99.9 刑事専門弁護士 最終回 深山 最後の闘い 再審請求 無料動画 感想 ネタバレ あらすじ 見逃し 視聴率 % キャスト ここで一句 このドラマ シーズン3に 続きます 2018年3月18日放送

この記事は、2018年4月7日20:40 に更新しました。

———————————————————————————————————————-

f:id:mikazuki1:20180121222347j:plain

———————————————————————————————————————-

———————————————————————————————————————-

  • 番組名

  • 日曜劇場「99.9 SEASONII」
  • 最終回SP「深山、最後の闘いー再審請求」
  • 番組概要

  • 妻を殺害した死刑囚の息子が再審請求を依頼。
  • “司法の信頼”の名の下に立ちはだかる裁判所の高き壁。
  • 立証責任は弁護士にあり。
  • 深山は判決を覆せるのか!?
  • 番組詳細

  • 深山(松本潤)たちの元に、
  • 死刑囚・久世貴弘(小林隆)の再審請求の依頼が来た。
  • 依頼人は、久世の息子・亮平(中島裕翔)。
  • 久世は8年前に妻を殺害後、
  • 放火したとして死刑判決を受けていた。
  • 亮平は、両親は仲が良く、
  • 父が母を殺すわけないと言い切る。
  • 深山と舞子(木村文乃)は、
  • かつての自分自身の経験もあり
  • 、久世の無実を立証するために調査乗り出す。
  • しかし、再審請求は「開かずの扉」と呼ばれるだけあり、
  • 一度最高裁で結審した判決を覆すことはほぼ不可能に近く、
  • 苦戦を強いられる。
  • しかも、再審請求を審理する裁判官を
  • 川上(笑福亭鶴瓶)が担当することが決まる。
  • 深山達に辛酸をなめさせられ、
  • 後がない川上は、
  • 建前では公平に審議すると言いつつ、
  • 深山たちに無理難題を押し付ける。
  • 佐田(香川照之)は
  • マスコミで世論にアピールすることで、
  • 審議を有利に進めようとするが、
  • 週刊誌に都合が悪いことを書かれ、
  • 亮平たちを激怒させる
  • 0.1%の可能性さえも潰されつつある中、
  • 深山たちは事実にたどり着き、
  • 「開かずの扉」をこじ開けることができるのか!?
  • キャスト

  • 深山大翔・・・松本潤
  • 佐田篤弘・・・香川照之
  • 尾崎舞子・・・木村文乃
  • 明石達也・・・片桐仁
  • 藤野宏樹・・・マギー
  • 中塚美麗・・・馬場園梓
  • 落合陽平・・・馬場徹
  • 佐田由紀子・・・映美くらら
  • 坂東健太・・・池田貴史
  • 加奈子・・・岸井ゆきの
  • 遠藤啓介・・・甲本雅裕
  • 岡田孝範・・・榎木孝明
  • 川上憲一郎・・・笑福亭鶴瓶
  • 斑目春彦・・・岸部一徳
  • (9話ゲスト)
  • 久世亮平・・・中島裕翔
  • 久世貴博・・・小林隆
  • 島津ヤエ・・・根岸季衣
  • 海老沢晋・・・成河
  • 中原銀次・・・山本浩司
  • 久世トキ子・・・茅島成美
  • 久世直美・・・竹内都子
  • 内川・・・片桐はいり
  • 稲本・・・須永慶
  • うどん屋店主・・・高木渉
  • 検事・・・佐伯新
  • 弁護士・・・山口良一
  • 脚本・・・宇田学
  • トリック監修・・・蒔田光治
  • 音楽・・・井筒昭雄
  • 主題歌・・・「Find The Answer」嵐  
  •      (ジェイ・ストーム)
  • プロデュース・・・瀬戸口克陽
  •          東仲恵吾
  • 演出・・・木村ひさし
  • ◇番組HP http://www.tbs.co.jp/999tbs/
  • ◇twitter @999_2018tbs https://twitter.com/999_2018tbs
  • ◇instagram https://www.instagram.com/999_tbs/ 
  • 番組の内容と放送時間は変更になる可能性があります。

———————————————————————————————————————-

 

 

 

 

———————————————————————————————————————

  • 事務所。
  • 再審の依頼。
  • 書類を見る、深山。
  • 再審請求はたった9件。
  • 相当難しい、
  • と、班目。
  • 裁判所。
  • 川上が、上司によばれる。
  • 6年前のそばや事件。
  • 上司たちが、判決を下す。
  • 死刑の処する。
  • 本件控訴を棄却する。
  • 前回、議員秘書の事件で、
  • 川上が、あやまった判断をしたと、
  • 川上が、上司から叱責される。
  • 拘置所。
  • 久世貴弘に、面会する、深山と、舞子。
  • いつもセリフ。
  • 生い立ちから。
  • ここで、ドラマのナレーション。
  • 日本の刑事事件における有罪率は、99.9%。
  • 一旦、起訴されたら、ほぼ、有罪が確定してしまう。
  • このドラマは、
  • 残りの、0.1%に隠された事実にたどりつくために、
  • 難事件に挑む弁護士たちの物語である。
  • 事務所。
  • 舞子が、事件の概要を説明。
  • おそば屋。
  • 鈍器で殴打。
  • 火災事故にみせかけ。
  • 新聞雑誌に灯油。
  • アパートは、一部以外消失。
  • 息子は、塾で助かった。
  • 一酸化炭素中毒。
  • 妻と口論。
  • 頭を冷やす、ドライブ。
  • 灯油を買って帰った。
  • 一度、自白しているので、
  • 無理。
  • 灯油を買った場所。
  • 21:30
  • 15リットル。
  • くぜ久世
  • 赤ってガソリンは、関西だけ。
  • 久世、
  • ガソリンスタンドから、
  • 放火。
  • 21:45
  • 15分だった。
  • 検証する深山たち。
  • 久世の主張を検証する、深山。
  • 灯油を5リットル購入。
  • 明石、いきまーす。
  • 車出発。
  • 車の止め方が変。
  • 地図でルートを確認する深山。
  • 15リットルを購入。
  • 明石、いきまーす。
  • 建物見取り図。
  • 現場を再現。
  • 雑誌に、灯油をかける。
  • 心臓に悪い。
  • バックでいれる。
  • 15分19秒。
  • 裁判所の認定が正しい。
  • 藤野。
  • 子供用のプール、持っている。
  • 警察は15リットル
  • 10リットルぴったりは、
  • おかしい。
  • そんな器用なことができるのか?
  • 5リットル
  • 6.44
  • 5.64.
  • 何回やっても、無理。
  • 5リットルちょうど残すのは。
  • 3.44
  • 108回目。
  • 煩悩の数。
  • 15リットルではなく。
  • 5リットルでは、
  • と、深山。
  • でも、ガソリンスタンドの
  • 記録は、15リットル。
  • これは、くずせない。
  • 2012年3月15日。
  • 店長。
  • 三浦大輔。
  • 逆転サヨナラホームラン。
  • 三浦大輔って誰?
  • と、
  • 依頼人が激怒。
  • 班目法律事務所ピンチ。
  • 事務所。
  • みんなで、
  • ガソリンスタンドの監視カメラの映像をみる。
  • 深山がきづく。
  • 9:40分。
  • 横浜べーすたーず。
  • マイナス10点。
  • も、ダジャレ。
  • めずらしく。
  • ますだけいこはピンクレディー。
  • 裁判所。
  • 川上が、書類を読む。
  • 再審請求。
  • 売上明細書。
  • これをもとに久世が、
  • 画像の一部を拡大。
  • なぜ、手をあげていたか。
  • 横浜対決巨人。
  • 裁判所が、職権でヒアリング。
  • 野球中継のビデオをみんなで見る。
  • 映像を重ねる。
  • 電光掲示板の時計。
  • 21:38
  • 21;30
  • 防犯カメラが、
  • 21:38だった。
  • 21:30には15り
  • これは別の人物。
  • 21:38
  • 5り
  • 一滴も減っていなかった。
  • だから、不可能。
  • 店による時間ない。
  • ポリタンクに、もともと、
  • とうゆがなかったことを証明しろ、
  • と、川上。
  • 悪魔の証明。
  • 裁判所
  • 事務所。
  • 川上は、無理難題。
  • と、部下。

———————————————————————————————————————

  • そばや。
  • 舞子が、おにぎり。
  • と、そこへ、
  • 裁判官。
  • 川上の過去を語る。
  • 東京地裁の裁判長。
  • 有罪判決。
  • 重鎮。
  • 無実であることを気づいた川上。
  • 川上が、
  • 栄転というなの
  • 回想。
  • ええ判決せいよ。
  • 舞子も、その言葉をかけれた。
  • 舞子の解釈と、意味が違った。
  • と、わかった。
  • 事務所。
  • 事件の説明。
  • 関係者。
  • えいびはら、
  • しまず。
  • テレビで、佐田が、説明。
  • この裁判は、冤罪。
  • 全力で真相をあかす、
  • と、佐田。
  • くぜたかひろの冤罪をはらす、
  • と、佐田。
  • 川上が、
  • ネットで、
  • 再審請求の記事を見て、にやり。
  • そばや。
  • ふかやまとかいてみやま。
  • 回想。
  • けんか。
  • 雑誌。
  • 捨てられた。
  • かりたもの。
  • 自転車でぶらぶら。
  • 戻ったら、店がもえてた。
  • 事務所。
  • 東京消防庁から電話。
  • 佐田が出る。
  • 学校。
  • 元、住人。
  • えびはら
  • 不審
  • 週刊バイブスが燃えていた。
  • 2階の人が気になった。
  • ねていた、やえさんを助けた。
  • と、そこで、
  • 不審者、明石が校庭でうろうろ、
  • 生徒がとりもの劇。
  • 公園。
  • 舞子が、目撃者にヒアリング。
  • 久世はやっていない。
  • 久世の奥さんをうらんでいた人がいる。
  • 事務所。
  • 消防隊員から、ヒアリングする佐田。
  • 消防隊員が、あやしい人を見たと発言。
  • 学校での明石をみて、笑う、深山。
  • アパートにてぐせの悪い人。
  • 0.1%は、山岡?
  • と、深山。
  • 山岡の放火?
  • と、
  • 山岡しんいち、の居場所を探す、
  • 佐田の部下。
  • 雑誌。
  • 刑事事件を利用して、
  • 民事事件の案件を3倍に増やして、
  • 暴利。
  • 特許で儲けている。
  • 佐田が、馬主。
  • 事務所に、
  • 息子がやってくる。
  • 利用したな。
  • 回想。
  • 仲がいい、夫婦。
  • 回想おわり。

 

———————————————————————————————————————

 

  • 事務所。
  • 出る杭は打たれる、
  • と、班目。
  • 深山にはっぱをかける、佐田。
  • そばや。
  • 川上がいる。
  • と、そこへ、班目がやってくる。
  • かけ、うどん。
  • ラグビーの話。
  • 深イイ話。
  • うちの弁護士は、
  • どんなことがあっても、真実を見つける。
  • そのときは、判定よろしく、
  • と、川上に班目。
  • 事務所。
  • 写真を見る、佐田。
  • おかしい点にきづく。
  • 深山もきづく。
  • 火災研究所。
  • おかしくない。
  • 火は上にいく。
  • ふつうのこと。
  • 次の質問。
  • 黒いすみ。
  • すみも割烹着も、店内にいた人にきけば、
  • と、調査員。
  • 上下逆。
  • 店員。
  • 干し方が、上下逆。
  • 次の質問。
  • 黒いすみ。
  • 店員が、即答する。
  • それは、てんかす。
  • 調査員が、店内で実験を希望。
  • 店員が、了解。
  • 店内で、実験。
  • てんかす。
  • 2つのざるの、
  • てんかすに火をつける。
  • 外からだと、全部はすみにならない。
  • でも、内側からだと、
  • てんかすの自然発火?
  • 2か所。
  • 火元が2つ
  • 頭部の負傷は?
  • 後頭部を打ち付けた仮説を語る、
  • 佐田。
  • そばやの店内で、
  • 燃えていたところに、
  • さらに火をつけた人がいる、
  • と、深山が推理。
  • 藤野から深山に電話。
  • 山岡の親族をみつけた。
  • 山岡の実家を、
  • 舞子のメールアドレスに、
  • 送る、藤野。
  • 着信、めええるです。
  • 山岡の親族を訪問する、深山と舞子。
  • 久世の実家を、佐田が訪問。
  • 久世の母から、拒否される、佐田。
  • 新しい手がかりを見つけた、
  • お願いします、
  • と、佐田が、久世の母に、頭を下げる。
  • 信じるてくれるの?
  • と、久世の息子。
  • だから、あなたも、
  • わたしたちを信じて、
  • と、佐田。
  • 息子が、父を助けて、
  • と、佐田に再度依頼する。
  • 山岡の実家。
  • あった、ガラケー、
  • と、深山と舞子。
  • 事務所。
  • ガラケーを検証する、深山。
  • 佐田が久世家から弁護の再依頼があった、
  • と、みんなにホウレンソウ。
  • 山岡の遺品。
  • 2010年4月10日。
  • 映像のデータが破損。
  • もえちまえ、ではなく。
  • もえちまう。
  • かくぜつの問題?
  • 追い出されたアパートに
  • なんで、そんなことを?
  • 映像を修復する。
  • もえちまうの前後だけでも、
  • 修復を、
  • と、頼む、深山。
  • 犯人は、そもそも、
  • 火がついていた家に、
  • なぜ、また、火をつけたのか?
  • と、深山。
  • いただきまつだいらけん。
  • は、あばれんぼう。
  • ガスコンロで、雑誌を燃やす。
  • その様子を見て、何かに気づく、深山。

———————————————————————————————————————

  • 事務所。
  • おそらく、
  • 山岡が、もえてほしくないものが
  • あった、
  • と推理する、深山。
  • 映像が復活。
  • その映像を見て、
  • ホワイトボードの、
  • 自宅図面の絵を見て、
  • 深山の頭の中で、ぐるぐる。
  • このがらけ、きずがらけ。
  • 9点。
  • おい、さくら。
  • まがらけー法律事務所。
  • で、フィニッシュ。
  • 裁判所。
  • 再審請求。
  • この犯行ができるのは、
  • たったひとり、
  • と深山。
  • 裁判所。
  • 事務所。
  • 部下が川上に、注意。
  • 二度と誤った判断はできん、
  • と、川上。
  • 再現実験。
  • ついに、8年越しの
  • ておいの裁判官と対決。
  • 判決のゆくえは?
  • 再現実験。
  • 中原。
  • 事件当日、
  • 久世は奥さんと喧嘩。
  • 週刊バイブス。
  • 廃品置き場。
  • 週刊バイブスは、
  • りょうへいから、かりたもの。
  • 自転車で、ぶらぶら。
  • ほんとに?
  • えびさわ、住んでいた場所。
  • 1階。
  • なぜ、火事に気付いた?
  • 灯油のにおい。
  • 廊下。
  • 週刊バイブスが燃えていたのを見た。
  • 表紙は何?
  • ドラゴン急流。
  • なぜ、火を消さなかった?
  • もう無理だったから。
  • 頭の上まで火がきていたから。
  • 証言もそう。
  • やえさんを助けに2階へ。
  • そのあと、生徒たちの文集をとりに。
  • でも、火が強くて近づけなかった、
  • と、えびさわ。
  • ドアをあけたときの火の状況。
  • 息子が語る。
  • 両親のけんか。
  • ふだんは仲がいい。
  • 実際に火をつける。
  • 再現の中継を流す。
  • 放火されたアパートの再現映像。
  • バイブスをおいた。
  • 灯油をまいた。
  • 証言が矛盾している人物。
  • それは。。。
  • 火をつければ、わかる。
  • と、もったいぶる、深山。
  • 火をつけたのは、えびさわ。
  • バイブスが燃えているのを見た。
  • それは、ありえない。
  • 横ではなく上へ上へ、
  • あっというまに、
  • 2かいへ、
  • やえさんを助けるのは不可能。
  • 一番上にあった、
  • バイブスに記憶にあった、
  • だから、警察で、そういった。
  • えびさわの動機。
  • 山岡の携帯の動画を解析。
  • もえちまう。
  • えびさわの部屋。
  • 学校で、体操服が盗まれる事件は発生。
  • 山岡は、えびさわの部屋に、
  • 泥棒に入った。
  • そこで、えびさわの趣味が発覚。
  • 女子生徒の体操服を盗む、
  • と、いう、えびさわの趣味。
  • それを、知った山岡が、
  • えびさわをゆすっていた。
  • 火事で、脅しの体操服が、
  • もえるのを見て、
  • 山岡が、叫んだのが。。。
  • もえちまう、だった。
  • そして、えびさわが学校から盗んだ
  • 体操服が燃える前に、
  • 山岡が、写真、動画に残した。
  • とっさにやえさんをたすけたのは、
  • えびさわの善意。
  • しかし、えびさわの部屋が、
  • 警察に検証されて、
  • 体操服を盗んだのが、ばれる、
  • と、まずい。
  • だから、体操服も焼くために、
  • えびさわが、火をつけた、
  • と、推理する、深山。
  • 知らん、と、否定する、
  • えびさわ。
  • えびさわの部屋を調べたら、
  • と、川上に提案する、深山。
  • 再審請求をせまる、佐田。
  • おって連絡する、
  • と、川上。
  • こんなことのために、
  • 母さんは、しんだ。
  • 父さんは、やってもいない、
  • 犯人にされた、
  • と、息子。
  • これで、父さんは助かる?
  • と、息子。
  • 裁判所。
  • 廊下。
  • 川上を呼び止める、舞子。
  • 距離感。
  • トライアングルのゆがみ。
  • 司法への信頼。
  • ひとつだけ。
  • 司法への信頼って何?
  • 司法って、誰のため?
  • 川上の大義のために、
  • 川上の大事な人が
  • 被害者でも、同じことが言えるのか?
  • 不条理。
  • 深山の回想。
  • 回想おわり。
  • 不条理から守るため、
  • 弁護士はいる。
  • たったひとつしかない事実のために、
  • 立ち続ける。
  • あなたは、なんのために、
  • 法廷に立つのか?
  • と、川上にせまる、深山。
  • なかなか、骨のあるやつらやな、
  • と、川上。
  • 昔のあなたと同じです。
  • と、佐田。
  • 法廷。
  • 夜。
  • 誰もいない。
  • 川上がひとり、たたずむ。
  • 事務所。
  • 再審請求の結果。
  • 通った。
  • これ、すごいな。
  • 再審でダジャレ。
  • 最新。
  • 再審裁判。
  • 判決。。。
  • 川上の回想
  • 主文。。。
  • 川上の回想
  • 被告人は。。。
  • 川上の回想。
  • 無罪。
  • 警察、検察の操作は不十分だった。
  • 真相を見抜くことができれば、
  • こんなことにはならなかった。
  • 裁判官を代表して、
  • 深くお詫びする、
  • と、川上。
  • 父さんと、そばやをやりたい、
  • と、息子。
  • 佐田たちにお礼を言う、
  • 利益を追求する佐田と、
  • 実は同じ方向を向いていた、
  • と、佐田。
  • 握手する、深山と佐田。
  • 一緒にしないで、
  • と、深山。
  • 廊下。
  • ええ判決させてもらった、
  • と、上司にホウレンソウする川上。
  • 廊下。
  • 部下を天ぷらに誘う、川上。
  • 久世の判決を出した裁判官は左遷。
  • 川上が出世。
  • 川上は、良心で、
  • 無罪にしたと思っていた、
  • 舞子は、
  • 利用された?
  • と。
  • それは、今後しだい、
  • とりあえずは、よかった、
  • と、班目。
  • 今回は、君たちは、
  • よくやった。
  • ごくろうさん。
  • と、班目。
  • 班目が、佐田に席をゆずる話をする。
  • 佐田は、丁重に断る。
  • クライアントはたくさんいる。
  • と、佐田。
  • わたし、引退しないので。
  • 深山と、舞子。
  • これからもよろしく、
  • と、深山に、握手を求める、舞子。
  • ごめんなさい、
  • と、深山が頭を下げる。
  • えーっ!
  • と、舞子。
  • ねるとんか。
  • 榮倉奈々が、ゲストで出演。
  • 変な携帯ケース。
  • と、深山。
  • 拘置所。
  • 舞子が、
  • 生い立ちから、
  • と。
  • トルコ。
  • イスタンブール。
  • 佐田の自宅。
  • 娘が佐田に、彼氏を紹介。
  • アレキサンダー。
  • ウクライナ出身。
  • 祝福できませんので、
  • と、班目。
  • 事務所。
  • 舞子が、また、腹話術。
  • 舞子、今日は、
  • ゆうたと、食事に行くのかい?
  • 娘が、ウクライナに永住。
  • と、佐田。
  • 深山が、佐田のキャビネットの
  • SADAを入れ替えて、
  • DASAに、した、犯人。
  • これで、ひと段落。
  • クイーンの69で、見送る、みんな。
  • おわり。

 

感想

  • ここで一句
  • このドラマ
  • シーズン3に
  • 続きます
  • 今回のタイトルの、
  • 深山、最後の闘い。
  • シーズン2では、最後だけれど、
  • この視聴率なら、
  • シーズン3に続きそう。
  • だから、ほんとの意味では、
  • 最後の戦い、
  • ではないのでは?
  • 今回のストーリー展開は、
  • お見事。
  • 容疑者である、久世貴弘が、
  • 15リットルも灯油を購入したのではない、
  • と、立証する点。
  • それから、火のまわりかたから、
  • 真犯人を、立証する点。
  • このふたつで、くつがえすのは、
  • お見事。
  • ポイントは、ふたつ。
  • ひとつが、
  • 15リットルの灯油を購入したのか?
  • もうひとつが、
  • 火のまわりかた。
  • まず、容疑者である、久世貴弘が、
  • 15リットルも灯油を購入した件、
  • についての、深山の反証を考察する。
  • 実際に、事務所で、
  • 何回も子供用のプールで、
  • 実験をした上で、
  • 灯油の量を、5リットルだけ、
  • 正確に使うのは、
  • どうやっても無理、
  • という結論。
  • そこから、容疑者である、久世貴弘が、
  • 15リットルも灯油を購入した、
  • という間違いを、
  • くつがえすのは見事。
  • ガソリンスタンドの監視カメラと、
  • 店長が店内のテレビで見ていた横浜巨人戦の、
  • 野球中継経由で、
  • 野球場の時計との差分で、
  • 監視カメラの時計が進んでいた、
  • という結論。
  • そこから、容疑者である、久世貴弘が、
  • 15リットルも、
  • 灯油を購入した、
  • という間違いを、
  • くつがえすのも見事。
  • 結局、容疑者である、久世貴弘が、
  • 購入したのは、
  • 5リットルだけであった。
  • 次に、火のまわりかた、
  • を考察する。
  • 火は、上へ上へ、
  • とむかう。
  • 積まれていた雑誌は、
  • すぐに燃える。
  • だから、えびさわが、
  • 雑誌の表紙を見ることは、
  • 不可能。
  • これに矛盾した発言をした、
  • 教師、えびさわが犯人。
  • この、火のまわりかたで、
  • 真犯人を特定するのも見事。
  • このドラマの脚本家、
  • 相当、腕がいい。
  • シーズン3に期待する。
  • 深山のダジャレ、
  • 調子にのりすぎ。
  • 悪乗りしすぎ。
  • ひとが、しんでんねんで。
  • 以前のゲストは、竜雷太さん。
  • 竜雷太さんと、このドラマの小ネタが、
  • 組み合わさると、
  • トリック、
  • じゃなかった、
  • スペック、
  • SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜
  • を思い出す。
  • と、前回の感想で書いた。
  • このドラマの情報を読むと、
  • 実際に、トリックの監修がのっている。
  • 小ネタはたくさんあるけれど、
  • どこに、トリックがあるの?
  • わからなかった。
  • SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜 – Wikipedia

  • 『SPEC〜警視庁公安部公安第五課
  • 未詳事件特別対策係事件簿〜』
  • (スペック〜けいしちょうこうあんぶ
  • こうあんだいごか
  • みしょうじけん
  • とくべつたいさくがかり
  • じけんぼ〜)は、
  • 2010年10月8日から同年12月17日まで
  • TBS系列で毎週金曜日の22:00 – 22:54 (JST) に
  • 『金曜ドラマ』枠で放送された
  • 戸田恵梨香・加瀬亮のダブル主演の
  • 日本のテレビドラマであり、
  • これから派生した一連の映像作品のシリーズ。
  • そういえば、このドラマの小ネタ、
  • 堤幸彦さんへのオマージュっぽい。
  • 堤幸彦 – Wikipedia

  • 堤 幸彦(つつみ ゆきひこ、1955年11月3日 – )は、
  • 日本の演出家、映画監督。
  • オフィスクレッシェンドの取締役。
  • 三重県四日市市生まれ[1]、
  • 愛知県名古屋市千種区出身[2]。
  • 活動初期は、堤ユキヒコ名義を使用した。
  • 小ネタ的には、
  • トリックとも似ている。
  • トリック (テレビドラマ) – Wikipedia

  • 『トリック』(英語表記:TRICK[1])は、
  • テレビ朝日系列放送の日本のフィクションテレビドラマシリーズ。
  • または同ドラマシリーズの映画化作品。
  • シリーズ第1作は2000年7月7日から放送され、
  • 2014年公開の映画『トリック劇場版 ラストステージ』と
  • スペシャルドラマ『TRICK 新作スペシャル3』で完結した。
  • 今までも、感想で書いたこと。
  • 今回も、また、書く。
  • 今回も、このドラマの脚本家は、真実と事実を間違えている。
  • 真実 – Wikipedia

  • 真実(しんじつ、希: ἀλήθεια、羅: veritas、英: truth)

  • 嘘やいつわりでない、本当のこと。

  • まこと。

  • 真実は事実と同様で、

  • 皆が一致する一つの場合もあり、

  • 人それぞれに複数存在する場合もあるが、

  • 一般的には、

  • 他者との関係性を前提に社会で合意して共有できる皆が一致する、

  • より公的で社会性を有する事柄を真実と言う。

  • 人間は社会を構成する前提がある社会的動物なのであり、

  • 真実は真実でもある事実の提示や自明な範囲で皆で一致し、

  • 共有されるべき事が求められる対象であるが、

  • 私的かつ個人的な範囲では他者と一致していなくても、

  • その人物の主観という範囲での合意として真実と言えるが、

  • 人間が社会的動物として生きると言う前提がある以上、

  • その趣での真実は他者との社会的な関係性の中で

  • 個人的な主観が許されない場合は真実ではなく、

  • 相手から見れば嘘ともなりえる危険性を孕んでいる。

  • (仏教用語)仮(かり)ではないこと。

  • 究極のもの。

  • 絶対の真理。

  • 真如(しんにょ)。

  • 事実 – Wikipedia

  • 事実(じじつ、ラテン語 factum、フランス語 fait、英 fact)とは、

  •  

    ことの真実。

  • 真実のことがら。

  • 本当にあったことがら。

  • (哲学用語)もともと神によってなされたことを意味し、

  • 時間と空間の中に見出される実在的なできごとや存在のこと。

  • もともとは、神がしたこと、という意味である。

  • まずラテン語のfacere(あるいはfacio)

  • 「する」「行う」という意味の動詞 があり、

  • その過去分詞形factumが「(神によって)行われた」

  • と形容詞的に用いられ、

  • それが名詞化し「(神によって)行われたこと」を

  • 意味するようになったものである。

  • フランス語のfaitも同様で、

  • faire(する、行う)という動詞があり、

  • その過去分詞形のfaitが名詞化したものである。

  • 英語のfactも15世紀にラテン語のfactumを語源として使われるようになったものである。

  •  

    実在的なもの、とされるのであるから、

  • 幻想・虚構・可能性などと対立する。

  • ウィキペディアでは、真実と、事実の定義は、以上の通り。
  • でも、私の知る限りでは、微妙に違う。
  • 事実は、ひとつですよ、と、
  • 容疑者にささやいている、深山のセリフ。
  • だから、それを言うなら、
  • 真実は、ひとつですよ、だよ。
  • 事実は、当事者の人数だけ、たくさん、存在する。
  • 一度、マンガで、名探偵コナンを、読め、脚本家。
  • 一度、テレビアニメの、名探偵コナンを、見ろ、脚本家。
  • 今回は、警察と、検察が、ひったくりの、強盗致死事件を隠蔽。
  • 強制わいせつ事件で、99%、勝ちにいった。
  • 容疑者も、それにのって、自白した。
  • なぜなら、強盗致死罪より、強制わいせつ罪のほうが、
  • 罪が軽い、と、判断したから。
  • 検察も、そう、説得したのだろう。
  • 警察と、検察、そこに、容疑者も、あいのり、したら、
  • 事件の真相、事実ではなく、真実は、カンタンに、ゆがめられる。
  • このドラマ、さつじん事件を扱っているドラマなのに、シリアスなドラマのはずなのい、ちょいちょい、ネタを入れてくる。クドカンみたいな。
  • このドラマの脚本家、真実と事実を勘違いしている。深山のセリフは事実、事実、と、言っているが、それは、真実のことではないのか?
  • 名探偵コナンのセリフ。真実はひとつ。これが、正解。青山先生はあっている。
  • 真実はひとつ。だが、事実は、人によって異なる。
  • だから、たったひとつの真実(これも名探偵コナンのセリフ)に対して、事実は、関係者の数だけある。
  • たとえば、大勢の関係者が絡んでくる、アガサ・クリスティ作の有名な作品、オリエンタル急行さつじん事件は、事実が、複数、ある。関係当事者の数だけ事実がある。

  • 木村文乃さんは美人。結婚してしまったのは、日本中の男性陣が、残念、と、思っているはず。
  • 木村文乃 – Wikipedia

  • 木村文乃さん、といえば、SUNTORY の BOSS。
  • 木村文乃さん、といえば、天然水。
  • 木村文乃さん、といえば、ちふれ化粧品。
  • 木村文乃さん、といえば、ブルボン フェットチーネグミ。
  • 木村文乃さん、といえば、NTT docomo。
  • 木村文乃さん、といえば、サンヨー食品 サッポロ一番。
  • 木村文乃さん、といえば、象印マホービン 。
  • 木村文乃さん、といえば、大正製薬 リポビタンファイン。
  • 木村文乃さん、といえば、花王リーゼ。
  • 木村文乃さん、といえば、エッセンシャル。
  • 木村文乃さん、といえば、ニベア花王。
  • 木村文乃さん、といえば、ディープモイスチャー。
  • 木村文乃さん、といえば、ニベアサン。
  • 木村文乃さん、といえば、AEON ライトダウン。
  • 木村文乃さん、といえば、JR東日本 「行くぜ、東北。」こりゃ、たまらんらん。
  • 木村文乃さん、といえば、オリエンタルランド 東京ディズニーリゾート。
  • 木村文乃さん、といえば、麒麟麦酒 氷結。
  • 木村文乃さん、といえば、リクルート タウンワーク。
  • 木村文乃さん、といえば、森永乳業 MOW。
  • 木村文乃さん、といえば、日清シスコ ごろっとグラノーラ。
  • 木村文乃さん、といえば、ダイハツ工業 キャスト スタイル。
  • 木村文乃さん、といえば、大東建託 DK SELECT。
  • 木村文乃さん、といえば、Supercell「クラッシュ・オブ・クラン」。
  • 木村文乃さん、といえば、サントリー食品「オランジーナ」。

———————————————————————————————————————-

 

 

  • では、また。

———————————————————————————————————————-

      • お試し無料動画のご案内

見逃したかた、

録画し忘れたかたは、

こちらをどうぞ。  .

 

誤字脱字は、あとで、

リライトする予定です。

 

 

 

——————————————————————————————————————-


———————————————————————————————————————-

 

 

———————————————————————————————————————-

      • お試し無料動画のご案内

見逃したかた、

録画し忘れたかたは、

こちらをどうぞ。  .

 

誤字脱字は、あとで、

リライトする予定です。

 

関連記事

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

 

www.mikazuki1.com

 

 

 

www.mikazuki1.com

 

 

 

www.mikazuki1.com

 

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

 

 

www.mikazuki1.com

 

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

———————————————————————————————————–

 

 

海外ドラマ

www.mikazuki1.com

 

ドキュメント

ランキング

www.mikazuki1.com

 

日本のドラマ

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

———————————————————————————————————————-

人気記事

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

———————————————————————————————————————-

関連記事

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

 

1月17日のドラマ 火曜10時TBS 逃げ恥枠 初回放送

www.mikazuki1.com

 

相棒 11話

www.mikazuki1.com

 

 

海外ドラマ

www.mikazuki1.com

 

ドキュメント

ランキング

www.mikazuki1.com

 

日本のドラマ

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

———————————————————————————————————————-

 

 

 

———————————————————————————————————————

人気記事

www.mikazuki1.com

www.mikazuki1.com

 

 

 

コメント