  • 美人だね
  • 脚本家
  • テンポがよくて
  • はずれなし
  • では、また。

———————————————————————————————————————-

  • お試し無料動画のご案内

見逃したかた、

録画し忘れたかたは、

こちらをどうぞ。  .

 

誤字脱字は、あとで、

リライトする予定です。

———————————————————————————————————————-

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
mikazukiをフォローする
スポンサーリンク
三日月の夜

コメント