スポンサーリンク

2017年12月06日 Google先生のプログラミングに感動した件(子供のコーディング 50周年記念、というタイトル)

スポンサーリンク
テレビのあらすじと感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

つい、先程、

いつものように 、
Google先生の検索画面を出したら、
ちょっとかわったアニメが出ていた。
なにげなく、クリックしたら、
アニメーションがはじまった。
なに、これ、新しいゲーム?
と思って、ためしに、参加してみた。
そして、やっているうちに、
わかった。
これは、
プログラミングの基本なんだ、と。
入り口としては、すごくいい。
感動した。(某元K首相風に。)
いっけん、
子供向けに作られている、ように見える。
しかし、大人でも十分楽しめる。
楽しみながら、プログラミングの基本が
わかるようになっている。
 
スポンサーリンク
 

似たようなことは、

厚切りジェーソンさんが、
Eテレで、やっていた。
Why!?プログラミング [技術 小5~6・中]|NHK for School
Eテレの番組も、とてもよい。
子供向けで、わかりやすい。
しかし、さらに、こちらの方が、
パソコンや、スマホを使って、
実際に手を動かすので、
より、リアルにわかりやすい。
人間は、目で見るだけでなく、
実際に、手を動かしたり、
五感をフルに使った方が、
学習しやすい。
ためしに、私も、
実際に、参加して、
途中から、途中迄、
動画をキャプチャしてみたので、
YouTubeに、のせてみる。
 
 
 
Google先生の件だから、
著作権の問題は、特にないはず。
 
スポンサーリンク
 

ググってみたら、

このGoogle先生の検索画面って、
トップロゴ、っていうらしい。
一方、この、
プログラミング言語について、
ググってみたら、
この、プログラミング言語自体の名前が、
LOGO(ロゴ)。
 
あっ、そうか、トップロゴと、
LOGO(ロゴ)を、かけているんだね。
なんだか、笑点みたい。
ざぶとん、3枚。
ざぶとん、10枚で、自費でハワイ旅行。
 
スポンサーリンク
 

50周年、ということは、1967年。

私が生まれる前のことだ。
人類が、月面着陸する前。
20世紀少年のケンヂくんたちが、
子供の頃のことだ。
プログラミングが好きな、
ホリエモンこと堀江貴文さん、
2chのひろゆきさん、
ドワンゴの川上さん、
アメーバの藤田さん、たちが、
生まれる前のことだ。
 
インターネットも、
まだない頃の話。
慶應義塾大学の
村井純先生が、
インターネットの
リテラシー教育をする、
はるか前のことだ。
楽天もAmazonもYahoo!も
生まれていない。
 
まだ、パソコンもガラケーも
スマホもない時代。
パソコンの前身、
DOS/V機もマイコンもまだない。
あのIBMと数社が、
メインフレームとよばれる、
でかいコンピュータを
作っていた時代だ。
コンピュータの歴史に、
ロマンを感じるのは、
私だけではないはず。
 
あぁ、そんな頃に、
子供たちのために、
プログラミング言語を作るなんて、
なんて素晴らしい。
開発者たちは、天才だ。
ノーベル賞をもらってもいいと思う。
 
スポンサーリンク
 

私もこれから、

プログラミングの勉強をしよう。
まずは、ブログ運営のために、
HTMLとCSSとJavaScriptだ。
 
 
 

 

U-NEXT

 

では、また。

コメント