スポンサーリンク

女優 ミムラ さん が 小暮 里江から美村 里江さんに。三村にすれば、三村ツッコミを入れたのに ここで一句 ミムラさん 名前かえても キャラ同じ

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク

———————————————————————————————————————-

 

 

 

 

———————————————————————————————————————

この記事は、2018年4月7日17:05に更新しました。

 

f:id:mikazuki1:20180329010434j:plain

時事通信社
2004年4月7日撮影

www.huffingtonpost.jp

    • たった、今、
    • NHKで、ミムラさんが、
    • ドラマに、出演されている。
    • さっき、トレンドにも、ミムラさんが、のっていた。
    • と、いうわけで、記事にすることにした。
    • 番組名
    • 創作テレビドラマ大賞「デッドフレイ」
    • 番組概要
    • 写真事務所で働く直樹(井之脇海)に、
    • 謎めいた女性(ミムラ)から、
    • 合成写真を作る依頼が。
    • 失踪中の夫(和田正人)が、
    • 旅行中かのようにSNSに投稿するためだったーー。
    • 番組詳細
    • 小さな写真事務所で働く直樹(井之脇海)に、
    • 謎めいた女性・紗耶(ミムラ)から、
    • 合成写真を作る依頼が。
    • 失踪中の夫・篤史(和田正人)が、
    • 旅行中かのようにSNSに投稿するためだったーー。
    • 何かを秘めているかのような紗耶に、
    • 直樹は心惹(ひ)かれていく。
    • やがて直樹はある事実を知る。
    • 紗耶の夫は過去に、
    • 娘を虐待した疑いがかけられていた。
    • 直樹の中に、疑惑が広がっていく。
    • 「紗耶は、実は夫を殺害しているのではないか?」
    • 【出演】
    • 井之脇海,
    • ミムラ,
    • 和田正人,
    • 千葉哲也
    • 【作】佐々木由美
    • 【音楽】未知瑠

———————————————————————————————————————-

 

 

 

 

———————————————————————————————————————

  • 今日、2018年3月29日は、まだ、ミムラさんなのね。

 

www.huffingtonpost.jp

    • あの人のことば
    • 2018年03月27日 16時07分 JST | 更新 2018年03月27日 16時19分 JST
    • 女優ミムラさん、芸名を変える「本家の“ミムラ姉さん”に名前をお返しします」
    • 美村里江という芸名で活動します。
    • 南 麻理江
    • 時事通信社
    • 2004年4月7日撮影
    • 女優のミムラさんが、
    • 芸名を「美村里江(みむら・りえ)」に
    • 改名すると公式サイトで発表した。
    • これまでの芸名「ミムラ」に
    • 漢字を当てた「美村」と、
    • 既に公表していた本名の名前「里江」を組み合わせた名前になった。
    • デビュー15周年を迎えた美村さん。
    • 芸名で呼ばれる仕事の自分と、
    • 本名で呼ばれるプライベートの自分を、
    • もう分ける必要はないという想いが湧きあがったのが理由の1つだという。
    • 美村さんは、公式サイトで3つの改名理由を明かしている。
    • 1つ目は、
    • 芸名の元となった童話「ムーミンシリーズ」の登場人物
    • 「ミムラ姉さん」の知名度が近年日本でもあがってきたことだという。
    • 熱狂的なムーミンファンだったという美村さん。
    • 「ムーミンはブームでなく一つのジャンルとして日本に定着、
    • この先も人気は続いていくとみて、
    • 本家の”ミムラ姉さん”へ名前をお返しします」と思いを綴った。
    • 2つ目に、
    • 大河ドラマの出演を通じて
    • 「日本名の大切さ」に気づいたという点を挙げた。
    • 大河ドラマ「西郷どん」に出演が決定している美村さんは、
    • 日本の歴史を描くドラマに、
    • カタカナの芸名で挑むことに違和感を覚えたという。
    • 3つ目には、働き方に対する考え方の変化があった。
    • 美村さんは、改名の背景にある思いを以下のように綴っている。
    • 以前はプライベートの時間に
    • 「ミムラさんですか」
    • と声をかけられると、
    • 「はて、今の私はミムラなのだろうか。
    • 本名の小暮里江(*2012年6月本名公表memo参照)ではないのかな」と、
    • 仕事を離れると湧いてくる
    • 少し不思議な気持ちがあった気がします。
    • それが現在、
    • 「お声がけありがとうございます」
    • と何の曇りもなく嬉しい気持ちで笑顔を返すことができます。
    • 若さゆえ、
    • 仕事を離れた公私の整合性をどうとればよいのか
    • 悩んだ時期もありあましたが、
    • 公を担う役者としての自分と私的な自分が、
    • それぞれ違う素材であり、
    • それでいて一方があるからもう一方も活きる。
    • もう別ける必要はない
    • という想いが湧きました。(原文ママ)
    • 改名は、
    • 数年に渡って検討を続けてきたという。
    • 「『所属事務所と揉めて』や
    • 『プライベートで何かあって』
    • という理由からではないのでどうぞご安心ください」
    • と明かした。
    • 芸能人にとって
    • アイデンティティとも呼ぶべき「芸名」を
    • 変更するという大きな決断に至った美村里江さん。
    • 前向きな言葉で、ブログを締めくくった。
    • ほんの数年間で国際情勢が騒がしくなり、
    • 落ち着かぬまま自国「日本」について考える機会も多い最近。
    • 2012年6月の本名公表時には、
    • 予想もつかなかった現在です。
    • さぁ、5年後はどうなっているでしょう?
    • 新たな名前と共に歩んでいこうと思います。
    • 引き続き応援頂けますと幸甚です。
    • たった、ひとりの芸能人が、
    • 芸名を改名しただけで、
    • こんなに大騒ぎになるとは。
    • こんなに、ニュースになるとは。
    • どんだけ、ミムラさんは、
    • 日本の芸能界、
    • いや、
    • 日本の社会に影響力があるんだよ
    • って、いう話。
    • たった、ひとりの芸能人が、
    • 芸名を改名しただけで、
    • 国際情勢の話にまでひろげる、
    • この文章力。
    • さすが、
    • huffingtonpost。
    • この、南 麻理江さん、
    • という、ライターの、文章力、
    • と、思いきや、
    • ミムラ さんのブログのコンテンツだった。
    • ウィキペディアを読むと、
    • いかに、ミムラ さんが多才なかたか、
    • わかる。

    • ミムラ (女優) – Wikipedia

    • ミムラ(MiMuLa[注 1]、1984年6月15日 – )は、

    • 日本の女優。結婚前の本名は小暮 里江(こぐれ りえ)[注 2]。

    • 2018年3月27日より美村 里江(みむら りえ)名義で活動する[3][4]。

    •  

      埼玉県深谷市出身[5]。

    • スターダストプロモーション所属。

    • 女優業の傍らで、書評、エッセーなど執筆活動も行う。

    • 人物

    • 童話『ムーミン』の大ファンであり、

    • 旧芸名の「ミムラ」は

    • 『ムーミン』に登場するキャラクター

    • 「ミムラ姉さん」にちなむ[35][36]。

    • 2015年(平成27年)5月の日本郵便グリーティング切手

    • 「ムーミン」の発売記念イベントにて、

    • 「『ミムラねえさん』が女性らしくてあこがれだった。

    • 自分の足りない要素を持っているキャラクターとして、

    • 名前をいただきました」

    • と語っている[37]。

    • 新芸名の「美村里江」は

    • 旧芸名「ミムラ」と本名の名前「里江」を組みあわせ、

    • “三村”ではさまぁ〜ずの三村マサカズがいることから

    • “美村”とした。

    • 改名の理由として、

    • 知ってほしいと願っていた

    • 「ミムラ姉さん」の知名度が

    • 『ムーミン』ブームを経て上昇したこと、

    • 2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』に出演するに際して

    • 「日本の国の歴史を描くテレビドラマに

    • カタカナで出ることに違和感を持った」こと、

    • 公私の自分をもう少し近づたいことなどを挙げている[3][38]。

    • なお本名はデビュー時から非公表とされていたが、

    • デビュー10年目を機に公式サイト内のコラムにて本名を公表し、

    • 同時に日本人であることも明らかにしている[2]。

    • 1か月間に200冊もの本を読破することもある読書家として知られ、

    • 新聞や雑誌などで書評、エッセー、寄稿など執筆活動を行い、

    • その文才が評価されている[7][24][39]。

    • 「一人になれる場所」を手に入れるため、

    • 2007年(平成19年)より

    • 築40年以上の別宅を「秘密基地」として借り、

    • 読書や時に執筆活動の場としていた[40]。

    • 休日には本を持って河原へ行くのがお気に入りで、

    • 昼寝したり本を読んだり、

    • 夫と行った時には起こされても起きなかったこともあるという[41]。

    • また、年間に300本以上の映画を見る映画好きでもあり[42]、

    • music.jp内にコラム「ミムラの映画日和」を週刊で連載していた。

    • かつてはゲーマーでもあり、

    • 育成系、RPG、格闘系、パズル系と

    • 様々なジャンルのゲームをプレーしたが、

    • ゲームの誘惑には勝てないとの理由から

    • 転居を機に思い切って全てのゲーム機器を譲渡。

    • 「きっとゲームをやり過ぎてしまうから」

    • とスマートフォンも使用していない[40]。

    • 向田邦子を敬愛する。

———————————————————————————————————————-

 

 

 

 

———————————————————————————————————————

  • 1か月間に200冊もの本を読破することもある読書家、とか、
  • 年間に300本以上の映画を見る映画好き、とか、
  • 絶対に、話を盛っている。
  • いかに、多才でも、それは無理。
  • いかに、速読しても、絶対に無理。
  • いかに、倍速で見ても、絶対に無理。
  • いつ眠っているんだよ、
  • って話。
  • 速読に自信がある私でも、
  • 1か月間に200冊は、無理。
  • テレビドラマは全て、録画して、
  • 倍速で見ているが、
  • 年間に300本以上の映画は、
  • 絶対に無理。
  • いままで、私は、ウィキペディアには、
  • ほとんど、本当のことが書いてある、
  • と、信じてきた。
  • でも、この、ミムラ さんのエピソードは、
  • にわかには信じがたい。
  • そんなに、頭の回転がはやいのなら、
  • 菊川怜さんのように、東大卒のはず。
  • でも、ウィキペディアには、
  • 大学名すら書いていない。
  • Qさまとかのクイズ番組で、
  • 活躍しているところを見たことがない。
  • 私が知らないだけなのかな?
  • ミムラ さんが
  • 小暮 里江から美村 里江さんに。
  • 三村にすれば、三村ツッコミを入れたのに。。。
  • と、思ったのは、私だけではないはず。
  • 小暮、といえば、デーモン閣下。
  • Eテレともめていらっしゃる、10万何歳の人。
  • お姉さんが、NHKのえらい人。
  • 小暮という苗字は、珍しいと思うので、
  • ミムラ さんと、デーモン閣下は、親戚なのでは?
  • と、思う、今日この頃。
  • キャラの設定も、似ているし。
  • ムーミンは、わたしも大好き。
  • ムーミンでは、ミムラねえさんが、大好き。
  • 別に、ミムラさんが、ミムラの啓蒙活動をしなくても、
  • 日本では、十分に、知名度はあるので、
  • ミムラさんのムーミンに対する貢献度は、
  • どれほどのものか、見当がつかない。
  • この、NHKのドラマ、
  • 創作テレビドラマ大賞「デッドフレイ」
  • に、ついては、
  • あとで、あらすじと感想を書く予定。
  • って、書いたけれど、
  • いまいちなドラマなので、
  • モチベーションあがらず。
  • ここで一句
  • ミムラさん
  • 名前かえても
  • キャラ同じ
  • では、また。

 

———————————————————————————————————————-

 

 

 

 

———————————————————————————————————————

 

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
mikazukiをフォローする
スポンサーリンク
三日月の夜

コメント