スポンサーリンク

2017年11月10日放送回 金曜ドラマ「コウノドリ」 第5話【二人の母の友情と涙-】 あらすじとネタバレと感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

番組概要

“サクラ(綾野剛)の元に訪れた

妊娠27週の妊婦、西山瑞希(篠原 ゆき子)。

診断の結果、切迫早産の可能性があり

急遽入院することに。

同じ病室で同じく切迫早産で

入院している妊婦、七村ひかると

すぐに意気投合し2人の母は仲良くなるが、

そんな中、瑞希の赤ちゃんに

予測できなかった事態が…。

下屋(松岡茉優)が緊急帝王切開した

超低出生体重児の翔太くん。

早期手術の必要があるが、両親は手術をしないと告げる。”

 

 あらすじとネタバレ

(敬称略、役名で統一しています。)

起承転結と、だいたいの目安で、

シーン毎の箇条書きにしてあります。 

 

1.サクラの診断の結果、元に訪れた妊娠27週の妊婦、

西山は、切迫早産の可能性があり急遽入院することに。

2.同じ病室で同じく切迫早産で入院している妊婦、

七村ひかるとすぐに意気投合し2人の母は仲良くなった。

3.西山の赤ちゃんに予測できなかった事態が起きる。

それは、心臓のエコー検査で、

脈をうっていない、と判明したこと。

4.一方、下屋が緊急帝王切開した

   超低出生体重児の翔太。

   早期手術の必要があるが、

  両親である大松夫婦は、

  手術をしないと告げる。

 

1.西山の赤ちゃんは、お腹の中でなくなっていた。

 サクラは西山に、なくなったお腹の赤ちゃんを

 早く取り出すべき、と話す。

 お腹の赤ちゃんの影響で、

 西山の出血が止まらなくなるなり、

 危険な状態になる可能性があると。

2.西山は「もう、点滴は必要ないんだ」と泣く。

3.西山はなぜ、赤ちゃんがなくなってのか、

 サクラにきく。

   サクラは、わからない、と話す。

 サクラは、西山の赤ちゃんを想う気持ちに

 応えられないことに、すみません、と謝る。

4.西山が、なくなった赤ちゃん、あかり、を

 体から取り出される。

 

1.サクラは、病院の屋上で、四宮に、

 やっぱり、あかちゃんがなくなった原因は、

 わからない、と話す。

2.小松は、なくなった赤ちゃん、あかりは、

 西山の戸籍に残らないと話す。

 手形や足型、何でも赤ちゃんのものを

 とっておいた方がいい、思い出にできるから。

 協力するから、と話す。

3.小松は、赤ちゃんの体を洗って、きれいにする。

 下屋は白川に、患者に寄り添うとは、どういうことか、聞く。

4.下屋は、大松夫婦に手紙を書いている。

そこに四宮があらわれ、

サクラが西山に頭を下げたのは、

患者の怒りの圧を下げるためだと

と四宮は下屋に話す。(いわゆるガス抜き)

四宮は、絶対に、頭は下げない、と。

下屋が、私が大松夫婦に手紙を書くのを

止めないんですか、と四宮に言う。

もう下屋は研修医ではないから、俺は止めない、

と言う、四宮。

5.西山が七村に、

 元気な赤ちゃんを産んで、と応援する。

 

 

ここから、ネタバレです。(ご注意下さい。)

 

1.小松が、西村夫婦が作った?ケーキを運んでくる。

2.正面玄関から、病院の医師達が、みんなで、

   なくなった赤ちゃんをお見送り。

 なくっても、正面玄関から、見送るんですね、

 と言う、白川。

3.西山夫婦が自宅のお店で、

   なくなった赤ちゃんを抱きしめて、しんみり。

4.下屋が大松の奥さんに、手紙を書いたこと、

 手術の説明をきちんとしなかったことを

 謝る。大松の奥さんは、そんなこと、

 気にしていない。下屋には感謝してる。

 下屋も気にしないで、と励ます。

5.七村は無事出産。

 西山からお祝いのメッセージとケーキが

 七村に届く。七村は嬉しがる。

6.サクラは下屋に、下屋は成長した、という。

 翔太は手術を受けることに。

 

感想

1.楽しみにしていた赤ちゃんがなくなるのは、つらい。

 きっと、男性の私にはわからないくらい、

 当事者である、自分のお腹をいためた女性達には、

 つらいことでしょう。

2.赤ちゃんがなくなっても、

 正面玄関から、お見送りは、よいこと。

 きっと、西山夫婦にとって、いい思い出になったはず。

3.今回は、吉田羊さん演じる小松が、

 いろいろと頑張った回。

4.四宮はクールだ。

5.下屋、頑張れ。来週も忙しそうだぞ。

 

 

 

誤字脱字は、あとで、リライトする予定です。

 

では、また。

コメント