スポンサーリンク

99.9 刑事専門弁護士 6話 姉弟の絆を壊した過去 無料動画 感想 ネタバレ あらすじ 見逃し 視聴率 % キャスト2018年2月25日放送

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク

この記事は、2018年2月26日00:14 に更新しました。

———————————————————————————————————————-

f:id:mikazuki1:20180121222347j:plain

———————————————————————————————————————-

———————————————————————————————————————-

  • スポンサーリンク

    番組名

  • 日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」
  • ♯6「姉弟の絆を壊した過去」
  • 番組概要

  • 舞子の弟が殺人犯!?
  • 原因は姉…失われた絆。
  • 真相の鍵は2年前の事件にあった!!
  • 無実を訴える弟の声は届くのか!?
  • 番組詳細

  • 舞子(木村文乃)の元に、
  • 大酉寿司店主・新井英之(竜雷太)が
  • 弁護依頼にやってきた。
  • 不動産屋・平田(三又又三)の殺害容疑で
  • 警察から事情聴取を受けていたのだ。
  • 事件当日、
  • 新井が事件現場に出入りしていたことが
  • 容疑をかけられた理由だったが、
  • 新井は否認していた。
  • さっそく事件現場にやってきた
  • 深山(松本潤)と舞子は、
  • 煙草屋店主・飯田(ダンカン)から、
  • 事件当日、
  • 別に出入りした人物がいたことを聞く。
  • そんな中、
  • 深山たちが事務所に戻ると、
  • 平田殺害の容疑者逮捕のニュースを目にする。
  • テレビに映された尾崎雄太(佐藤勝利)は、
  • 舞子の弟だった。
  • そして、雄太が2年前に窃盗事件で
  • 有罪判決を受けていたことが判明する。
  • 舞子は雄太と接見して、
  • 弁護を請け負おうとするが、
  • 雄太に頑なに拒否される。
  • 舞子と雄太の間には、
  • あることがきっかけで大きな溝ができていたのだ・・・。
  • 雄太は深山に自分は今の事件も、
  • 2年前の事件もやっていないと否認する。
  • 一方、斑目所長(岸部一徳)は、
  • 雄太が本当に犯人であれば
  • 顧客からの信用に関わるため、
  • 舞子には辞めてもらう
  • と佐田(香川照之)に言い放つ・・・。
  • 殺人容疑と2年前に判決を受けた窃盗事件が
  • 深く入り乱れた難事件。
  • 果たして深山たちは事実を見つけ出し、
  • 雄太、そして舞子を救うことはできるのか!?
  • キャスト

  • 敬称略
  • 深山大翔・・・松本潤
  • 佐田篤弘・・・香川照之
  • 尾崎舞子・・・木村文乃
  • 明石達也・・・片桐仁
  • 藤野宏樹・・・マギー
  • 中塚美麗・・・馬場園梓
  • 落合陽平・・・馬場徹
  • 坂東健太・・・池田貴史
  • 加奈子・・・岸井ゆきの
  • 尾崎雄太・・・佐藤勝利
  • 斑目春彦・・・岸部一徳
  • 新井英之・・・竜雷太
  • 糸村信彦・・・横田栄司
  • 飯田誠一・・・ダンカン
  • 坂本卓・・・古舘佑太郎
  • 大西達也・・・金子大地
  • パクチー店主・・・IZAM
  • 柴田・・・渡辺早織
  • 脚本・・・宇田学
  • トリック監修・・・蒔田光治
  • 音楽・・・井筒昭雄
  • 主題歌・・・「Find The Answer」
  • 嵐      (ジェイ・ストーム)
  • プロデュース
  • 瀬戸口克陽
  • 東仲恵吾
  • 演出・・・木村ひさし
  • ◇番組HP http://www.tbs.co.jp/999tbs/
  • ◇twitter @999_2018tbs
  • https://twitter.com/999_2018tbs
  • ◇instagram https://www.instagram.com/999_tbs/ 
  • 番組の内容と放送時間は変更になる可能性があります。

———————————————————————————————————————-

 

 

 

 

———————————————————————————————————————

  • 電柱のかげから、
  • 寿司屋を見る、舞子。
  • 寿司屋で働いている弟を見守る。
  • 大酉寿司店主・新井英之が
  • 斑目法律事務所に、弁護依頼にやってきた。
  • 新井は、舞子を指名した。
  • 新井は、不動産屋・平田の殺害容疑で
  • 警察から事情聴取を受けていたのだ。
  • 事件当日、
  • 新井が事件現場に出入りしていたことが
  • 容疑をかけられた理由だったが、
  • 新井は否認していた。
  • さっそく事件現場にやってきた
  • 深山(松本潤)と舞子は、
  • 煙草屋店主・飯田(ダンカン)から、
  • センサーの話をきく。
  • そして、事件当日、
  • 別に出入りした人物がいたことを聞く。
  • 事務所。
  • 深山が、
  • こんな動画とるなんて、
  • どうがしてるな。
  • 5点。
  • 平田殺害の容疑者逮捕のニュースを目にする。
  • テレビに映された尾崎雄太(佐藤勝利)は、
  • 舞子の弟だった。
  • ここで、ドラマのナレーション。
  • 日本の刑事事件における有罪率は、99.9%。
  • 一旦、起訴されたら、ほぼ、有罪が確定してしまう。
  • このドラマは、
  • 残りの、0.1%に隠された事実にたどりつくために、
  • 難事件に挑む弁護士たちの物語である。

———————————————————————————————————————

  • 立川南警察署。
  • 深山と舞子と新井。
  • 新井の話。
  • 警察の検しでは、
  • 犯行時刻は、12時から13時。
  • 新井のかわりに、雄太が逮捕された。
  • 雄太と平田の関係。
  • 雄太は前科あり。
  • 平田に相談していた。
  • 前科があっても、借りられるアパートを、
  • 平田が、紹介していた。
  • 一方、斑目所長は、
  • 雄太が本当に犯人であれば
  • 顧客からの信用に関わるため、
  • 舞子には辞めてもらう
  • と佐田に言い放つ・・・。
  • 警察署。
  • 刑事と、舞子。
  • 刑事の推理。
  • 前科の件で、脅迫されていた。
  • 100万円を渡したが、
  • 納得せず。
  • カッとなって、さつがいした。
  • と、いうのが、刑事の見解。
  • 調べもしないで、と、深山が、つぶやく。
  • 弟の事件の冤罪を、
  • 深山と舞子は、はらせるのか?
  • 面会室。
  • 舞子をはずして、と、雄太。
  • 俺は犯人ではない、と、雄太。
  • 生い立ちをきく、
  • 岐阜県の飛騨。
  • 東京にきたのは、高校卒業後。
  • すし職人をめざした。
  • 面会室の外。
  • 舞子が、ひとりで、
  • いつもの、手あそび。
  • 面会室。
  • 雄太が、経緯を説明。
  • 事務所は、あらされていなかった。
  • 警察の見解をはなす、深山。
  • 100万円の話。
  • 2年前の事件もやってない。
  • 舞子が、示談。
  • 舞子にいらっとする、雄太。
  • 雄太が、なぜ、罪を認めたのか、
  • たずねる、深山。
  • 舞子の回想。
  • 雄太に示談を申し入れた、舞子。
  • 本当にあれでよかったのか、
  • 迷う、舞子。
  • 事務所。
  • 深山に説明を求める、佐田。

———————————————————————————————————————

  • 犯行時刻に現場に行ったのは、
  • 雄太だけ。
  • 腕時計を取り返しに行った。
  • 深山の疑問。
  • なぜ、雄太は、
  • 腕時計を取り返さなかったのか?
  • 佐田も疑問。
  • 警察、
  • 今更、調べても、無駄。
  • 事務所。
  • 中塚美麗が、事件の説明をする。
  • 2年前の事件。
  • 監視カメラ。
  • 23時10分。
  • 2355分
  • 翌朝、社員が、
  • 事務所が、あらされていたのに気づいて通報。
  • カメラには、雄太しかうつっていない。
  • 雄太を調べたら、鍵を発見。
  • コインロッカーをあけたら、
  • 現金を発見。
  • それで、警察が、雄太を逮捕。
  • 裁判で、検察側の証人、大西たつや、の話。
  • 雄太は、近々、大金を手に入れる、
  • と、話していた、との証言。
  • 結果、雄太は、
  • 執行猶予つきの有罪判決。
  • 舞子の見解。
  • 雄太が犯人という証拠がそろっていたから、
  • 認めたほうが、得と判断と。
  • 深山が、疑問。
  • 現金の場所を、
  • 社員である雄太は、知っていた。
  • なのに、なぜ、現場があらされていたのか?
  • 深山が、舞子をせめる。
  • 雄太が、否定しているのに、
  • 現場を検証もせずに、なぜ、示談にしたのか。
  • 舞子が、面会に行こうとする。
  • 任されたのは、おれ、
  • と、深山が、舞子に釘をさす。
  • 2年前の事件の目撃者、
  • 大西に会いに行く、舞子。

 

———————————————————————————————————————

ここから

ネタバレです。

(ご注意下さい)

  • 面会室。
  • 雄太に面会を拒否される、舞子。
  • 事務所。
  • 舞子の回想。
  • よかったね、と、舞子。
  • 二度と連絡してこないで、
  • と、雄太。
  • 回想終わり。
  • 事務所。
  • 人形で、気を紛らす、舞子。
  • 助けたい、と、思ったのに。。。
  • 事務所。
  • 深山と佐田と舞子。
  • 深山に、弟を助けて、
  • と、頭を下げる、舞子。
  • 言われなくてもやってる、
  • と、佐田。
  • 雄太の過去をすべて調べた、深山と佐田。
  • 雄太の過去に、坂本すぐる、
  • という、人物が、いた、と佐田。
  • 府中北刑務所に、行ってこい、
  • と、舞子にアドバイスする、佐田。
  • 府中北刑務所
  • 舞子と、坂本すぐる。
  • 坂本の回想。
  • 坂本すぐるは、質屋に強盗。
  • 悪の仲間に誘われて。
  • 雄太は、坂本を止めた。
  • だが、坂本は、
  • 悪の仲間の誘いに、のった。
  • 悪の仲間が、
  • 坂本を助けろと、雄太に命令。
  • 雄太の姉が、裁判官だと知っていたから。
  • 裁判官の地位を利用して、
  • 坂本を無罪にしろ、と。
  • しかし、雄太は、反抗。
  • そして、舞子が、判決。
  • 懲役3年。
  • 悪の仲間が、雄太の職場の寿司屋で、
  • 雄太に嫌がらせ。
  • 舞子の判決に対する、報復する。
  • 坂本の回想おわり。
  • 事務所。
  • 舞子と斑目。
  • 斑目が、舞子に語る。
  • 過去は変えられない。
  • でも、今からできることは、ある。
  • 弁護士として。
  • 本当の気持ちをぶつけあう、舞子と雄太。
  • 2つの事件をアリバイをくずせるのか?
  • 面会室。
  • 深山と佐田と雄太。
  • 佐田が、雄太に、
  • 本当のことを話して、と。
  • 何も話さない、雄太。
  • 佐田が、舞子と話して、と、退席。
  • 面会室。
  • 舞子と雄太。
  • 雄太は舞子を信じていた。
  • だけど、裏切られた、と、感じていた。
  • 舞子は、雄太のために、示談にした。
  • 刑を軽くするために。
  • 舞子は、雄太に、
  • 雄太の無実を絶対に証明する、
  • と、決意表明。
  • 事務所
  • 佐田の疑問。
  • その1
  • 大西以外に現金を見た人はいない。
  • その2
  • 平田が、どうして、
  • 100万円の時計を持っていたのか?
  • 雄太の前の職場。
  • 深山と舞子と佐田と社長。
  • 社長が、
  • 雄太のことはよく覚えていない、と。
  • 会社の外。
  • 深山が、秘書に、ヒアリング。
  • 通報したのは、秘書。
  • なんてひだ。
  • 事務所。
  • 深山の推理。
  • 犯人は、どうして、部屋をあらしたのか。
  • 本当の目的は、部屋をあらすこと。
  • 夜。
  • 事務所。
  • 残業する、深山と舞子。
  • 佐田は帰っている。
  • 佐田が、深山と舞子に、
  • 寿司の差し入れをする。
  • 深山のテンションがあがる。
  • 夜中だから?
  • よりいっそう、
  • 深山のテンションがあがる。
  • いただきマスカレード。
  • しょうのまよ。
  • 舞子が、深山のダジャレを採点。
  • 13点。
  • 雄太が、なぜ、すし職人になったか。
  • 舞子と雄太が、一緒にすしを食べたとき、
  • 雄太は、舞子の、
  • おいしそうな顔が、見れたから。
  • 深山が、佐田に電話。
  • おもしろいものを見つけた、と。
  • 深山が、見つけたのは、
  • FAXが受信した時刻を示す、FAX用紙。
  • DASA
  • 深山と舞子が、社長を問い詰める。
  • 深山が推理を展開。
  • 深山の推理は、次の通り。
  • 会社に税務調査が入る予定だった。
  • 粉飾決算の疑いで。
  • 税務調査を引き伸ばすために、
  • 書類を散乱させた。
  • 意図的に。
  • 窃盗事件は、自作自演。
  • 社長の。
  • 監視カメラの映像の時刻。
  • 23:10
  • 23:05
  • FAXが落ちたあと、
  • FAXを受信。
  • 舞子の調査では、
  • FAXの時間は正確。
  • 社長が、監視カメラにうつった時刻には、
  • すでに事務所は、あらされていた。
  • それが、できるのは、社長だけ。
  • 法廷で、坂本の悪の仲間が、
  • 雄太に罪をきせるのを、
  • 社長は利用した。
  • 平田をころしたのも、社長。
  • 警察も、
  • 社長が、持っていた時計が、
  • なぜ、平田に。
  • 社長は、平田を知らなかった、
  • と、いっていた。
  • 社長は脅されていた。
  • 平田は、立ち退きのプロ。
  • 強引なやりくち。
  • 新井には、動機がある。
  • 深山が、ひとりで、推理。
  • 犯行は、12時から13時
  • 雄太がいたとき
  • 事務所はあらされていない。
  • 犯行が可能な時刻は。。。
  • トランキーロ
  • 深山の推理
  • 新井が現場に行ったのは、
  • センサーのついているタバコや
  • ふたり以外だれも通れなかった。
  • センサーにひっかからずに、
  • 通りぬけるのは。。。
  • いだだききーまカレー
  • らくてん。
  • 事務所。
  • が、モンテカルロの置物をこわす。
  • 佐田が、あわてる。
  • 深山を疑う佐田。
  • この一連のやりとりで、
  • ハッとする、深山。
  • 現場。
  • 深山が、佐田に説明。
  • 実験。
  • 舞子が、タバコやの前を通る。
  • 開店する前に、
  • 新井が、ヒラタをさつがい。
  • 自分の部屋にかくれて、
  • 雄太を待つ。
  • 新井が、自分の部屋をあらす。
  • パクチー弁当。
  • あの日、
  • パクチーまみれの店員が、
  • 新井を目撃している可能性。
  • パクチーまみれの店員の探す、
  • 深山と佐田。
  • 舞子が、ネットで検索。
  • 藤野宏樹が、
  • パクチーすみれの店を見つける。
  • 新井の見間違いの可能性が、ある。
  • 場所は、日野市。
  • 店員に、新井の写真を見せる。
  • 店員は、覚えていない。
  • あの日、大変だったと、店員。
  • パクチー。
  • 2重と20が、かかって、
  • 怪盗二十面相。
  • と、佐田が笑う。
  • 本能寺の変。
  • パクチーが、かかっていない。
  • と、佐田が、ツッコミを入れる。
  • 事務所。
  • 深山と、舞子と、佐田。
  • 新井に質問する、深山。
  • 弁当屋を見た時間。
  • 新井が、13:28
  • と、こたえる。
  • 新井が、パクチーまみれ、と。
  • 緑色
  • これで、平田をさつがいしたのは、
  • 新井と、断定する、深山。
  • 新井の言う、赤い髪の店員。
  • 確かに、団地の横で、営業していた。
  • ただし、新井の発言と違う点がある。
  • 店員が、路上で、営業していたら、
  • 警察がきて、11時に撤収させられた、
  • と、パクチーすみれの店員が証言。
  • よって、新井が、
  • 13:28に弁当屋を見るのは不可能。
  • 新井は、犯行を、雄太だと、みせかけた。
  • 新井が、雄太を雇ったのは、
  • 新井の犯行の罪をきせるため。
  • 新井が、これ以上否定するのなら、
  • 警察に証拠を提出する、と、舞子。
  • 新井がとうとう、自白。
  • 平田がいけないんだ。
  • 20年も店をやってきて、
  • 突然、法外な賃料請求。
  • なぜ、斑目法律事務所に依頼した?
  • と、佐田が新井にたずねる。
  • 新井は、衝撃的な理由を話す。
  • 弟を一番信じていないのは、
  • あんただから、と、舞子をさす。
  • 深山と佐田と舞子と、斑目。
  • 斑目が、舞子に、
  • 雄太の無実が証明できてよかった、
  • と、ろうをねぎらう。
  • 舞子が、雄太の無実を立証したのが、
  • 弟さんのこれからの人生の支え、
  • と、斑目が、いいこと言う。
  • 舞子が、斑目に告白する。
  • 舞子が、裁判官をやめたのは、
  • 弟の件があったから。
  • 弁護士になってよかった、舞子。
  • これからもよろしく、と、斑目。
  • こちらこそ、と、舞子。
  • 舞子を首にしなくてよかった、
  • と、斑目。
  • 何いってんの、
  • 首にしようとしたのは、斑目じゃん、
  • と、佐田が、ツッコミを入れる。
  • そして、佐田が、雄太に、
  • 新しい職場である、すし屋を紹介する。
  • 舞子が、雄太に、よかったね、と、
  • 雄太に、
  • 魚とお米に感謝を忘れずに、と、深山。
  • 深山と舞子と雄太。
  • 舞子が、雄太に謝る。
  • 裁判官は、謝らないんじゃ、
  • と、深山が、ツッコミを入れる。
  • わたしは、弁護士、
  • と、舞子がきりかえす。
  • 雄太が、舞子にお礼。
  • 雄太を抱きしめる、舞子。
  • やめろよ、と、雄太。
  • 舞子が、雄太をすしに誘う。
  • 雄太が、拒否。
  • 雄太が、一人前の寿司職人になったら、
  • 舞子に食べさせる、と。
  • 舞子は、待ってる、と、
  • 次回、
  • 容疑者、佐田。

———————————————————————————————————————-

 

感想

  • タイトルの、
  • 姉弟の絆を壊した過去
  • とは、姉、舞子が、弟、雄太のために、
  • 罪を認めたこと。
  • 舞子が、雄太に罪を認めさせたのは、
  • 雄太の罪を軽くするためだった。
  • 雄太が有罪となる、証拠が、
  • そろいすぎていたから。
  • だが、雄太は、やっていない。
  • やってもいない罪を認めた屈辱。
  • やってもいない罪を認めさせた、
  • 姉、舞子に対する、怒り。
  • これが、姉弟の絆を壊した過去。
  • もし、私が、舞子の立場だったら、
  • やっぱり、罪を認めさせたと思う。
  • 証拠が、そろっていたのなら、
  • やっていなくても、罪を認めて、
  • 罪を軽くする方向で考えるのは、
  • 法曹界では、常識のはず。
  • もし、私が、雄太の立場だったら、
  • 舞子の言う通りにして、
  • 罪を軽くする方向で考える。
  • やり場のない、いかりに、かられるが。
  • 結局、雄太は、罪を着せられた。
  • 姉、舞子が、
  • 坂本すぐるの有罪判決を出したから。
  • 坂本すぐるの、悪の仲間に。
  • これは、雄太にとって、
  • 災難、とばっちり、としか、
  • 言いようがない。
  • 雄太の前の職場の犯行現場で、
  • 現場をあらしていたのが、
  • 社長だった。
  • 現場をあらしていたのが、
  • お金を奪う手段として、仕方なく、
  • と、思いきや、
  • 実は、目的だったとは。
  • 税務調査を引き伸ばすため。
  • これは、ドラマ相棒や、
  • 科捜研の女や、
  • 名探偵コナンで、
  • 同じ、ような、話があったと思う。
  • 結局、平田をさつがいしたのは、新井だった。
  • 動機は、賃料のトラブル。
  • 20年も商売をやってきたのに、
  • 急に一方的に賃料をあげた平田に
  • イラッとして、新井が犯行。
  • 現実的には、賃料は、当事者の合意が必要。
  • 特に、日本は、民法で、
  • 借り主が、有利になっている。
  • だから、
  • 今回のようなトラブルがおきる可能性は、
  • 低いのでは?リアルには。
  • 雄太を利用したのに、
  • 舞子がいる斑目法律事務所に
  • 弁護の依頼をした新井の理由が、
  • 結構、衝撃的。
  • 舞子が、一番、弟の雄太を信じていないから。
  • 舞子自身は、そうではないが、
  • 雄太目線では、舞子不信なので、
  • 雄太から一連の話をきいた新井が、
  • そう思うのは、当然。
  • 舞子は、ショックだろう。とても。
  • 今回のゲストは、竜雷太さん。
  • 竜雷太さんと、このドラマの小ネタが、
  • 組み合わさると、
  • トリック、
  • じゃなかった、
  • スペック、
  • SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜
  • を思い出す。
  • SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜 – Wikipedia

  • 『SPEC〜警視庁公安部公安第五課
  • 未詳事件特別対策係事件簿〜』
  • (スペック〜けいしちょうこうあんぶ
  • こうあんだいごか
  • みしょうじけん
  • とくべつたいさくがかり
  • じけんぼ〜)は、
  • 2010年10月8日から同年12月17日まで
  • TBS系列で毎週金曜日の22:00 – 22:54 (JST) に
  • 『金曜ドラマ』枠で放送された
  • 戸田恵梨香・加瀬亮のダブル主演の
  • 日本のテレビドラマであり、
  • これから派生した一連の映像作品のシリーズ。
  • そういえば、このドラマの小ネタ、
  • 堤幸彦さんへのオマージュっぽい。
  • 堤幸彦 – Wikipedia

  • 堤 幸彦(つつみ ゆきひこ、1955年11月3日 – )は、
  • 日本の演出家、映画監督。
  • オフィスクレッシェンドの取締役。
  • 三重県四日市市生まれ[1]、
  • 愛知県名古屋市千種区出身[2]。
  • 活動初期は、堤ユキヒコ名義を使用した。
  • 小ネタ的には、
  • トリックとも似ている。
  • トリック (テレビドラマ) – Wikipedia

  • 『トリック』(英語表記:TRICK[1])は、
  • テレビ朝日系列放送の日本のフィクションテレビドラマシリーズ。
  • または同ドラマシリーズの映画化作品。
  • シリーズ第1作は2000年7月7日から放送され、
  • 2014年公開の映画『トリック劇場版 ラストステージ』と
  • スペシャルドラマ『TRICK 新作スペシャル3』で完結した。
  • 明石が、タバコ屋のセンサーの反応を、
  • かいくぐろうとする、一連の行動は、
  • まさに、ミッション・インポッシブル。
  • トム・クルーズが、センサーを、
  • かいくぐろうとするシーンと空目そらめ、する。
  • ミッション:インポッシブル – Wikipedia

  • 『ミッション:インポッシブル』

  • (Mission:Impossible)は、

  • 1996年のアメリカ映画。

  • アメリカのテレビドラマ『スパイ大作戦』の

  • 映画化作品であるが、

  • 映画の邦題は原題のままにされている。

  •  主演のトム・クルーズは

  • この作品で初めて映画プロデューサーに挑戦し、

  • 自ら監督を選んでいる。

  • クルーズ/ワグナー・プロダクションズ

  • (1992年設立)の第1回作品。

  • 今までも、感想で書いたこと。
  • 今回も、また、書く。
  • 今回も、このドラマの脚本家は、真実と事実を間違えている。
  • 真実 – Wikipedia

  • 真実(しんじつ、希: ἀλήθεια、羅: veritas、英: truth)

  • 嘘やいつわりでない、本当のこと。

  • まこと。

  • 真実は事実と同様で、

  • 皆が一致する一つの場合もあり、

  • 人それぞれに複数存在する場合もあるが、

  • 一般的には、

  • 他者との関係性を前提に社会で合意して共有できる皆が一致する、

  • より公的で社会性を有する事柄を真実と言う。

  • 人間は社会を構成する前提がある社会的動物なのであり、

  • 真実は真実でもある事実の提示や自明な範囲で皆で一致し、

  • 共有されるべき事が求められる対象であるが、

  • 私的かつ個人的な範囲では他者と一致していなくても、

  • その人物の主観という範囲での合意として真実と言えるが、

  • 人間が社会的動物として生きると言う前提がある以上、

  • その趣での真実は他者との社会的な関係性の中で

  • 個人的な主観が許されない場合は真実ではなく、

  • 相手から見れば嘘ともなりえる危険性を孕んでいる。

  • (仏教用語)仮(かり)ではないこと。

  • 究極のもの。

  • 絶対の真理。

  • 真如(しんにょ)。

  • 事実 – Wikipedia

  • 事実(じじつ、ラテン語 factum、フランス語 fait、英 fact)とは、

  •  

    ことの真実。

  • 真実のことがら。

  • 本当にあったことがら。

  • (哲学用語)もともと神によってなされたことを意味し、

  • 時間と空間の中に見出される実在的なできごとや存在のこと。

  • もともとは、神がしたこと、という意味である。

  • まずラテン語のfacere(あるいはfacio)

  • 「する」「行う」という意味の動詞 があり、

  • その過去分詞形factumが「(神によって)行われた」

  • と形容詞的に用いられ、

  • それが名詞化し「(神によって)行われたこと」を

  • 意味するようになったものである。

  • フランス語のfaitも同様で、

  • faire(する、行う)という動詞があり、

  • その過去分詞形のfaitが名詞化したものである。

  • 英語のfactも15世紀にラテン語のfactumを語源として使われるようになったものである。

  •  

    実在的なもの、とされるのであるから、

  • 幻想・虚構・可能性などと対立する。

  • ウィキペディアでは、真実と、事実の定義は、以上の通り。
  • でも、私の知る限りでは、微妙に違う。
  • 事実は、ひとつですよ、と、
  • 容疑者にささやいている、深山のセリフ。
  • だから、それを言うなら、
  • 真実は、ひとつですよ、だよ。
  • 事実は、当事者の人数だけ、たくさん、存在する。
  • 一度、マンガで、名探偵コナンを、読め、脚本家。
  • 一度、テレビアニメの、名探偵コナンを、見ろ、脚本家。
  • 今回は、警察と、検察が、ひったくりの、強盗致死事件を隠蔽。
  • 強制わいせつ事件で、99%、勝ちにいった。
  • 容疑者も、それにのって、自白した。
  • なぜなら、強盗致死罪より、強制わいせつ罪のほうが、
  • 罪が軽い、と、判断したから。
  • 検察も、そう、説得したのだろう。
  • 警察と、検察、そこに、容疑者も、あいのり、したら、
  • 事件の真相、事実ではなく、真実は、カンタンに、ゆがめられる。
  • このドラマ、さつじん事件を扱っているドラマなのに、シリアスなドラマのはずなのい、ちょいちょい、ネタを入れてくる。クドカンみたいな。
  • このドラマの脚本家、真実と事実を勘違いしている。深山のセリフは事実、事実、と、言っているが、それは、真実のことではないのか?
  • 名探偵コナンのセリフ。真実はひとつ。これが、正解。青山先生はあっている。
  • 真実はひとつ。だが、事実は、人によって異なる。
  • だから、たったひとつの真実(これも名探偵コナンのセリフ)に対して、事実は、関係者の数だけある。
  • たとえば、大勢の関係者が絡んでくる、アガサ・クリスティ作の有名な作品、オリエンタル急行さつじん事件は、事実が、複数、ある。関係当事者の数だけ事実がある。

  • 木村文乃さんは美人。結婚してしまったのは、日本中の男性陣が、残念、と、思っているはず。
  • 木村文乃 – Wikipedia

  • 木村文乃さん、といえば、SUNTORY の BOSS。
  • 木村文乃さん、といえば、天然水。
  • 木村文乃さん、といえば、ちふれ化粧品。
  • 木村文乃さん、といえば、ブルボン フェットチーネグミ。
  • 木村文乃さん、といえば、NTT docomo。
  • 木村文乃さん、といえば、サンヨー食品 サッポロ一番。
  • 木村文乃さん、といえば、象印マホービン 。
  • 木村文乃さん、といえば、大正製薬 リポビタンファイン。
  • 木村文乃さん、といえば、花王リーゼ。
  • 木村文乃さん、といえば、エッセンシャル。
  • 木村文乃さん、といえば、ニベア花王。
  • 木村文乃さん、といえば、ディープモイスチャー。
  • 木村文乃さん、といえば、ニベアサン。
  • 木村文乃さん、といえば、AEON ライトダウン。
  • 木村文乃さん、といえば、JR東日本 「行くぜ、東北。」こりゃ、たまらんらん。
  • 木村文乃さん、といえば、オリエンタルランド 東京ディズニーリゾート。
  • 木村文乃さん、といえば、麒麟麦酒 氷結。
  • 木村文乃さん、といえば、リクルート タウンワーク。
  • 木村文乃さん、といえば、森永乳業 MOW。
  • 木村文乃さん、といえば、日清シスコ ごろっとグラノーラ。
  • 木村文乃さん、といえば、ダイハツ工業 キャスト スタイル。
  • 木村文乃さん、といえば、大東建託 DK SELECT。
  • 木村文乃さん、といえば、Supercell「クラッシュ・オブ・クラン」。
  • 木村文乃さん、といえば、サントリー食品「オランジーナ」。

———————————————————————————————————————-

 

———————————————————————————————————————-

      • お試し無料動画のご案内

見逃したかた、

録画し忘れたかたは、

こちらをどうぞ。  .

 

誤字脱字は、あとで、

リライトする予定です。

 

関連記事

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

 

www.mikazuki1.com

 

 

 

www.mikazuki1.com

 

 

 

www.mikazuki1.com

 

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

 

 

www.mikazuki1.com

 

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

———————————————————————————————————–

 

 

海外ドラマ

www.mikazuki1.com

 

ドキュメント

ランキング

www.mikazuki1.com

 

日本のドラマ

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

———————————————————————————————————————-

人気記事

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

———————————————————————————————————————-

関連記事

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

 

1月17日のドラマ 火曜10時TBS 逃げ恥枠 初回放送

www.mikazuki1.com

 

相棒 11話

www.mikazuki1.com

 

 

海外ドラマ

www.mikazuki1.com

 

ドキュメント

ランキング

www.mikazuki1.com

 

日本のドラマ

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

 

www.mikazuki1.com

———————————————————————————————————————-

 

 

 

———————————————————————————————————————

人気記事

www.mikazuki1.com

www.mikazuki1.com

 

 

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
mikazukiをフォローする
スポンサーリンク
三日月の夜

コメント