スポンサーリンク

エイプリルフール 2018 企業 Google が サーチコンソール に ネタ Recrawl と Rickroll のダジャレ Recrawl nowを クリックすると YouTubeのRick Astley Never Gonna Give You Upに遷移 ここで一句 日本人に 英語のダジャレは 難しい 字余り

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク

———————————————————————————————————————-

 

 

 

 

———————————————————————————————————————

この記事は、2018年4月7日17:14に更新しました。

 

    • ググっても、日本語ではまだ、解説がのってない。
    • だから、記事にしてみた。
    • 英語でも、エイプリルフールネタとしては、
    • まだ、解説されていない。
    • でも、Rickroll自体は、有名で、
    • ウィキペディア
    • Wikipediaにものっている。
    • Google が サーチコンソール
    • にエイプリルフールネタ
    • Recrawl と Rickroll のダジャレ
    • 英語圏国民 爆笑ネタ
    • Recrawl nowを クリックすると
    • YouTubeのRick Astley –
    • Never Gonna Give You Up
    • に遷移する。

———————————————————————————————————————-

 

 

 

 

———————————————————————————————————————

f:id:mikazuki1:20180401172148j:plain

リックロール – Wikipedia

  • リックロール (Rickroll) とは、
  • リック・アストリーの1987年の楽曲
  • 「Never Gonna Give You Up」
  • (邦題: 「ギヴ・ユー・アップ」)の
  • ミュージック・ビデオへの釣りリンクをクリックし、
  • この動画を観て感銘を受けることをいう。
  • リックロール (Rickroll) とは、
  • リック・アストリーの
  • 1987年の楽曲「Never Gonna Give You Up」
  • (邦題: 「ギヴ・ユー・アップ」)の
  • ミュージック・ビデオへの釣りリンクをクリックし、
  • この動画を観て感銘を受けることをいう。
  • 英語圏の画像掲示板である4chanにおいて、
  • 「エロ動画のリンク先」などと称して
  • 別の動画にアクセスさせる、
  • いわゆる「釣り」行為が多発していた。
  • 釣り動画は「ダックロール」 (duckroll) と呼ばれる、
  • 車輪の付いたアヒルのおもちゃの動画が定番
  • となっていたが、
  • 2007年にいつものダックロールの代わりに
  • リック・アストリーの「Never Gonna Give You Up」の
  • ミュージック・ビデオへのリンクが張られたのが
  • そもそもの発端である[1]。
  • 「Never Gonna Give You Up」は
  • 1980年代後半に世界的に大ヒットした楽曲だが、
  • 今となっては時代遅れなダンスや
  • 楽曲が英語圏のインターネット利用者に衝撃を与え、
  • 釣りリンクを踏んだ人たちは
  • 動画サイトのコメント欄に
  • 「Rickrolled」(リックロールされた)などと書き込んだ。
  • その後、
  • いくつかのメジャーなメディアで報道され、
  • 「Never Gonna Give You Up」の
  • パロディ動画が作られたりするなど、
  • 4chanのみならず
  • 英語圏のインターネット全体で
  • リックロールが流行することとなった。
  • 影響
  • リックロールの流行により
  • リック・アストリー本人への注目も集まり、
  • 2008年11月に行なわれた
  • MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードでは、
  • 大量のオンライン投票により、
  • 「Best Act Ever(過去最高の歌手)賞」を
  • 受賞してしまう事態となるが、
  • この異常な状況に対してアストリー本人は
  • 「I just felt it was a bit of a daft award.
  • (ちょっとばかりふざけた賞だなと思うだけ)」とし、
  • 「I think MTV were thoroughly rickrolled
  • (MTVは完全にリックロールされたんだと思う)」
  • と述べたが、
  • その一方で、
  • 自分に投票してくれた人々に対して
  • 感謝の言葉も述べている[2]。
  • なお、
  • YouTubeでの「Never Gonna Give You Up」の
  • 動画再生回数は3,900万回
  • (2017年8月現在、3億4千万回以上)に及んだが、
  • アストリー本人が作詞作曲した楽曲でないため、
  • アストリーが手にした印税はわずか12ドルだった[3]。
  • ———————————————————————————————————————-

     

     

     

     

    ———————————————————————————————————————

    リック・アストリー – Wikipedia

  • アストリーリック・アストリー
  • Rick Astley
  • 出生名 リチャード・ポール・アストリー
  • Richard Paul Astley
  • 生誕 1966年2月6日(52歳)
  • 出身地 イングランドの旗
  • イングランド ランカシャー州ニュートン・ル・ウィローズ
  • ジャンル ポップス
  • ブルー・アイド・ソウルユーロビート
  • 職業
  • シンガーソングライター
  • 活動期間 1985年 –
  • 現在レーベル RCAソニーミュージック
  • 共同作業者 ストック・エイトキン・ウォーターマン
  • 公式サイト
  • RICKASTLEY.co.uk
  • リチャード・ポール・“リック”・アストリー
  • (Richard Paul “Rick” Astley、1966年2月6日 – )は
  • イギリスの歌手、シンガーソングライター。
  • イギリスのランカシャー州で生まれ、
  • 歌手活動をしていたときに
  • 音楽プロデューサーのピート・ウォーターマンに見出される。
  • 華奢なルックスに似合わない、
  • 黒人のようなソウルフルな声が特徴である
  • (これは当時「リッチー&ビューティーな歌声」と言われていた)。
  • 1987年に
  • ストック・エイトキン・ウォーターマンの
  • プロデュースのもとでリリースした
  • 「Never Gonna Give You Up」と、
  • それに続く「Together Forever」が
  • 世界的な大ヒットとなり
  • スターダムにのし上がる。
  • 日本でもデビューアルバムの
  • 『Whenever You Need Somebody』が
  • オリコン洋楽アルバムチャートで
  • 1988年4月18日付から3週連続1位を獲得[1]する
  • などバブル景気真っ只中のディスコブームに
  • 乗り大ヒットとなり、
  • 数回に渡り来日しテレビ出演や
  • ライブを行ったほか、
  • 三ツ矢サイダーのテレビCMにも出演していた事がある。
  • 1990年代に入り、『Free』や、
  • ソウルフルな『Body & Soul』
  • といったセルフプロデュースの意欲作を発表するも、
  • しばらくの間は人気の低迷が続き、
  • その後、子育ての為に一時休業するが、
  • 2001年にポリドールよりリリースしたアルバム
  • 『Keep It Turned On』、
  • そして1stシングル「Sleeping」、
  • 2ndシングル「Keep It Turned On」が
  • ドイツをはじめヨーロッパでヒットし、
  • さらに2005年にリリースしたアルバム『Portrait』が
  • イギリス国内チャートの26位にまで上がり、
  • 見事に人気が復活した。
  • 「Never Too Much」などのディスコヒットで有名な、
  • ルーサー・ヴァンドロスの大ファンで、
  • リック・アストリーのソウルフルな歌声は、
  • ルーサー・ヴァンドロスから影響を受けたと言われている。
  • 2012年7月21日・22日放送の
  • フジテレビの
  • 『FNS27時間テレビ 笑っていいとも!
  • 真夏の超団結特大号!! 徹夜でがんばっちゃってもいいかな?』
  • のテーマ曲に「Together Forever」が使用された
  • (ただし番組で使用されたのはA. Kay-B.J.のカヴァーヴァージョンである)。
  • 2014年11月には25年ぶりの単独来日公演を行い、
  • また、2015年には
  • フジテレビの『SMAP×SMAP』のコーナー
  • 「S-LIVE」(2月2日放送)に出演した。
  • 2016年、アルバム『50』をリリース。
  • デビューアルバムの
  • 『Whenever You Need Somebody』以来、
  • 約29年ぶりとなる
  • 全英アルバムチャート1位(初登場1位)を獲得した。
  • 2017年8月に来日しサマーソニックに出演[2]。
  • リックロール
  • 「リックロール」を参照2007年頃から、
  • 主に英語圏のインターネット掲示板で
  • リックロール(RickRoll)と呼ばれる引っ掛けが流行するようになった。
  • これは興味を引く内容のタイトルの動画をアップロードし
  • (例えば映画本編の違法アップロードなど)、
  • 見た者がリンクをクリックすると、
  • リックの「Never Gonna Give You Up」の動画であるという、
  • 俗に「釣り動画」と呼ばれる悪戯である
  • (日本においても山口弘美の
  • 「私の彼はジャイアンツファン」の動画が
  • これに近い使われ方をすることがある)。
  • このリックロール現象により、
  • その声質と歌唱力が改めて評価されることとなった。
  • 2008年には同楽曲が
  • 全英シングルチャートで73位に再チャートインした。
  • 他にも、
  • 2008年のMTVヨーロッパ・ミュージック・アワードにおいて
  • インターネットからの大量の投票により
  • 「Best Act Ever(史上最高のアーティスト賞)」を受賞するなどしている。
  • 上述の通り、リック・アストリーは
  • 2017年8月20日のサマーソニック東京に出演しているが、
  • 彼自身のステージ終了後、
  • 同日のヘッドライナーのフー・ファイターズのステージに飛び入り参加し、
  • 「Never Gonna Give You Up」を熱唱した[3]。
  • これは、リックロールのブームの際、
  • 同曲とニルヴァーナ
  • (フー・ファイターズのフロントマン、
  • デイヴ・グロールはこのバンドのドラマーだった)
  • の大ヒット曲
  • 「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」が
  • マッシュアップされたものが、
  • ネット上で大流行したことに因む。

 

———————————————————————————————————————-

 

 

 

 

———————————————————————————————————————

  • dic.nicovideo.jp

  • リック・アストリーとは、

  • イギリスの歌手、シンガーソングライターである。

  •  

    概要

  • 1966年生まれ。

  • 十代の頃にはドラマーとして「FBI」というバンドに参加していたが、

  • その後同バンドのメンバーが脱退したことから

  • ボーカルを担当するようにもなった。

  • その歌声に注目した業界人により見いだされ、

  • ロンドンのレコーディングスタジオで楽曲制作を学び始める。

  • 1987年に単独および他のアーティストと共同で

  • いくつかのシングルをリリースしたが、

  • その中の「Never gonna give you up」が

  • イギリスのヒットチャートで1位となり、

  • さらに世界各国でもチャート1位を続々と獲得。

  • この曲によって彼は一躍スターとなった。

  • そして翌年1988年の「Together Forever」も

  • 同様に世界各国でヒットした。

  • 日本でも、「Never gonna give you up」を

  • 「ギヴ・ユー・アップ」のタイトルで

  • レコードが発売されるなどして人気を集めた。

  • 来日してのライブやテレビ番組出演歴が数回あるほか、

  • 当時テレビCMにも出演している

  • (下記「関連動画」参照)。

  • また当時読売テレビ制作の番組が

  • 洋楽をBGMに多用していた時代であったこともあり、

  • 同社制作の「鶴瓶・上岡パペポTV」や

  • 「ざまぁKANKAN!」などで

  • 多くの曲がトーク中のBGMに使用されていた。

  •  海外動画サイトでの定番釣り動画(リックロール)

  • youtubeなど海外動画サイトでリックのPVが

  • 「釣り動画」の定番として使われ、

  • 通称「リックロール」と呼ばれている。

  •  リックロールの流行により

  • リック本人への注目も集まり、

  • 2008年11月に行なわれた

  • 「MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード」では、

  • 大量のオンライン投票により、

  • 「Best Act Ever(過去最高の歌手)賞」を

  • 受賞してしまう事態となった。

  • この異常な状況に対してアストリー本人は

  • 「I just felt it was a bit of a daft award.

  • (ちょっとばかりふざけた賞だなと思うだけ)」とし、

  • 「I think MTV were thoroughly rickrolled

  • (MTVは完全にリックロールされたんだと思う)」

  • と述べたが、

  • その一方で、

  • 自分に投票してくれた人々に対して

  • 感謝の言葉も述べている。

  • なおニコニコ動画にも

  • リックのPVを使用した釣り動画が多数あり、

  • その見た目とは裏腹な低いボイスと

  • 80年代後半の雰囲気全開のポップな曲調で、

  • 多くの釣られた視聴者を

  • 「釣られて良かった」と楽しませている。

  • ———————————————————————————————————————-

     

     

     

     

    ———————————————————————————————————————

     

  • ちなみに、
  • Google が サーチコンソールに、
  • Recrawl now、
  • という、
  • 新しい機能を追加したこと自体は、
  • 本当らしい。
  • 下記を参照。
  • 今から、意訳していく予定。
  • support.google.com

  • Ask Google to recrawl your URLs

  • あなたのブログをGoogle に、
  • 再度、クロールさせてみよう。
  • If you’ve recently added or made changes to a page on your site, you can ask Google to (re)index it using the Fetch as Google tool.

  • もし、あなたが、最近、
  • 自分のブログを追記したり、変更したりした場合、
  • あなたは、Googleのツールを使って、
  • 再度、Googleに、索引を作ってもらうことができます。
  • The “Request indexing” feature on Fetch as Google is a convenience method for easily requesting indexing for a few URLs; if you have a large number of URLs to submit, it is easier to submit a sitemap. instead. Both methods are about the same in terms of response times.
  • フェッチ アズ Google にある、
  • 索引を作ってリクエスト、という機能は、
  • いくつかのブログ記事の索引を作る上で、
  • 便利で簡単な方法です。
  • もし、あなたのブログが、
  • たくさんの記事でできているのなら、
  • フェッチの機能を使うより、
  • サイトマップを送信したほうが、簡単です。
  • フェッチとサイトマップの、
  • どちらの方法でも、
  • Google の索引に反映されるまでの時間は、
  • 同じです。
  • Requirements

  • 必要条件

  • You can request indexing using Fetch as Google only for a fetch that meets these criteria:

  • あなたが、フェッチの機能を使って、
  • Googleに索引を作ってもらうことができるのは、
  • 次の基準に合っているものだけです。
  •  

    The fetch must have a complete, partial, or redirected fetch status.
    The fetch cannot be more than 4 hours old.

  • フェッチは、あなたのブログの記事が、

  • 完璧な状態、または、部分的、

  • または、リダイレクトできる状態にある、

  • 必要があります。

  • フェッチは、4時間以上古い記事には使えません。
  • Google crawls and indexes the URL content as served when Googlebot accepts the request, not from a snapshot of the Fetch as Google results.

  • Google は、Google のbotが

  • あなたからのリクエストを受け付けたときから、

  • あなたのブログの索引を作ります。

  • フェッチのスナップショットを作ったときから、
  • ではありません。
  • Ask Google to recrawl and reindex your URL

  • Perform a fetch (or fetch and render) request for a URL using Fetch as Google, or choose a recent fetch on the table that satisfies the requirements above.

  • あなたのブログをフェッチさせるには、
  •  Fetch as Googleの機能を使うか、
  • または、上記の要求を満たした、
  • 最近のデータをまとめて送るか、
  • 選択できます。
  • Make sure that the page appears in the fetch as you think it should; if the page cannot be reached by the fetch tool or doesn’t display fully to the fetch tool, it might be misclassified or not crawlable by Google.

  • あなたが、自分のブログを、
  • あなたが、思った通りに、
  • Googleにフェッチさせたかどうか、
  • 確認してください。
  • もし、あなたのブログが、フェッチによって、
  • Googleに届かなかった場合、
  • または、不十分なフェッチになってしまった場合、
  • Googleによるクロールが失敗している可能性があります。
  • Click Request indexing next to the fetch in the fetch history table. If the request feature does not appear next to a fetch, the fetch didn’t fulfill the requirements listed above.

  • フェッチの履歴にある、フェッチのとなりにある、
  • リクエストボタンをクリックしてください。
  • もし、フェッチのとなりに、リクエストボタンがなければ、
  • それは、上記の要求を満たしていないためです。
  • Select whether to crawl only that single URL, or that URL plus its direct links:
    Crawl only this URL submits only the selected URL to the Google for re-crawling. You can submit up to 10 individual URLs per day.

  • ひとつの記事だけクロールさせるか、

  • その記事にリンクしている複数の記事もクロールさせるか、
  • 選択できます。
  • しかし、フェッチの機能が使えるのは、
  • 1日に、10回までです。
  • Select Crawl this URL and its direct links to submit the URL as well as all the other pages that URL links to directly for re-crawling.

  • You can submit up to 2 of these site recrawl requests per day.

  • Click Submit to queue your request.

  • Recrawling is not immediate or guaranteed. It typically takes several days for a successful request to be granted. Also, understand that we can’t guarantee that Google will index all your changes, as Google relies on a complex algorithm to update indexed materials.

  • あとで、追記予定。
  • では、また。

 

———————————————————————————————————————-

 

 

 

 

———————————————————————————————————————

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
mikazukiをフォローする
スポンサーリンク
三日月の夜

コメント