スポンサーリンク

相棒16 20話 無料動画 感想 ネタバレ あらすじ 見逃し 視聴率 % キャスト ここで一句 血迷った 青木が ふうこに やつあたり 2018年3月14日

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク

この記事は、2018年4月7日20:10に更新しました。

f:id:mikazuki1:20180110214022j:plain

出典 公式サイト

 

 

www.youtube.com

 

f:id:mikazuki1:20180110234508j:plain

www.tv-asahi.co.jp

www.tv-asahi.co.jp

 

twitter.com

19話予告動画

 

——————————————————————————————————————-

 

相棒 – Wikipedia

  


———————————————————————————————————————-

    • スポンサーリンク

      番組名

    • 相棒 season 16 

    • 最終回2時間スペシャル #20

    • 番組概要

    • 容疑者は警察内部の6人!!

    • 峯秋、美彌子、青木、刑事部長、参事官、そして副総監!?

    • 相棒史上例を見ない事件は

    • 「警視庁vs関西暴力団」に発展!!

    • 【ゲスト】加賀まりこ

    • 番組詳細

    • 【第20話】最終回スペシャル『容疑者六人』

    • 「週刊フォトス」記者・楓子(芦名星)が、

    • エスカレーターから突き落とされる。

    • その容疑者は、峯秋(石坂浩二)と美彌子(仲間由紀恵)、

    • 衣笠副総監(杉本哲太)と青木(浅利陽介)、

    • 内村刑事部長(片桐竜次)と中園参事官(小野了)の6人。

    • 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が調査に乗り出す中、

    • 楓子の母で関西暴力団組長の妻・匡子(加賀まりこ)が上京してくる…。

    • 水谷豊、

    • 反町隆史

    • 鈴木杏樹、

    • 川原和久、

    • 山中崇史、

    • 山西惇、

    • 浅利陽介、

    • 神保悟志、

    • 小野了、

    • 片桐竜次

    • 仲間由紀恵、

    • 杉本哲太、

    • 石坂浩二

    • 【ゲスト】

    • 加賀まりこ、

    • 芦名星、

    • とよた真帆、

    • 遠藤雄弥

    • 【脚本】輿水泰弘

    • 【監督】権野元池頼広最新情報はツイッターでも!

    • 【ツイッター】https://twitter.com/AibouNow

    • 【番組HP】http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/

———————————————————————————————————————-

 

 

www.tv-asahi.co.jp

———————————————————————————————————————-

 


———————————————————————————————————————

  • ふうこがけが。
  • エスカレーターで、
  • 突き落とされて。
  • 特命係。
  • 右京と亘。
  • ふうこが事案の状況を語る。
  • それは、傷害事件、
  • と、右京。
  • ふうこの回想。
  • 青木が被害届をすすめる。
  • 青木が通報する。
  • 女性がエスカレーターで転落した、
  • と。
  • 警察関係者6人が相手では、
  • 相手にされない、
  • とふうこ。
  • 被害届は出さなかった?
  • と、右京。
  • 出さなかった、
  • でも、記事にはした。
  • 仕返しで。
  • と、ふうこ。
  • 右京が、ふうこにたずねる。
  • アウターの話。
  • 厚手のもこもこの
  • でぶコート。
  • 母から電話。
  • 関西弁で話す。
  • また、電話する、
  • と、電話をきる
  • 実家は、大阪。
  • 街の中。
  • 伊丹と芹沢。
  • 監察官が動く。
  • サイバーセキュリティ室。
  • 同僚が青木をからかう。
  • ネットに青木の情報が流れているから。
  • 特定厨め。
  • と、青木がいきどおる。
  • 編集部。
  • 伊丹、と芹沢。
  • ゆうこに事情聴取。
  • 親身になる、
  • と、伊丹。
  • 喫茶店。
  • 右京と亘と、ふうこ。
  • 眼の前の事件を放って置くと、
  • 体調が悪くなる、
  • と、右京。
  • 回想
  • 衣笠
  • ディナー帰りの3組が、
  • 偶然、出会う。
  • 立ち話。
  • そこへ、ふうこ。
  • 当日は、雨。
  • 傘はもっていた?と、右京。
  • 甲斐は、もっていなかった。
  • 傘を持っていると、
  • 突き落とすのは、無理。
  • 中間地点にいたのは、みやこ。
  • みやこに真顔できく、右京。
  • あなたが突き落とした?
  • みやこが自白すれば、
  • この事件は解決、と、右京。
  • ふうこの
  • 犯行はあったけれど、
  • 誰も気づかなかった。
  • と、みやこが仮定の話。
  • 右京が興味深い。
  • やしろの話をまとめる、右京。
  • 犯行を目撃した人がいない、
  • ことをもって、
  • 犯行がなかった、ことにはできない、
  • と、正論をぶつ右京。
  • 右京と、亘。
  • 峯秋に、事情聴取する、
  • わらって否定する、峯秋。
  • 刑事部長が、つきおとした?
  • と、右京。
  • 赤ん坊の声がした、と峯秋。
  • 回想。
  • 赤ん坊の鳴き声。
  • 回想おわり。
  • 衣笠が、週刊誌に、うらみがあったらしい、
  • と、峯秋。
  • 副総監は、傘を持っていたか?
  • と、亘。
  • 衣笠を事情聴取する、
  • 伊丹、と芹沢。
  • 衣笠は、逃げる。
  • 暇課長。
  • ホワイトボードの
  • 内村を指差す。
  • 刑事部長室。
  • 伊丹と芹沢が刑事部長を
  • 事情聴取しようとするが、
  • 威圧されてできない。
  • 特命係
  • 優雅に紅茶をいれる右京。
  • 警告。
  • 記事にするな、と。
  • 刑事部長なら、余計なものを使わずに、
  • つきおとせる、と、亘。
  • と、そこへ、青木がやってくる。
  • 記者の妄想を真に受けて、笑える、
  • と、青木。
  • 被害届を出さなかった。
  • 妄想だから、と、青木。
  • 傘の話をする、
  • 青木がホワイトボードを見る。
  • あいまいにしているのは、
  • 妄想だから。
  • 右京が、もこもこの話。
  • 青木は、
  • 雨だからって、傘を持つのは。
  • あのクラスになると、
  • 雨にぬれないように、
  • 車で移動する。
  • と、青木が、まともな意見。
  • 亘が、青木の意見になるほど、と。
  • 珍しく、青木を褒める。


———————————————————————————————————————

  • 花の里。
  • 右京と亘と、ふうこ。
  • ふうこが、グチ。
  • 幸子が話題を変える。
  • 暴排条例。
  • なんとか、して、
  • と、幸子。
  • 右京も同意。
  • ふうこも同意。
  • 街の中。
  • 階段。
  • ふうこの実家にいた男。
  • 青木をつきおとす。
  • 病院。
  • 罰金30万円なんて、
  • 刑事より民事をすすめる、伊丹。
  • 青木がキレる。
  • しかるべきところにほうれん草するぞ、
  • と、伊丹をおどす、青木。
  • しかるべき
  • 風間。
  • 東京の人間。
  • 青木は驚いて、つきおとした男を見る。
  • 電話をきる、
  • 翌日。
  • 特命係。
  • ネットの掲示板に、
  • 容疑者6人がのっている。
  • 喫茶店。
  • 右京と亘、と、ふうこ。
  • 前方不注意。
  • 青木の怪我も。
  • 全治
  • 過失傷害。
  • 風間。
  • 青木が反応。
  • 風間の実家。
  • ふうこの実家。
  • 警視庁
  • 廊下。
  • 内村と中園。
  • 今回の事案が、ころしに発展するとは。
  • 虎の威を借る狐
  • 目に余る。
  • 中園は悩む。
  • 内村にホウレンソウ。
  • 副総監室。
  • ネットの掲示板を見る。
  • 青木が提案。
  • 警護をつけろ、と、
  • 証拠が必要と、総監。
  • 青木が、自分の顔のガーゼを見せる。
  • 総監は、お大事に、
  • と、あっさり。
  • 語るに落ちた。
  • 報復だってことだ。
  • 証拠をもってこんかい、こらー。
  • と、
  • わかいもんは、おれだけじゃない、
  • と、
  • 伊丹が、脅しか?と、
  • 脅しじゃない、と、。
  • 暇課長が、の方をこずく。
  • 肩がはずれた、
  • と、からかう、。
  • 伊丹、芹沢が、くやしい顔をする。
  • 警視庁。
  • ふうこの母が謝罪。
  • うちのわかいもんが、
  • ご迷惑を、と。
  • 内村が、ホテルに行く。
  • ふうこの母が泊まっているホテル。
  • 内村が部屋にはいると、
  • ふうこの母が、待っている。
  • 江戸の警察。
  • 桑田の親分。
  • 無理いって、
  • 30年のつきあい、と、内村。
  • お話は?
  • 聞かなくてもわかる。
  • 言質げんちちを取ろうとする、
  • と、笑う、母。
  • スジを通せ、母。
  • 主席監察官の結果。
  • 問題なし、と、内村。
  • 身内の調査だから、信じられへん
  • と、母。
  • うちのわかいもんをとめられへん、
  • と、母。
  • 合意できなくて残念、
  • と、
  • 内村が、わかいもんに、監禁される。
  • 特命係。
  • 青木が、お願い。
  • 亘が、乗り気でない、
  • 報復であることは明白。
  • 優先順位、
  • 風間転落事件の
  • くれぐれも夜道には気をつけて、
  • と、青木に亘。
  • 街の中。
  • 中園が転落する。
  • 病院。
  • 血をながして、たおれこむ中園。
  • 取り調べ室。
  • 東京見物、災難と。
  • 災難だと、こらー。
  • と、伊丹が、キレる。
  • 特命係
  • 中園がやってくる。
  • 頭に包帯。
  • 一生消えない傷を負った、
  • と、中園。
  • 便宜上
  • 犯人をはやく特定しろ、
  • と、中園。
  • できないなら、これ以上突っ込むな。
  • と、中園、
  • しらける、みんな。
  • 中園は挑発的な笑顔で出ていく。
  • 亘は、中園が、挑発的、
  • と、避難する。
  • なんでも用意するなんて、
  • 正気じゃない、と。
  • 重過失傷害
  • じゃなく、さつじん未遂で、
  • 略式でなく。
  • 喫茶店。
  • ふうことふうこの母。
  • みずくさい、と、ふうこ。
  • ふうこがひどいめにあって、
  • カッとなった、
  • と、部下をフォローする、母。
  • やめて、と、ふうこ。
  • 迷惑するのは、私なんだから、
  • と、ふうこ。
  • ヤクザの子供で、かんにんな、
  • と、母。
  • 自分で、落とし前つけられる?
  • と、ふうこをあおる、母。
  • 釈放される、容疑者。金剛地。こんごうち。
  • 浅草で、東京見物、をしゃれこむ、こんごうち。
  • そたい5課大木が、からんでくる。
  • そたい5課の小松も、からんでくる。
  • 警視庁。
  • 取り調べ室
  • 伊丹が入ってくる、
  • ひやまともっとはなしたくてな、と。
  • 別の取り調べ室。
  • あんた、やくざ以下やな、と、
  • 花の里。
  • ふうこの話。
  • 昼間、母から挑発された、
  • と、打ち明ける。
  • ふうこの回想。
  • 母が、ふうこを挑発。
  • 回想おわり。
  • 亘が、心配する。
  • ふうこがふたりに助けを求める。
  • 組が、こわれる。
  • 右京も挑発された、と。
  • 中園から、と、
  • 取り調べ室
  • 48時間粘るつもり、
  • と、
  • 中園は、交番の封筒を渡してさる。
  • 亘が封筒から供述調書を取り出して、
  • 右京と読む。
  • 中園が戻ってくる。
  • 右京が、こころあたりは?と。
  • 中園が、くびをひねる。

———————————————————————————————————————-

 

 

 

———————————————————————————————————————

———————————————————————————————————————

  • 大学。
  • 国家公安委員会のふきえ教授の部屋。
  • 国家公安委員会のふきえが、
  • 警察庁の
  • 主席監察官に問い合わせした件。
  • 国家公安委員会。
  • あいまにわらう、ふきえ。
  • 警察庁の長官官房、峯秋。
  • を知っているか、
  • と、ふきえにたずねる亘。
  • 長官室。
  • 峯秋。
  • 容疑者からはずしてくれる?
  • と、峯秋。
  • むしろ逆。
  • 潔白である、と、容疑者
  • 相変わらず、右京は、ひねくれている、
  • と、峯秋。
  • 期待内部では、検証できない、
  • 組織の真実。
  • 自浄作用。
  • 半分。
  • 犯人が、副総監であることを期待しているのでは?
  • と、右京。
  • 私は、妄想するので、と、自嘲する。
  • 峯秋は、潔白を証明するように、右京に指示する。
  • 広報課長室。
  • みやこ。
  • 因果を含めた?
  • と、右京。
  • くぎをさしておきたかった。
  • 広報部長としては、当然、
  • と、亘。
  • 因縁。
  • 青木がじゃまだった?
  • 課長は、目的を断念せざるを得なかった。
  • 怪我以外でふうこに病院までつきあったことを
  • うたがっているの?
  • と、
  • 右京は否定。
  • サイバー。
  • 青木が、
  • そこに亘。
  • なんか用?と、青木
  • 特命係
  • なんで、病院についていった?
  • と、亘。
  • 一番したっぱだから、と、青木。
  • 行かなくていいっていわれたんじゃ?
  • と、亘。
  • これだから、キャリヤは困る、
  • と、青木。
  • こなくてもいいは、こい、という意味。
  • キャリアにはわからないだろ、
  • と、青木。
  • 誰に押されたかわからないが、
  • 被害者のそばを離れないこと、
  • と、うきょぅ。
  • やしろもいたよ、と、青木。
  • やしろが犯人では、と、青木。
  • 根拠は?と、亘。
  • 僕が犯人じゃないから、
  • と、青木。
  • 青木が出ていく。
  • 刑事部長室。
  • 右京と亘。
  • 考察をきいてほしい、
  • と、
  • ふうこに近かった峯秋と部長。
  • 動機があるから、ぶがわるい、
  • と、亘。
  • 子供のつかいではない、
  • やきがまわった、
  • 動機をきかせろ。
  • 暴力団とのつきあい、
  • をきく、亘。
  • どこで、きいた?
  • と、部長。
  • 秘密、と、亘。
  • たとえ、そうでも、
  • つきおとしたりしない、
  • と、部長。
  • 衣笠の部屋。
  • 副総監の
  • 手が届かない。
  • 傘も持っていなかった。
  • 物理的に無理、
  • と、亘。
  • そもそも、3文雑誌の記者に
  • 騙されているんだよ、
  • と、衣笠。
  • 3文雑誌とは、
  • 右京と亘が、口がすぎる、
  • と、衣笠をたしなめる。
  • 特命係。
  • 右京と亘のところに、
  • 青木が戻ってくる
  • さっきの、
  • もうひとつだけって何?
  • もどってくるくらいなら、
  • 最初から聞け、
  • と、亘。
  • 事情聴取の話。
  • また、なにか不備でも?
  • と、青木。
  • ホワイトボード
  • 捜査は進んでい
  • 容疑者は3人に絞られた、
  • と、右京。

 


———————————————————————————————————————

ここから

ネタバレです。

(ご注意下さい)

 

  • 警視庁。
  • 取り調べ室。
  • ひやまを取り調べる、伊丹。
  • ひやまが、語る。
  • 上の命令、
  • 刑事のプライド。
  • ヤクザから
  • それが、
  • 廊下。
  • 伊丹。
  • ヤクザの正論に、
  • ぐうのねも出ない、
  • と、
  • 原因と結果。
  • その
  • ノリツッコミをする伊丹。
  • 弁護士の、くろさわ、がやってくる。
  • 接見交通権で、あばれる、
  • と、おどす、くろさわ。
  • 暇課長が、びびる。
  • 東京の刑事は、冗談、つうじまへんか、
  • と、くろさわ。
  • ホテル。
  • ふうこの母と弁護士。
  • 離婚届。
  • いいだしたらきかんさかい、
  • すきなように。
  • と、
  • 電話する、ふうこ。
  • 本気?
  • 本気やで。
  • おかあちゃんの落とし前やで。
  • たまとったる、
  • と、母。
  • あわてて、右京に電話する、
  • 離婚届けをだして、落とし前。
  • 離婚届けは、組に迷惑かけないように。
  • 離婚届けに意味があるの?と、亘。
  • 離婚届けは、本気度、と、ふうこ。
  • なにげにディスってる?
  • とふうこ。
  • 極道の妻やってるんだから。
  • ふうこの顔をじってみる、亘。
  • そういうものを持っている?
  • ふうこの回想。
  • 組のわかいもん。
  • 風間。
  • 銃や刃物をかくす
  • その様子を縁側で、すいかを食べながら、
  • ミている、
  • なつかしんでいる場合か、と亘。
  • アチャー、と、いう顔をする、ふうこ。
  • ホワイトボード
  • 右京が、推理を開始。
  • 翌朝。
  • とっとと、犯人見つけろや、ぼけ。
  • の落書き。
  • 誰が書いた?
  • 見当は、ついている、ふたり。
  • サイバー
  • 青木にメールが届く、
  • サイバーの同僚から。
  • ふうこの転落現場。
  • 右京と亘。
  • ふうこの母が、やってくる。
  • 何してはんのん?
  • さっきから、のぼったり、おりたり
  • の、くりかえし。
  • たまたま、近くの喫茶店で、
  • モーニングを食べていたら、
  • 目についた、と。
  • 喫茶店。
  • ふうこの母と気づいていた
  • 現役の刑事を味方につけていたなんて、
  • みくびっていた。
  • 娘をきずつけられるは。
  • 自分をきずつけられるより、つらい、
  • と、母。
  • 犯人を上から順番に、始末する、
  • と、母。
  • 刑事としては、聞き捨てならない、
  • と、警告する、右京。
  • ふうこの母が、いろいろ知っていることについて、
  • たずねる、右京。
  • 右京と亘の他にも、
  • ふうこには、警察に味方がいる、
  • と、母。
  • 顔を見合わせる、右京と亘。
  • 講堂。
  • 容疑者4人。
  • 右京が、くる。
  • 青木が、クレーム。
  • ピーチクパーチクうるさい、
  • と、亘。
  • 青木に感謝する、右京。
  • 右京に感謝される筋合いはない、
  • と、青木がツンデレる。
  • そもそも、容疑者なんかいない、
  • と、青木。
  • 刑事部長が、
  • 容疑者
  • あやまっていない人のあやまりかた、
  • かざまふうこをつきおとしたかもしれない
  • 事件とよぶ、
  • と、
  • 場をなごませるため?
  • 見事にすべったね。
  • 呼び名はなんとあれ、
  • 女性をうしろからつきおとした人が
  • 容疑者を3人には、腹ただしいが、
  • 話をきこうと、
  • 話をきく、と部長。
  • 青木。
  • 青木と、刑事部長、副総監。
  • 副総監は意外、
  • と。
  • 説明する
  • きっかけは、参事官の挑発。
  • 不思議
  • わたしもふしぎ、
  • かいならわかるが、
  • なぜ、参事官が挑発、
  • かいがへそまがり、と。
  • 参事官のおもいをおしはかった結果。
  • 参事官は、犯人を知っている、
  • と、断言する、右京、
  • 全員、驚いて、中園を見る。
  • 理不尽な
  • 回想。
  • とっとと特定しろ、
  • 真反対。
  • 怒り心頭に発した。
  • 刑事告発すればいいのに、できなかった、
  • だから、と、やしろ、
  • その通り、と、亘。
  • やしろの問題をみてわかった。
  • 2派閥に分かれている。
  • 中園が犯人を知っているに、
  • 告発できない、ってことは、
  • 犯人ではない、と、いうこと、
  • 位置関係。
  • 再現。
  • 事件のときの通りにならぶ、6人。
  • 風間ふうこ役をする、亘。
  • 真ん中を歩く亘。
  • 印象的な出来事。
  • 赤ちゃんのなきごえ。
  • 犯行を隠すためかも、
  • と、青木。
  • 青木につっこむ、亘。
  • 青木もきいたんだろ、
  • 赤ちゃんの声を。
  • 供述調書にふれていない。
  • 参事官の口から言えないってことは、
  • 3人に
  • 青木が、オブジェクション、
  • したっぱだから。
  • 亘が、否定。
  • 青木は、
  • しぼりきれていない。
  • 決定打がない。、
  • 本気?ひっかけ?
  • 参事官の口からききたい右京。
  • 知らない、と、参事官。
  • うしろからつきおとしたりする、
  • 卑怯者。
  • 卑怯者。
  • 上司には、言えない。、
  • 青木だね。
  • と、右京。
  • 言い返さない、青木。
  • 回想。
  • トイレ。
  • 刑事部長に
  • 青木をかばうすじあいはない、
  • と、参事官。
  • 叫ぶ、
  • 回想。
  • ふうこの背中を傘でつつく青木。
  • 記憶が喚起された、衣笠。
  • まばたきする、青木。
  • 衣笠が、青木にうながす、自白を。
  • よびとめた、
  • と、
  • 過失。
  • 過失傷害だ。
  • なるほど、
  • 声をかけるのではなく、
  • 傘でつついた動機は?
  • と、右京。
  • なんとい故意ではない、
  • 大河内
  • 取り調べ室
  • うんざりした芹沢。
  • ねているこんごうち。
  • 別の取り調べ室
  • そたい大山、寝ている。
  • ひやまは、遠くをみつめている、
  • そたい、
  • 暇課長。
  • 数値課
  • 0.5
  • いたみわけ。
  • へりくつきわまりない、
  • と、暇課長。
  • 顔をしかめて、うで組する、暇課長。
  • 監察室。
  • 大河内と青木がはいってくる。
  • 大河内が出ていく。
  • やさしくする、衣笠。
  • ぼく以外に目撃者がいたなんて。
  • と、衣笠。
  • 過失という線でいけ、
  • と、
  • 雑誌に、不快感。
  • だから、黙っていた。
  • できるだけ、青木を守る。
  • 穏便にすませたい。
  • 衣笠が出てくる。
  • 青木の処分。
  • 廊下。
  • にもつ
  • 青木
  • どう解釈?
  • いやがらせ、
  • 伊丹と芹沢
  • 青木をつれていく。
  • ホテルの部屋の前。
  • 内村が出てくる。
  • 入っていく青木。
  • こんごうち、と、ひやま。
  • 母が、かざまきょうこ
  • かざまふうこの母親。
  • 青木をおいて出ていく、部長、
  • おすきなように、と、
  • こぶし、をふりあげる母。
  • 峯秋の部屋。
  • 特命は、かわりもの。
  • 右京に言われたくない、
  • と、亘。
  • 事前に相談があったのでは?
  • と、
  • サイバーセキュリティに戻る、
  • おとしどころ、
  • 寛容だったね、と、
  • いつもなら、杓子定規、
  • 示談成立。
  • 処罰感情。
  • 眼帯をしているアオキ。
  • 亘が、
  • スマホを見せて、うなづきあう、
  • 街の中。
  • ふうこが、右京にお礼。
  • わかいもんにおしえたのは、誰?
  • と、右京。
  • それは、、、
  • 言えない。
  • と、ふうこ。
  • と、そこへ、ふうこに電話。
  • 母から。
  • こぶしを骨折。
  • だから、病院に、
  • 災難、と、
  • 気になるなら、調べれば?
  • 気になってよるも眠れないから。
  • かたくなな態度、
  • めにものみせてやる、
  • と、右京。
  • 公園をあるくふたり
  • おしまい。

 


———————————————————————————————————————-

 

感想

  • ここで一句
  • 血迷った
  • 青木が
  • ふうこに
  • やつあたり
  • エスカレーター、
  • っていうか、
  • 階段で、赤ん坊、
  • ときたら、映画、アンタッチャブルの
  • 有名なシーンを思い出す。
  • アンタッチャブル (映画) – Wikipedia

  • アンタッチャブル』(The Untouchables)は、
  • 1987年のアメリカ映画。
  • 禁酒法時代のアメリカ・シカゴを舞台に、
  • 正義のためにギャングのボスであるアル・カポネを
  • 逮捕しようとするアメリカ合衆国財務省捜査官たちの
  • チーム「アンタッチャブル」の戦いの日々を
  • 描いた実録映画。
  • 捜査チームの主任捜査官だった
  • エリオット・ネス の自伝を基にしている。
  • なお自伝はテレビドラマ化され大ヒットしている。
  • 主人公を助ける老警官役のショーン・コネリーが

  • 第60回アカデミー賞助演男優賞、

  • 第45回ゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞した。

  • また、日本でも第30回ブルーリボン賞外国作品賞を受賞した。

  • 主役のエリオット・ネス役に抜擢された

  • ケビン・コスナーは、

  • この作品での好演により、

  • ハリウッド・スターの仲間入りを果たした。

  • また、ジョージ・ストーン役の

  • アンディ・ガルシアは、

  • 大階段でのアクションで注目を集め、

  • そのキャリアスタートとなった。

  • 今回の話は、おちゃらけなの?
  • 真剣に捜査をしているようには、見えない。
  • 警察のヒエラルキーの話に、
  • 関西のヤクザの話を絡めて、
  • アレンジしただけの話。
  • オチも、いまいち、弱い。
  • 青木が犯人、は、
  • 途中で、予想がついた。
  • だいたいの視聴者も、
  • 予想できたはず。
  • ふうこに、芦名星さんは、はまり役。
  • 芦名星さんって誰?
  • 芦名星 – Wikipedia

  • 芦名星(あしな せい、1983年11月22日 – )は、

  • 日本の女優、元女性ファッションモデル。

  • 本名、五十嵐 彩(いがらし あや)[1][2]。

  • 愛称は、星ちゃん。

  • 福島県郡山市出身[3]。

  • ホリプロ所属。

  • 日出女子学園高校卒業[4][5]。

  • スリーサイズはB83/W58/H80cm。

  • 靴のサイズは23.5cm。

  • 芦名星さんは、いかにも、
  • そっち系の娘っぽい。
  • これは、芦名星さんをディスってるわけではなく、
  • そっち系の美人、っていう意味。
  • ふうこの母に、加賀まりこさんは、
  • 配役ばっちり。
  • 加賀まりこさんって誰?
  • 加賀まりこ – Wikipedia

  • 加賀 まりこ(かが まりこ、1943年12月11日[1] – )は、
  • 日本の女優、司会者。
  • 本名は加賀 雅子(かが まさこ)[2]。
  • 有限会社活動屋所属。
  • デビュー以来、
  • 奔放な言動でマスコミを賑わせ、
  • 「小悪魔」[2]や
  • 「和製ブリジット・バルドー」などと呼ばれる[1][2]。
  • ウィキペディアに書いていないこと。
  • 豆知識。
  • 以前、テレビで、
  • 加賀 まりこさんがおっしゃっていたこと。
  • 虫歯があってもなくても、
  • 毎月、一度は、歯医者に行っている。
  • 歯は、健康のバロメーターだから。
  • 歯は、健康のみなもとだから。
  • 私も、見習っている。
  • 加賀まりこさんには、
  • ヤクザもんの風格がある。
  • いい意味で。
  • だから、今回の役は、
  • 加賀まりこさんには、適役。
  • 大阪弁もうまい。
  • 最後、例によって、
  • テレ朝得意の、
  • 映画につづく、
  • かと思ったら、
  • 青木が犯人で、すっきりした。
  • 青木が、特命係に島流し、
  • は、おもしろい、オチ。
  • 青木が、ふうこの母に殴られる、
  • というシーンを、
  • あえて流さず、
  • 視聴者の想像にお任せ、
  • も、おもしろい。
  • 青木をなぐったと思われる、
  • ふうこの母が、拳を骨折、
  • も、おもしろい。
  • 青木が、ふうこの母になぐられた、
  • と、思われる写真を、
  • 亘が、スマホで、見て、
  • それを、右京にも見せて、
  • 笑う、シーンは、
  • 視聴者も笑うシーン。
  • 写真なのか、メールだけなのかは、
  • 視聴者のご想像にお任せパターン。
  • きっと、視聴者は、
  • いろいろ想像を働かせることだろう。
  • 今回の脚本家は、グッジョブ。
  • 青木が犯人のオチは、
  • いまいち、弱かったけれど、
  • サイドストーリー的な、
  • 小ネタは、おもしろかった。
  • さて、来シーズンは、
  • 青木が、特命係で活躍するのか?
  • それとも、しれっと、
  • サイバーセキュリティに
  • 復活してはじまるのか?
  • 期待する?
  • では、また。

———————————————————————————————————————-

 

 

 

———————————————————————————————————————-

      • お試し無料動画のご案内

見逃したかた、

録画し忘れたかたは、

こちらをどうぞ。  .

 

誤字脱字は、あとで、

リライトする予定です。

 

関連記事

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

 

www.mikazuki1.com

 

 

 

www.mikazuki1.com

 

 

 

www.mikazuki1.com

 

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

 

 

www.mikazuki1.com

 

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

———————————————————————————————————–

 

 

海外ドラマ

www.mikazuki1.com

 

ドキュメント

ランキング

www.mikazuki1.com

 

日本のドラマ

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

———————————————————————————————————————-

人気記事

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

———————————————————————————————————————-

関連記事

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

 

1月17日のドラマ 火曜10時TBS 逃げ恥枠 初回放送

www.mikazuki1.com

 

相棒 11話

www.mikazuki1.com

 

 

海外ドラマ

www.mikazuki1.com

 

ドキュメント

ランキング

www.mikazuki1.com

 

日本のドラマ

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

———————————————————————————————————————-

 

 

 

———————————————————————————————————————

人気記事

www.mikazuki1.com

www.mikazuki1.com

 

 

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
mikazukiをフォローする
スポンサーリンク
三日月の夜

コメント